あなたの会社で新型コロナウイルスの感染者が出たらどうなるのか?

自宅待機になったらワイのブログを速読するのが2020年秋ごろまでのトレンド。 少し書いていますが、ワイの行く先でコロナウイルスの感染者が出ました。多分、緊急事態宣言とか今にみたいに感染者が増える前でした。もっと言えば、ワイの情報網で、ワイが宅配で関わっていた会社もコロナウイルスの感染者が出たっぽいとの話も聞きました。 まぁ~昨今の増加傾向をみれば誰もがそういう話を身近に聞くようになるでしょう。 ここは置き配の王もしくは、落としの鬼の運送屋のブログですから、あなたの会社で新型コロナウイルスの感染者が出たらどうなるのか?というのをワイの体験を基に外側(運ぶ側)から見た感じで書いてみます。 まず、感染者が出たと分かった時点で、即皆さん自宅待機とか自宅勤務になっているようで、それでその日から消毒が入りました。これは昨日まで普通に行っていたのに、翌日にはもう立入禁止の処置を取られていたので分かりました。出た所はビルですが、もうビル一棟丸々消毒って感じです。多分、どこの階数にいた人間とか関係なく、徹底的にするのでしょう。 こうなった場合、当然ですが荷物は不在で持ち戻り的な感じです。当たり前といえば当たり前ですが、受け人がいないし、状況がそんな感じではないのですから。 そして、翌日には普通に何名かだけ出社している感じです。ただ、もう本当人が居ません。ワイが荷物があったフロアは4階3階2階とあったのですが、3階はもうもぬけの殻でした。(多分、3階の人がアレしたのでしょう…

続きを読む

自粛とか緊急事態宣言とか休業要請と無縁な業種or職種

小池さん「このブログはロックダウンしなくていいです」 なんか日本中で大事になっているみたいです。ワイの届け先でも、人が居なかったり在宅勤務みたいな感じになっているようで、正直、そういうのは羨ましかったりします。まぁ~実態を知らないのでなんとも言えないのですが、実際の所は、ほぼ休みみたいなもんなんですかね?それとも、出勤していた方が仕事しやすいとかあるんでしょうか? さて、ワイはお昼はそこそこの規模の会社とか件数を回るわけですが、そこで思うことがあります。それが自粛とか休業とか在宅勤務になった人々とならない人々の差です。 概ね、現場仕事とか肉体労働的な業種の人々は普通に出社しているように思えます。猿でもわかる事ですが、こういう人達は在宅で仕事できるわけではないで、当然そうなれば出社しなければならないので概ね人が居るという感じです。 ただ、空気を読んでか普段は24時間稼働でも宣言をうけて、夜勤はしないとかの対策はとっているようです。でも、ワイは夜にそこに行くことはないので、まぁ~そこまで被害がありません。 対して事務仕事とか営業職みたいな所謂、知的労働者は在宅勤務とか交代で出勤とかになっています。また、基本的に事務員さんと言われるような、主に一般職とか言われるような人々はほとんどみかける事がありません。正直、運ぶ側はこういう人に届けることがほとんどなので、こういう方達がいないと往生します。 こういう事務所とか現場関係以外に届ける時、本当に人が居なくて、同じフロアの別…

続きを読む

日本人がマスクしなければならない理由みたいなもの

こんにちは!!!!丫です!!!!よろしくお願いします!!! ここは物流とか軽貨物とか業務委託とかそーゆーのがメインですし、そーゆーのを書きたいのですが、今日は社会学者的なノリで思うことを書いてみようと思います。 別にワイはマスクマニアでもマスクコレクターでも感染症とかウイルスの有識者ではないですが、仕事柄?現場の荷物的?にマスクというのも扱っているので、昨今のマスク不足と相まって、ちょっとマスクとは普通の人よりも親密な仲です。 もうコロナがわーわーなって、皆一様にマスクマスクとなっているのは誰もが知るところでしょう。個人の予防としてはマスクというのが多分効果的なので、これ見よがしに皆さん欲しいのでしょう。 で、結果的にどうなったかと言えば、誰もが知るマスク不足です。まぁ~みんなこぞって買えば、そんな風になるのでしょう。 ただ、ワイは本当にマスクが必要なの?とは思うわけです。って、別にマスクを買うなとかするなとかそーゆー意味ではなく、なんつーか、コロナハラスメントならぬマスクハラスメントみたいのが世間の空気的にあったり、マスクしてないと白い目でみられたりとか、それが嫌でマスクしてんじゃねーの?なんて思っちゃったりするのです。 もう、皆さんピリピリしてか配達業者は「マスクしてね」とか案内も有ったり、最近は「マスクして入ってください(#^ω^)」みたいなところまであります。また、マスクしてねーだけで、会社や上司からわーわー言われるみたいな所もあるようですし、管理職も上…

続きを読む

Amazonとウイルスが日本の宅配のサービスを変えそうな未来

1000円カットでモミアゲがどっかにいったワイ。 世は空前の置き配ブームです。大手の宅配会社がコロナウイルス対策の一貫として色々と対策をしております。 各配送会社で一部非対面での受取も可能です(暫定含)ヤマト運輸→玄関前に配送(非対面)https://t.co/VsKj2fIMPV佐川急便→電子サイン中止(対面)https://t.co/5mKvE5oGh3日本郵便→置き配(非対面/申請必要)https://t.co/6SraLI3OyS各社でOKIPPAも宅配BOXとして利用可能です(日本郵便申請不要) https://t.co/f6HBiOL1E8— OKIPPA(オキッパ) - 再配達ゼロのストレスフリーな日常を (@OKIPPALIFE) April 1, 2020 正直、コロナウイルス対策としても不在を無くすという仕事効率化の面でも、いま一歩踏み込んだ置き配推進にはなっていないような気がしますが、まぁ~ウイルスに乗じて、配達効率化をねじ込ませたいのが各社の真の狙いでしょう。 そんないま一歩踏み込んだ置き配推進出来ない日本の宅配会社を横目にAmazonは置き配が基本・標準となるような動きをしています。 とりあえず、趣旨は違えど両者置き配推進して、運ぶ側の仕事の効率化や経費削減等を狙っています。 ただ、日本の宅配会社の場合は、あくまでウイルス対策の一貫であるので、終息すればこの対策は不必要になるでしょう。しかし、Amazonは置き配を基本とする方…

続きを読む