荷物の積み込み方を再度書いてみる(後編)

不在続きの荷物は客に渡す頃には箱がシワシワだったり凹んでいる。 さて、前回は昼の仕事での荷物の積み方を書きました。後編では、宅配の方でのワイの荷物の積み方を書いてみようと思います。 ワイの場合、宅配の仕事はなんというか2つの仕事の仕方があります。1つは夕方から21時までやる仕事の仕方が1つ。もう1つは土曜などに稼働を要請されて1日やる仕事の仕方です。 まずは前者の夕方から行う宅配での荷物の積み方を書いてみます。 夕方からの場合、基本的にはワイが受け持っている3.4町分の時間指定なしの荷物と6~9時までの時間指定の荷物がワイの専用ボックスみたいのに入っています。これを積むわけですが、これも前編と同様、最初に行くエリアの荷物を助手席や運転席の後方に置いて、探す無駄とか降りる無駄とか無駄に歩かないような工夫をしています。基本的には前編で書いた荷物の積み方と同じなのですが、ちょっとだけ違ったりします。それをまたしても以下の画像で示します。 ざっとこんな感じです。この上記の画像には書いてないですが、3.4番目に行く町の所にもその町の時間指定の荷物が混じってたりします。やはり、宅配は不在というのが存在するので、その荷物の置き場みたいのは確保しています。それが前編との小さな違いですけど、ある意味大きな違いになると思います。 ちなみに、何故不在置き場が2個もあるかと言えば、助手席の方は後々電話掛かってるとか不在つぶしでもう一度行くという趣旨の不在置き場で、荷台後ろの不在置き場は…

続きを読む

荷物の積み込み方を再度書いてみる(前編)

積もう。荷物と共に溢れんばかりのワイのエネルギーを。 過去に幾度か書いている荷物の積み方についてですが、再度リクエストがあったので、ワイなりに再度思うところを書いてみようと思います。ブログというのは何回も何回も同じような事を書くとか似たような事を書くというのがワイが思うブログのあり方だと思うので、「もうエエがな」って思う方も居るでしょうが、お付き合いください。 まずは昼の企業配での荷物の積み込み方について書いてみようと思います。昼の仕事はまぁ~なんというか荷姿とかエゲツないもの(通称ゲテモノ)があったり手のひらサイズの物があったりで荷姿が統一されていません。ゲテモノの代表格と言えば、カラーコーンとか長尺物があり、ともかく、いびつな形のものがあったりします。これらは無駄にスペースを取るので、かなりムカつく荷物です。また、小物に関してはすぐにどっかいっちゃうので、それ専用(50cm✕50cm✕50cmくらいの)箱にまとめて入れてたりします。 基本的にはまず、最初に行くべき場所の荷物は助手席に置いています。そうすることによって、わざわざ運転席を降りて後ろのスライドドアを開けて荷物を探すなんて事をしなくて良いし、結果的には時間の短縮が出来るからです。むろん、それは荷姿が良いモノとか小物オンリーの話で、最初らへんに行く物で助手席に乗らないものは運転席後ろに置いて、ともかく探す無駄とかそういうのを短縮しています。 また、基本的には重量物を下において軽量物をその上に置きますし、最初らへん…

続きを読む

宅配の世界から考える大学生という存在

なお、ワイという存在はいつもいぶかしい。 さて、少し前に"そういう輩"というワードを残してブログを終わりました。その時の"そういう輩"というのは、端的に言えば、働いた事がない人間が働いている人間に対して、相手の時間とか労力を何も考えずとか自分本位で相手を振り回すor双方力を合わせて1つの事を終わらす事をしない。という意味合いです。こういうどうしようもない人々を社会を知らないとか大人じゃないとか言えば分かりやすいのかもしれません。 企業配の世界では、いっちゃ~しまえば、会社と会社の付き合いの側面もあるので、そういう輩は少ないのですが、宅配の世界ではそうではありません。宅配の世界では、そういう輩がいっぱいで、そういう輩の代表格とされるのが大学生です。 宅配の世界では大学生ははっきり言って最悪の存在です。まず、一人暮らしが多く、学校だアルバイトだ彼氏彼女とイチャイチャとかでいつ家にいるのか不明らしく、ともかく捕まらないらしいのです。そんなのは20代の働き盛りの独身の男女もそうじゃないか!と思う方も居るでしょう。実際、そうなのですが、前者と後者には大きな違いがあります。それが余裕かつ平気でいけしゃあしゃあと時間指定をぶっちぎるとか連絡1つよこさないという事です。 宅配の人で学生街から移動してきた人が居るのですが、この人が言うにはまず、基本的に再配達の指定時間内に居ないとか普通で、中々にパンチが効いてる輩は再配達の時間指定を全部するそうです。具体的には、2時~4時、4時~6時、6時~…

続きを読む