本当に年齢って面白い


スポンサーリンク


ワイは今31歳で、今の宅配の現場には同じ31歳のアルバイトのドライバーが居ます。あまり実情を知らないのですが、どうやらそのアルバイトのドライバーはまだ入社して日が浅い様で、今は横乗りで色々としているみたいです。なんでも、1人前?になるために、テストがあるらしく、それに向けて色々と先輩からご指導を受けているみたいなのですが、中々に曲者らしく、かる~く揉めている様です。



詳細は書けませんが、そのアルバイトドライバーの考え方や車内での会話を色々聞いてみた所、「おめーは、フザケているのか?」といった内容を喋っているみたいで、教える側も大変だなぁ・・・なんて思います。

世に言う、考え方が甘いというやつなのかも知れません。ワイは委託業者としては、そんな人は一回委託で良くも悪くもやってみれば?なんて思います。だって、委託であれば、別にテストみたいのもないですし、誰からも教わることもない。うっとーしい事は何もありません。雇われるというのは、そういうめんどくさい事もセットだと思うのです。

ただし、委託の場合は、いきなり野に放たれて、自分ひとりでやってこいって世界ですし、いきなり、さよなら~な事も知っています。かっこいい事を言うわけではないですが、まさに自己責任というやつです。でも、それを分かってやっているから、自分でしょーもないながらも、色々考えて、日々の日銭を稼いでいるわけです。逆に、ここで基本とか基礎を抑えておけば、今後も役に立つのを知っています。いきなりさよならでも、他の所で0からのスタートではないという思惑もあるわけです。

つまり、ワイと上記の彼の違いは、彼の会話の内容をここでは書いてないですが、ワイなりにまとめれば、会社や雇用に依存するか、仕事や市場に依存するかが1番のポイントだと思うのです。

ただ、他方で、その"甘さ"を受け入れる様になるのが良い会社・社会?だとも思っています。というのも、これから日本人、非日本人問わず、ドンドンそんな人が増えるかも知れないからです。「労働を売る」という方向で考えた時、その甘さや要望も客のニーズなわけで、それに応えるのも必要だと思うからです。

同じ年齢にしても、歩んできた道や考えてきた事や今まで触れてきた事が違うだけで、こうも考え方と驚かせられるばかりで、本当に年齢という基準で物事を考えた時、年齢という物差しはおもしろいよなって思います。

ちなみに、そんなワイの意識高い系が好評なのか何故か正社員のドライバーにならないか?みたいな事を数人からポツポツ言われます。それにはお世辞とかそういうのもあるのかもしれませんし、理由は各々にあるのかもしれないですが、良くも悪くもそういう風に評価されているのは、単純に嬉しいです。でも、ここブログの読者が増えてくれる方が1番嬉しいですけどね(笑)

しかし、ワイはどちらかといえば、会社に依存するような生き方を現状降りている人間なので、そのお誘いが全てにおいて嬉しいものでもありません。会社?現場の人間?が本当に欲しい人材こそが会社を求めようとせず、会社に依存したい人程、会社は求めない。このミスマッチがある限りは、永遠に日本人は仕事でストレスから開放されることはないかも知れませんし、そのミスマッチがある限り、委託が必要とされるような気もします。

あ、断っておきますが、ワイもどちらかといえば、甘い考えの人ですよ。上記のアルバイトのドライバーと根本的には一緒です。ただ、その甘さに対する対策の違いだけだと思っています。そのように考えた時、年齢という物差しは中々通して、良い目安なのは間違いなさそうです。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント