組織VS市場


スポンサーリンク


本日、ちょっと説教を喰らうようなことがありまして。まぁーなんつーか、結局は全てワイが悪いわけですけど、端的に説教の内容をワイが受けた感じで言えば、このまま自営業やっていくの?ってことです。

まぁー自営業は不安定だし、怪我や事故、その他諸々で仕事が出来なくなれば収入が0になるという不安が付き纏うわけです。他には稼ぎが少ないだなんだかんだ言われたわけです。もっと詳細を書きたいのですが、これ以上書き始めたら本筋と離れるので割愛します。

で、結局行き着くところは、会社組織に属せという話になるわけです。その根拠として、組織ならもし何かあってもなんとかなるし、社会保険とかも家族分も払うので良いとかそんな理由です。確かにそのとおりだと思います。それは間違っていないでしょう。日本はそういうシステムで基本的に動いているし、みんなそういう"認識"です。

でもね、思うのです。会社や組織は人の人生を預ける為に存在しているわけではない。と。あくまで、人が仕事して稼ぐとかそういう場なんじゃねーの?って。また、雇われる側もそんな認識でいて、雇う側もいろいろ大変になるから、人生を預けられない仕事だけをしてくれるアルバイトや非正規雇用や我々委託業者という存在を必要としているのではないかと。まぁーココらへんの人の人生を会社に預ける的な風になっているのも、結構お国が悪いと思っています。

この前後の話は受け売りですが、本来はそーゆー社会保障とかそこらへんのことは、お国が国民の為にすることであって、会社や組織がその内側だけにいる人間のためにすることではないとのことなのです。まさにExactly(そのとおり)だと思います。もしくは、もうお国が関与しないで国民でどうかするという形にしてもいいでしょう。


話がそれましたが、むろん、ワイは今のスタイルを辞めるつもりはありません。結局、なんつーか、あっち側(説教側)とこっち側(ワイ側)で決定的に違うのが、タイトルにある組織VS市場です。あっち側の根本というか信念は組織は強いとか何とかしてくれるです。他方で、こっち側の根本というか信念は市場が何とかしてくれる。です。

おそらく、ここらへんの認識が違うから色々揉めると思っており、荒れると思っているわけです。


で、相手は言うわけです。なんでそんな会社に属するのが嫌なのか?と。

いやいや、別に属するのが嫌なんじゃなくて、上記の件も踏まえて、結局ワイは組織よりも市場の方を信じて動く方が自分のためになると思っているわけです。そして、市場で求められる為にも日々の仕事でもこーすればよくなるとかあーすればいいとかありとあらゆる経験をして、それを自分の財産にして生きていきたいというわけです。そして、その実行の場というか、アウトプットの場がこのブログだったりするし、そのアウトプットがいつもブログを観てくれる人やブックマークまでしてくれる人の役に立っていると思うのです。

まぁー他には無駄な業務や付き合いで色々奪われるのが嫌とかそういうのもあるのですが、ともかく、根本は市場に必要とされたいということです。別にそんな市場で必要とされるのに雇用形態とか関係ないじゃんって思うのですが、それが日本では出来ないのです。なぜなら年功序列で解雇が容易でなく、労働市場がないからです。(ここも受け売り)


とまぁーそんなこと言っても、社会保障の金額をどうかしたいとか収入をアップしたいという問題もあります。これは平日の仕事終わりにバイトして、あっち側の考えにのって、社会保障をバイト先に投げるという選択肢もあるのも、事実です。そういう美味しいとこ取りの方法も考えなければならない局面に来ているのも事実です。また、昼の仕事終わりにもう一本入れるというのも選択肢です。

世の中、多くの人が年齢だなんだで正社員(組織)の仕事というのにありつけないのに、アルバイトや非正規雇用(市場)の仕事はいくらでもあるという現実にあっち側の人々はいつ気づいてくれるのでしょうか。そして、もうアルバイトや非正規雇用で世の中回っているという事にいつ気づいてくれるのでしょうか・・・・。

今日はやさぐれてますし、色々刺々しい物言いだったと思います。また、もしこのブログで会社員の人がいれば、上の文で不愉快になることがあれば許してください。

現実のストレスを発散できるのがこの場なので・・・・。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • 身内の方から言われたと想像しますが、自営業者なら大なり小なり皆さん言われる事かもしれません。
    組織化して何人か委託を雇える様になれば大したものですが、それには営業力も磨きをかけないとですね。
    2018年08月26日 06:24
  • ワイ

    そうですね。結局行き着く所は組織化して、純粋に労働力だけを欲するような雇用形態とか契約形態の人々を纏めるような組織を作るしかないのかもしれませんね。あとは、コメントに書かれている通りです!
    2018年08月26日 12:06