インフルエンザと暴飲暴食

ワイの所属会社では、インフルエンザが大流行しており、欠勤者続出でてんやわんやしております。って、それは今同じ現場のドライバーから聞いたので、実態は分かりませんが、まぁーそんな具合だと言うことです。 今年も例によって例の如く、インフルエンザが全国的に猛威を奮っているみたいで、本当誰もが頭を悩ます流行病です。 今年は2種類のインフルエンザが流行っているみたいで、通常の高熱と関節痛などの体調不良系のインフルエンザが1つと熱は微熱?平熱?だけど、嘔吐下痢が止まらない系のインフルエンザがあるそうです。 で、そんな今年のインフルエンザの事情を把握していたワイですが、本日の仕事中に急に謎の腹痛に見舞われました。日曜の夜は食事が出る仕事で、それを食した直後に腹痛が... 大体、お花摘み1回いけば、腹痛が治まるのですが、今回はお花摘みに5回も行くハメに... となれば、今年のインフルエンザの症状を把握していたワイは嫌な事が頭をよぎるわけです。「これはもしや腹痛型のインフルエンザか?」と。 そんな事を考え始めたら、もう不安でしょーがないのですが、幸い最後のお花摘みが終わったら、腹痛も治まり、その後は何とかお腹の違和感程度で治まっています。この後もお花摘みに出向くかもしれませんが、とにかく、インフルエンザではないとは思っています。 と言うのも、お腹の調子が悪くなる要因を把握しており、それが直近の暴飲暴食です。 昨日は昼にラーメン、夜に焼肉で、今日の昼もラーメンという中々に体の消化器官がパンクしそうな食事…

続きを読む

民族大移動

昼の仕事でちょこちょこ行く納品先があります。そこはとある重工業の会社で、名前には有名企業の名前が入っています。今までは、そこまで物を収めることもなかったのですが、今年の年末年始を境に頻繁に訪問するようになりました。頻繁に訪問するようになったのは、それだけワイの今の現場が収めている物が必要になったからです。で、その納めているものは、ちょこちょこ書いていますが、人が身につける作業着とか靴です。ということは、それだけ人がそこに来たという意味です。 今までは、そこまでそこの重工業の会社に行くことも無かったのに、ここに来て頻繁に訪問する事をワイは不思議に思い、納品先の担当者にそれとなく頻繁に訪問する理由を聞いてみました。すると、どうやら他社からの出向?応援?が来ているらしく、それで服とか靴が必要になったとのこと。 では、どこから出向・応援が来ているか?と言えば、某大手自動車メーカーの工場の人達です。話を聞けば、どうやら自動車メーカーの工場側で余剰人員が出てきており、人員を遊ばせるわけにもいかないので、会社同士のお付き合いから、人を受けてれているようです。では、なぜ某大手自動車メーカーの人達の仕事がないのか?と言えば、電気自動車の躍進によって、ガソリンで走る車を作っている工場の人員が余っていると言った具合らしいです。 ではでは、何故重工業側の会社が人員を受けれているか?と言えば、東京オリンピックに関連する需要から労働力が欲しいらしく、受けれているとのこと。まさに世間の波とか情勢によって、民族…

続きを読む

宅配の人々が走っているのは宅配の1分はエゲツない1分だと理解しているからかもしれない

宅配をしていると時間の面白さ?不思議さ?エゲツなさ?を肌で感じます。どういう意味なのか?というのを今日は書いてみようと思います。 例えば、時間指定の荷物があって、その時間指定よりも10分前に訪問するとします。そこで居れば、「ちょっと向かいに荷物があったんで、持ってきました」とかなんとか言って、渡して配完になるのですが、不在の場合は、「ちゃんと時間指定内に来ましたが、居なかったので、来た証明として不在票を投函しました」をしなければなりません。となれば、10分後にもう一度その場所に行かなければなりません。当然、その10分の間に近くに配達に行くわけで、時間指定内の時間になったら再訪問します。(一応、その10分前に行った時に、不在票を投函してうまい事立ち回る事も出来ますが、不在票の訪問時間に嘘書いてクレームになったらめんどくさいのですることはないです) で、ワイは再訪問時「10分前に居なかったんだから、10分後の今に行っても不在だろう。ピンポン鳴らして、不在票を書かなければならないなぁ」なんて気持ちで行くわけです。で、ピンポン鳴らして不在票を書き始めたら、応答があり、在宅してたりします。つまり、たった10分で状況が変わっており、家に帰ってたりするわけです。 もっとエゲツない事もあって、ピンポン鳴らしてソッコーでドアが開いたと思ったら、「ちょうど今帰ってきたんですよ」とかあります。逆に、荷物を持ってピンポン鳴らそうとしたら、ドアが勝手に開き、事情を聞いたら「今から外出するところだったんです…

続きを読む

自作の宅配BOX

宅配の仕事をしていると、宅配BOXというのが有り難いことこの上ないです。もう、65歳以下の家には宅配BOXの義務化を条例でも法でも良いので、立法してほしいくらいです。って、真面目な話をすれば、そんな事は政治でどーこーするものではないというのは百も承知なのですが、それくらい需要があるという事です。(運ぶ側の人間にとって) で、最近は繁忙期の混乱に乗じたり、住人の移住等でワイの可動範囲が広くなったり、届け先が増えたりしました。そんな折、自作の宅配BOXを設置している家に行くこともあり、宅配BOXを作るって良いね!って思ったので、今日はそこらへんの事を書いてみようと思います。 その自作の宅配BOXの作り方?なのですが、どうやら下記のようなホームセンターなどに売っている汎用品の大容量のBOXを用意し、 100円ショップで売っているような鍵をボックスの中央部分にある開閉部分のくぼみに差し込んで、箱の上部に「宅配BOX」と書き記して宅配BOXとして使用しているといった具合です。 正直自作の宅配BOXを観た時、「市販の宅配BOX買ってそのまま使ったほうが良くないか?」とも思ったのですが、良く良く考えたら、特大サイズの荷物が入る宅配BOXは数が限られているし、値段も高いので、自作したほうが安上がりなのだろうとも思ったわけです。 しかし、個人的に思うのが普通の宅配BOXも重要ですが、冷凍・冷蔵に対応できる宅配BOXがあれば、かな~り運ぶ側助かると思うんですけどね。ワイは冷凍・冷蔵を運ぶ…

続きを読む