日本対ベルギー

今日はもう一本あげます。シンゴジラとこの後行われるサッカーのベルギー戦で一本に収めたかったのですが、ゴジラが長くなったので、こちらにベルギー戦の事を書きます。 ヨーロッパのワールドカップ予選は波乱万丈です。オランダが予選リーグの段階で敗退し、イタリアもスウェーデンにプレーオフで負けました。これって凄いことなんですよね。楽天ゴールデンイーグルスが2年連続日本一になるくらいのインパクトのある出来事です。 で、明日の朝5時ごろからあるベルギー戦。このベルギーってのが中々面白い国でして。個々は凄いスター揃いなのですが、凄いまとまりがないのです。ある選手が前の試合終了後に「守備的過ぎる」と戦術批判しちゃったり、ベルギーの監督自身がメディアに対して、「内々の話だが、確かにチーム内では選手が意見を言い合っている状況」と認めちゃったり・・・。メンツとか体裁とか何それ?なナショナルチームなんです。 このベルギーってのはずっーーとこんなもんなんです。それは何故かと言うと、ベルギーという国は公用語にオランダ語とフランス語があり、西か東か、北か南か覚えてないですが、語圏事に別れてて結構対立してるんですよ。国内で。常に。確か、2011年頃まで1年半くらい無政府状態だったし・・・。 そういう背景もあってか、近年ベルギー代表の内情は終始こんな調子なのです。まぁ、そんなベルギーでもヨーロッパ予選ではくじ運もあって余裕の無敗トップ通過です。 結局、この日本対ベルギーの見どころは?と聞かれれば、「個の力…

続きを読む

シン・ゴジラ

ちょっと、仕事のネタも無いので時事ネタで記事を書こうと思います。なので、軽運送のことが気になる人は今回はパスしてね。 で、今週の日曜日に去年ちょっとした人気があったシン・ゴジラが地上波でありました。従来の怪獣映画としてのゴジラではなく、完璧なヒューマンドラマでしたね。ミーハーなわいは去年、ちゃっかり映画館に行ってましてね・・・。 あの映画のテーマとかメッセージって危機管理とか決定なんだと思っています。わいはネタバレとか気にしないのでバンバン書いていきますが、映画の冒頭、海から噴火現象があり、その原因として未確認生物としてゴジラが海から出てくるのですが、この時点で一人(主人公)を除いて、誰も内閣の人間は認めないのですね。「そんなことあるか!」って。で、この現実を認知できなかった事から全てが始まります。 で、結局、ゴジラが上陸して街をひっちゃかめっちゃかにするのですが、内閣の対応が全て後手後手なのですね。 自衛隊を要請するのか?どうするのか?どの理由で要請するのか?こんな事で要請したこと無いぞ。要請したとしてどこまでの攻撃or防衛を許可するのか?はたまた、自衛隊の武力行使による国民の被害はどうするのか?等々・・・ ともかく、人的な被害や犠牲に敬意を払いすぎて、何も出来ないわけです。さらに、物事を動かす上での会議の多さが被害拡大に拍車をかけます。会議で物事が決まればいいけど、決まらない。これはどこにもある話ですね。 で、悩んでいる間にもゴジラは被害を拡大させるわけです…

続きを読む

持たないという開放感・持つという重圧

ちょっと、わいの嫁がアホなのでストレス発散するという意味で今日は記事を書いてみます。結婚するなら、合理的な女性と結婚しましょうって言いたい。というか、合理的な人ほど結婚しないのでしょうけど・・・。 損する結婚 儲かる離婚 最近は「貸す」というビジネスが大流行していると思います。まぁ、前から「貸す」というビジネスは目に見えない所で行われていたと思います。代表的なもので言えば、賃貸やレンタカー、倉庫貸しにDVD、重機でしょうか。最近では人材派遣やレンタルルーム等々も出てきていると思います。 何故「貸す」ということが金儲けになっているかと考えると結局、「持つ」ということが凄いコスパの悪いことになっている現状があるのだと思うのです。 持ち家で考えてください。いくら家賃が掛からないとはいえ、毎年固定資産税があります。経年劣化による修繕費もあります。もっといえば、持ち家になってしまえば、それはイコールずっとそこにいるorそこに固定されてしまうというオマケも付属してきます。 もし、最近ちょこちょこある自然災害や座間市の殺人事件のようにもう住めない・住みたくないと考えたった時、気軽には移動できないですよね。持つとはそういう短所もあります。 また、人材派遣やわいみたいな委託業者を使うのも同様です。日本では一度、人を直接雇用で雇ってしまえば、安々と解雇できません。おまけに社会保障も負担しなければならないというのもあります。(実質自分が負担しているが) さらにさらに、要らなくなった時…

続きを読む

遅れる荷物・感謝されない運送屋

今の現場にはちょっとした倉庫が有り、そこに毎日荷物が運ばれてきます。で、その荷物を運んでくるのは運送会社です。ガチガチの貨物便です。佐川とかゆうパックの貨物便に西濃運輸とか地元の運送会社などです。で、そのガチガチの運送会社が持ってきた荷物を企業専属便の我々が届け先に届けるわけです。 で、上記のある運送屋が今が繁忙期なのか現場が回っていないのか(人手不足)何なのか知りませんが、荷物が遅れ気味で現場企業が困っているみたいなんですよ。まぁ、ゆくゆくは我々企業専属便の業者にもしわ寄せが来るのでしょうが、今回の件に関しては現場企業の営業の人が我々委託業者ではなく、本人が今日中に届けたい荷物が遅配で来たわけです。 当然、その営業は激おこぷんぷん丸です。なんつったって、営業も客に「今日中に持って行きます。」的な約束をしているわけですから。で、遅配したことに対して運送会社のドライバーにクレームを言ってたみたいなのです。わいはその現場に居合わせなかったのですが、かなり問い詰めている感じだったみたいです。聞いた話に因ると。 これを聞いてね、まぁ、わいも少なからずともドライバー側の人間なので「ちょい、それは理不尽なクレームだろ?」って思うのです。だってね、今から繁忙期なわけですよ。ガチガチの運送会社は。お中元だクリスマスの商品だなんだかんだで物量が増えているわけですから。それで現場が回らないのはちょっと世間の流れとかニュースを観ている人間なら分かるはずです。 つまり、これはその運送会社のトップな…

続きを読む