ワイエモン

ワイエモンとは30代前半の58流ブロガーである。趣味はアラビア語のスウェーデン語翻訳。好きな食べ物はラーメン。嫌いな食べ物はシェフの気まぐれサラダ。 えっーと、今から書く事は約1年前にホリエモンこと堀江貴文さんの講演会に行ったときの内容です。ちょっと、他のブログでその時の事を書いたのですが、色々と思うことだったり、もうおおっぴらに色々書いても良いだろうと思い、こちらに移植したという感じです。きっと心が広く、スーパー賢く、その優しさで人々を魅了してやまないあの御方なら、きっと許してくれるでしょうし、もし、やばかったらスグごめんなさいをします。 ということで、この記事読んだことがあるよっ!て方は、復習という意味でも、もう1回読んで貰えたらこれ幸いです。それでは再放送の開始です。 さて、何故こんなタイトルにしたかと言えば、○○エモンと言って皆さん思いつくのが堀江貴文さんこと、ホリエモンだと思います。実は、堀江貴文さんの講演会なるものに去日行ってきたわけです。 その講演会で話されたことですが、ザクッと言えば「これからの生き方の話しをしよう」というのが主題で、それを軸に色々堀江貴文さんの考えを自身が話、下々の者の代表格であるようなワイが聞いたわけです。 そこではまずは、キャッシュレス化の話から始まりました。LINE Payに代表されるようなコード決済の話から始まり、ともかく便利でこれが早く普及して欲しいとの事。 それに対してワイもそ~思いますし、特に運送仕事で現金…

続きを読む

amazonなどの荷物の置き配は盗難に合うのか?

アマゾンからスポンサー料を頂き、アマゾンの宣伝をし、一儲けも二儲けもする34歳の48流ブロガーのワイ。という夢を2歳の時にみたワイ。 1個前の大庭くんの話にはまだ続きがあります。1つ前はアマゾンと運ぶ側の事をメインに大庭くんに話した事を書き記しました。これは運ぶ側とかその業界に片足でも突っ込んでいれば、知っている事を話したわけです。しかし、荷物は運ぶ側だけの問題を伝え、状況を説明しただけでオールOKという訳には行きません。受け取る側の問題もまたしかりみたいな事もあり、今日はそこらへんの事を書こうと思います。 大庭くんにはアマゾンと運送会社の関係を話し、(基本的に運送会社的にはアマゾンを良い感じではないという事)、多分アマゾンに関しては今後も運んでくる業者なり運送会社はころころ変わるだろうなみたいな事も話しました。 結局、受人はそこの荷主(この場合はアマゾン)の運送会社の選択を今現在出来ないのだから、どこの誰が物を運んでこようが、自分が受け取れる体制を作った方が良い。みたいな事も伝えました。当然、大庭君はそれって具体的には何よ?とか聞いて来たので、ともかく初期費用を抑えて、スグに問題を解決するという考えの中で、ワイ、イチオシの置き配の話をしたわけです。 彼は置き配というのを全く知りませんでした。正直、ワイとしてはビックリです。というのも、話を聞くに、週に1回はアマゾンで物を買うような奴=(このレベルであれば、ワイの中ではアマゾン男という認識が生まれる)が置き配を知らないなんて…

続きを読む

amazon届かない問題とアマゾン配送業者問題

タイトルの始まりのamazonは英語、後半のアマゾンはカタカナ。ただ単に、ローマ字日本語を切り替えるのが面倒くさかったワイ。 今はアフター5を満喫しているワイです。って、まぁ~色々やること?ではないけど、夕方せっせこ働いている時は人の飲みの誘いとか(数少ない)友人との交流を断っていたので、ここぞとばかりにそういうのを処理しておこうと思って、ここの所はちょこちょこそういう交流をしています。 男同士で話すことと言えば、今呑んでいる店に居るあそこのねーちゃん可愛いとか結婚生活どーよ?とかしょーもない話とか大概仕事の話だったりするわけです。そんな話の中で「あ~ソレって本当だったのね」みたいな事を聞いてあーだこーだ押し問答していたら、聞いてる側はそこそこの反応をしていたので、それを書いてみようと思います。 このブログでも頻繁に出てくるアマゾンというECサイトがあります。今更説明不要ですが、すっごいサイトです。多分、土星人もアマゾンで物を買ってんちゃうの?ってくらいのサイトです。 ここでモノを買うのは自分でコントロール出来ることですが、自分でコントロール出来ない事があります。それが配送業者の指定です。アマゾンの配送の初期は青い宅配会社一択だったのですが、青い宅配会社が辞めちゃって、その後、赤い宅配会社と緑の宅配会社が運んだりしていました。 そして、最近はアマゾンの専門の業者(デリバリープロバイダ)だったり、アマゾンフレックスなんていう感じでアマゾン自社で配送を揃え始めているって感…

続きを読む

軽貨物求人の業務委託でチェックしていること

嫁にかまってもらえず、寂しさのあまり、フリーペーパーの求人誌と共に一夜を過ごす安上がりなワイ。 夕方ほぼニートみたいに過ごしているワイです。今日は曲がりなりにもそこそこやってきた今のワイが軽貨物求人でチェックしていることみたいのを書いてみようと思います。 ワイの生息地域は、地域柄というか、東京都心部や埼玉や大阪とかの大都会に比べて求人は少ないです。特に人気と言われるような企業専属便のルート配送の案件だったりはあまり見かけないです。で、次にあるのがカンガルーとか元ペリカン便系の商業貨物系ですが、これは企業専属便よりは見かける頻度は高いです。結局、これらの軽貨物の仕事の種類は定着率が高いが故に、そんなに求人が出ないのでしょう。 ただ、とは言ってもなんだかんだで流動性が高い職種ですから、空きが出ることもあるし、季節とか時期によってはいきなり出たりするので、もう逐一求人を観るしかないし、ワイはそんな事をしています。 で、これらの求人や案件公開で観るのが、もうたった1つで1日あたりの売上です。ワイの地域では12000円が最低ラインっぽく、良いところで14000円って感じです。ただ、上記の都心部とかの金額を観ることもあるのですが、ここらへんは15000円とかあったりで、それはそれでええなぁ~なんて思います。(無論、地方と都心部の物価の問題もあるのですが) 本音部分では、ワイとしては、金額・売上では飽き足らず、現場はどこなのか?日に何件回るのか?荷物の種類や荷姿はどうなのか?走行距…

続きを読む