コロナの2020年夏から考える今と今後の運送物流業界

コロナの陽性者が増えているのは検査数が増えたからじゃねーの?あと、発病者と陽性者わけた方が良かねーか? なんちゃオチがない話になりそうですが、ワイを事例に今年の夏のお話をしようと思います。 毎年ワイはお盆時期は飲食店の配送をしております。 飲食店は言わずもがな盆正月GWは稼ぎ時なわけで、このお盆にしても今まではこの時期そーゆー仕事をしておりました。 しかし、今年に限ってはみんな帰省自粛のせいか飲食店も厳しいみたいで稼働は1日しかありませんでした。 というかもっと言えば、実は3日くらい要請されていたのです。 ですが、そこのお店の知人がコロナで仕事が無いとか収入が減ったとかでこの時期に働かせてくれとかそんな感じで頼まれたらしく、そうなれば、運ぶ系の仕事は人を選ばないから、運ぶ系の仕事に充てがい、その流れでワイは稼働が1日になったという感じです。 多分本質的には、委託に丸投げして少々高くても自分達が楽しようというのが今までだったのかも知れませんが、ここに来てそれよりも賃金や経費が安い方安い方に仕事が行きだしたという感じでしょう。 まぁ~正直、休みもまともになかったし、家族サービスとかブログの更新とか手直しもしたかったので、ラッキーというのが本音だったりします。 これはほんの一例ですが、昼の企業配にしても今年のお盆のカレンダーもあってか、9日間お盆休みで稼働がなかったし、他の現場も似たりよったりらしく、なんとな~く、コロナの第二波同様に、ジワジワジ…

続きを読む

赤い宅配会社は個人間配送が多い!それは運ぶ側にとっては良いことか悪いことか

打ち上げ花火ワイから見るかYから見るか 赤い宅配会社の委託をしていて思うことがあります。 それが個人間配送の多さであり、企業から個人宅の発送の少なさです。(緑の宅配会社比) 赤い宅配会社はいうて、もともと親方日の丸ですし、なんつーかコテコテの民間企業と違い利益優先ではなく、社会的なインフラとして宅配を提供しているのかもしれません。 お前は何を言うてるんだ!という方にもうちょっと噛み砕けば、国民皆保険制度みたいなもので、民間の保険とは違い、誰でも安価にそこそこの医療を受けれまっせみたいな感じで、サービス提供の幅が広いといった感じです。 もしくは、「オホホ!私共は民間企業間にある競争とは無縁の世界でやっていくザマスよ。下々の者は軽々しく近寄らなくてよ!」 みたいな感じで、企業からの荷物ものらりくらりかわしているのかもしれません。 この個人間発送が多いと運ぶ側にとって仕事的にどーなのか?良いのか?悪いのか?みたいのを書いてみようと思います。 まず、個人間配送が多いと日々やっている側からすれば、毎日毎日行く場所が違うように思えます。 例えば、緑の宅配会社時代は宅配でもルート配送のように、もう毎日毎日同じ家やマンションに行ってました。 そうすると、自ずとこいつは何時には家に居るとか自然と覚えます。 結局、緑の宅配会社は個人間配送も去ることながら、企業から個人宅の荷物や定期配送やアマゾンやゾゾに代表されるような荷主が多かったからそのよう…

続きを読む

電話再配VSインターネット再配

withワイ。 夏の繁忙期が建前上終わりました。 赤いところの夏の繁忙期はどうやら7月いっぱいとの認識らしく8月は違うようです。 しかし、まだお中元やギフトは到着しているわけでなんかよーわかりません。 そんなギフトも含め再配の問題があります。 というか、厳密には再配の連絡の方法が運ぶ人間なのかそこの現場の風土なのか何なのか知りませんが、好みがあります。 電話再配を敬遠して不在票にドライバー直通番号を記載しない人記載する人が存在しており、ワイとしてはそんな電話再配って嫌か?とか思ったので、今日はそこらへんの事を書いてみようと思います。 現状、再配達の連絡はどこも大きく別けて2つあります。それは ①不在票に記載されているドライバー直通番号に連絡して再配達を依頼する ②不在時に不在票に貼られるシールのQRコードからインターネット再配を依頼する といった感じでしょう。 今の現場の委託の人々は何故か不在票にドライバー直通の電話番号を記載しない人がそこそこいます。 ワイはそれが当初不思議で、それとな~く記載しない理由を聞いてみると、休憩中に電話かかってくるのが嫌とか電話番号を記載するのが面倒くさい(ワイの現場ではドライバー直通番号は不在票に委託がスタンプする)とかの何とかの理由で記載しないらしいです。 まぁ~そのドライバー直通電話を記載しないのが良いのか悪いのかは分かりませんが、当然そうなれば再配の連絡は上記②のインターネット再…

続きを読む