確 定 申 告 !


スポンサーリンク


2月の中旬から3月の中旬までは確定申告時期になります。去年もやったことで、今年は2回目となりました。1回目は開業が12月だったこともあり、12月1日~12月31日だけの申告書を作成し、提出しました。この時は1ヶ月分だけだったので、時間も掛からなかったですが、今回は12ヶ月分の申請で金曜の夕方から土曜の夜までほぼ12時間くらいかかりました。

というのも月ごとに領収書は纏めていたのですが、経費の内容の振り分けと計算を行っていなかったので、その仕分けから始まり、12時間も掛かったという具合です。ぐうたらなのよ。実は・・・。笑

しかし、軽運送は在庫もないし、仕入れもないですから、申告書作るのも、他の事業を詳しくは知らないけど、他の事業に比べて非常に簡単だと作る度に思います。よって、在庫を持たないとか売掛がないとかいうメリットの2次効果?副産物?として、こういう付帯作業の部分でも反映されているなーなんて事も思います。

ワイは税務署に行くのが億劫で、E-TAXでの申請をしております。というのも、去年どの方法で申請したら一番よいか?というのを知りたく、また、わからないことを聞きに行った時に凄い行列と待ち時間があり、「コレ無駄な時間だな。よし!毎年こんな具合なら、これからE-TAXで申請しよう!」と考え、E-TAXで申請を行っているという具合です。また、E-TAXの利点としてわからないことを税務署の人達の時間を奪わず、分からないことは確定申告電話相談センターで済ますことだと思ってます。(いや、結果として対面での時間を奪っていないだけでどこかの税務署の職員さんや税理士さんの時間を奪っているんですけどね)
ただ、電話の場合は自分がしたいことやわからないことを正確に伝えるのに苦労するんですけどね。

気になる人がいるかは分かりませんが、一応総売上と経費の内訳を書いてみます。
売上金額は約350万でして、経費で一番多かったのは燃料費。売上の約2割くらいがこれに消えてました。去年の始めの案件はそこまで走らなかったのですが、やはり、ATとなればMTよりも燃費の面で不利という事が数字で現れたのかもしれません。あとはクーラーが色んな意味で効いたかも。

次が修繕費。今の相方のサンバーのタイミングベルト交換とそれに関わるトラブルの金額でかなり飛んでいってました。そういう意味では、痛いです。でも、仕方ない。自分で選んだ店でしたことですから。

最後が地代家賃。駐車場代は全て経費計上しているし、家賃の3割を経費計上したら、「えーこんなにもかかったの!!」なんて具合です。

ともかく、この情報が起業のきっかけや他人と比べて自分の収支はどうなのか?という参考にしてもらえたら幸いです。



あと、申告は白色申告より青色申告の方が絶対いいです!なんといっても、65万円の控除はでかい!まぁ、ここら辺の事はあとは各自でググるなり調べて貰うのが良いし、青色申告書作成が難しくて分からなかったら、確定申告時期を外して税務署の人に聞いたり、サポートして貰うのも手だと思います。ぶっちゃけ、確定申告時期に並んで作っても得をする制度だと思います。

最後に来年の確定申告をスムーズにするのを目的として今年の反省点を書き記すなら

①月ごとにレシートや領収書を雑費、地代家賃、光熱費、燃料費、修繕費等だけでも仕分けし、総合計をPCなりメモに纏める。仕分けが難しい経費は確定申告電話相談センターに電話する
②固定経費である、駐車場代や家賃の金額は忘れない、もしくは分かるようにメモしておく
③社会保険料等の領収は必ず持っておく
④領収書保管に適したファイルを買う!

という感じですかね。これも誰かの何かの参考になればいいけど。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント