ワールドカップを考える 最終章 前編


スポンサーリンク


何で運送仕事のブログなのにサッカーの記事を読まなきゃならんのだ!と思ってた方々(がいるなら)には朗報でこのシリーズも残す所、2回で終わりそうです。

今回のワールドカップは決勝がフランスクロアチア、3決がベルギーイングランドという近年の決勝では稀なカードです。このカードは世界中の誰もが予想していなかったかもしれません。

普通に考えればフランス優勢です。特にフランスの中盤は今大会でトップですから、基本的にはフランス優勢でクロアチアがチャレンジャーという感じでしょう。

しかし、クロアチアの選手達はチャレンジャーという程チャレンジャーではありません。クロアチアはこのワールドカップ期間はほとんどがチャレンジャーの立場であってそういうのに慣れている面もあるでしょうし、加えて、クロアチアは旧ユーゴスラビアの内戦を経験している選手が数人おり、そのメンタルの強さはピッチの中で何かの違いを生みだしているかも知れません。さらに、クロアチアリーグというのを観たことがないのですが、このリーグはかなりダークでタフで厳しいリーグと聞いたことがあります。そういうリーグを経験し、もまれた選手達はフランスの選手達にはない何かがあるかもしれません。

しかし、ワイが一番気になるのはこの後あるイングランドベルギーです。ぶっちゃけ、プレミアリーグのオールスターみたいな試合になるんですが、個人的に何かと縁のある国なのでそういう個人的に理由でこっちのほうが気になります。

この両国はなんつーか、世代交代が上手くいっているチームであり、ある意味では2022年のワールドカップを観ているような気分になります。これは歴史的に言えば、イングランドが優勢でベルギーがチャレンジャーという感じですが、リアルタイムで観ればどちらもチャレンジャーという感じでしょうし、若干イングランドの方がチャレンジャーな気もします。

この試合に関してはイングランドを応援するつもりで是非勝って欲しい。

他にも色々と書きたいことがあるのですが、注目の3決があと少しで始まります。日本は3連休で決勝が夜更かししても観れる環境なのでこの環境に甘えない理由はないですから、がっつり観ようと思います。


それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • マルチツール

    今回はクロアチアに勝ってほしいです。
    チームとしてとても魅力的で、ひたむきにプレーする姿に感動します。
    2018年07月16日 00:01
  • ワイ

    >マルチツールさん

    クロアチア勝利!とはなりませんでしたね・・・。ただ、決勝トーナメントで延長に次ぐ延長を制してきたクロアチアの粘り強さみたいのは凄かった。やはり、一発勝負に必要な何かがクロアチアにはあったんだろうなぁーなんて思います。
    2018年07月17日 21:31