職場で結婚、職場で不倫


スポンサーリンク


今日は仕事の話を辞めて、ちょっと日本の職場の不思議なところとか労働環境改善的な風潮に関して思う所を書いてみようと思います。

ワイが今まで行った現場や今まで勤めていた会社には、タイトルのような出来事というか話を度々聞きます。職場恋愛とか恋愛の末、結婚したとか職場で誰々と誰々が不倫関係にある等々・・・。今の昼の企業専属便の仕事では、ただの運送会社の人間ではあるのですが、そういう話につきあわされることもあります。一応、その現場の従業員と世間話とかなんとかする時間はあるので。

ワイはそんな話を聞いて、「あ~そうなんですね~」とかそんな感じでお茶を濁しています。こういう話は、どこ行っても聞くのですが、そのたびに思うことがあります。それが「寂しくね?」とか「それって危ないことだらけじゃね?」というような事です。



ワイは、しょーもない会社員時代を経て今があり、働き始めてから不思議に思うことがあり、それが「職場でしか出会いが無い」という事です。

ワイの初めての就職先は、30人位の同期といわれる人達が居ました。男が20人、女が10人位の割合だったと思います。で、何ヶ月か研修があるのですが、そこで「やれあいつが可愛いだ」「やれあいつがお前のことを好いている」とかそーゆー話になるのです。そういう話を聞くたびに、どこかそれに巻き込まれたくないワイがいました。これに巻き込まれたら、ワイは何もかもを会社に依存する事になると考えていたからです。つまり、社畜の一歩目とか始まりといういう感じです。

しかし、周りの人達はそういうのをお構いなしで、"色々"していました。そういうのを聞くたびに「こうやって会社人間とか社畜が生まれるのだな」なんて思ったりしました。羨ましかった面はもちろんありますが、それでもそれに憧れる?みたいなのは無かったです。

ワイは、会社勤めの人は常に小さく深いつながりの中で全てを済ませようとしていると思います。学生時代は、他の高校とか他の大学と積極的に交流を持ち、外と繋がることを凄く求めるのですが、働き始めれば、一気に外との繋がりを断ちはじめます。おそらく仕事してたら、疲れるから、そんな状況での外との繋がりはキツイのかも知れません。あと、他を知って、自分の今の立場にがっかりするのを恐怖するとか・・・。

ともかく、せっかく大人になって、自由に使えるお金があるのに何で外を知ろうとしないんだろうと思うし、そういうのを考えた時、「寂しくね?」って思うわけです。

そして、そんな小さく深い繋がりの職場での恋愛関係は恐怖とかリスクでしかないような気もします。

恋愛に関しては、見方によっては、休日のデートでさえ、仕事の人と一緒にいるわけで、正直プライベートもなにも無い気がしますし、自分の彼氏・彼女の職場での評価が悪ければ、切ない気持ちになるような気がします。で、仕事の愚痴を言おうにも、別れれば、一気にそれが向こうの話のネタになってしまい、愚痴るのも躊躇しそうです。

結婚に関しては、女性側が家庭に入れば良いのですが、そうではない場合は、常に一緒にいるかもしれないわけで・・・。というか、それはまだ良いほうで、会社によっては、結婚を人質にして、異動とか転勤を投げかけてくるかも知れません。ともかく、もう家庭から外までルーツは会社です。

不倫に至っては・・・

誤解なきように言いますが、ワイは恋愛や結婚や不倫が悪いと行っているわけではないです。あくまで、職場や会社という繋がりでそれらをするってのは、自分の幅を狭めたり、1つに依存しすぎるからそれが無くなった時、何も残らない結果になりそうだと言ってるわけです。

とまぁ~好き勝手言っておりますが、別に直近そういう話に出くわしたとかでなく、何か世間の風潮的にブラック企業は厳罰化とか働きやすい会社の構築とか真っ当な労働環境の整備みたいのがあるので、本当にそんな風にしたいなら、勤め人の気持ちとか考え方を外に向けるような発想にしない限りは、今以上にドロドロした職場が生まれそうな気がするって話です。

それでは!

上では、不倫が良いみたいな事を書いてますが、個人的には不倫は、良いものではないしろ必要悪かな?とも思います。オスって本能レベルで自分の種の保存があるじゃないですか。そういう意味で。

スポンサーリンク

この記事へのコメント