ワールドカップを考える8

今日も仕事の話は辞め(以下略) 決勝トーナメントが始まって初めて書く記事です。何故か決勝トーナメントが23時キックオフでも眠い目をこすって観ており、3時からの分は録画か再放送かハイライトで済ませてます。って言っても、ハイライトで観たはクロアチアデンマークだけですが。 決勝トーナメントの第1試合はフランスアルゼンチンでした。壮絶な打ち合いの末、フランスが勝ちを収めました。予想していたとおりの面白い試合で観れて良かったというのがまず第一です。と同時に悲しいのが"ここから"のアルゼンチンでしたが"ここまで"でした。フットボールが好きな方は色々思うところがあるでしょうが、ワイが一番悲しいのはマスチェラーノというアルゼンチンの選手の引退です。 TV的にはメッシのほうが良いのかも知れませんが、このマスチェラーノという選手は間違いなくチームにおいて必要な選手でした。所謂、守備的なMFなのですが、マスチェラーノの守備によって幾度となく救われたシーンを知っています。このマスチェラーノの後釜にバネガとかガゴが注目されていたのですが、なかなか上手くいかずに、アルゼンチンの守備はマスチェラーノに長い間委ねられたという事があります。 しかしマスチェラーノは今回で引退。おそらく、アルゼンチンはメッシの後釜を探すよりこのマスチェラーノの後釜を探すことに苦労すると思います。 で、次がウルグアイポルトガルです。 ここはウルグアイが勝つだろうと踏んでたので結果的にウルグアイが勝って良かったかなぁと。…

続きを読む

悔しい

日本はベルギーに負けたわけです。正直、勝ってほしかったというのが一番ですが、他方で面白い試合だった。見ごたえのある試合で後半だけでお腹いっぱいですわ。 実は原口と乾が決めた試合は日本これまで負けなしだったのですが・・・。 ともかく日本のワールドカップは終わったわけですが、まだワールドカップは続きます。 今日は夜に決勝トーナメントのこれまでとここからを書いてみます。 それでは!

続きを読む