軽運送・軽貨物運送業は何故人気がないのか?

今日で今週一週間が終わりました。わいの起業専属便というのは分かりやすく言うと派遣と同じなので、普通に土日祝が休みで大型連休もそれなりに休みです。で、ほぼ残業もないです。というか、今まで行った現場で残業した所ほぼない・・・。初めて1年も経たないですが、まともに残業したことないから残業代ってのを貰ったこともない。まぁ、ここらへんはその現場と契約内容に因るのですが・・・。まぁ、わいの所属企業が一般的に休みとされる日に出すことに対して、結構な委託料を提示しているから、休みに要請されることもないのですしょう。残業も同様です。 で、今回は何故軽運送・軽貨物運送業が起業の手段の中で人気がないのか?ってのを考えてみます。 ①ダサい ②知らない ③3K ④一攫千金はない ざっとですが、こんなものでしょうか。 ①ダサいってのは、そのまんまで、まぁー世の中の職業価値ランキング的なものがあるとすれば、ドライバーって基本的に下の方だと思います。そりゃー合コンとか行って、「大企業の正社員です。」「市役所員(公務員)です」って言った方がオイシイと女の人は思うはずです。逆に一人親方の軽運送屋です。って言っても「ダサー」って感じで興味を持ってくれません。わいが言っているのはそういうダサさです。 でも、わいが女性なら、一人親方の軽運送屋の方が面白いんだけどね。雇われでないという意味でね。 ②知らない そもそも軽運送屋というのを知らないと思います。おそらく、世の大半の人は業務委託で収入を得るという生…

続きを読む