570650円



この数字が意味する所は・・・そうです。12月のワイの売上です。一応、確定金額が出たので、書いてみました。

あ!く!ま!で!売上ですので、ここから経費だなんだを引かれるわけですが、純粋な運送仕事でかかった経費は60300円です。(内訳は企業専属便の会社で加入している貨物保険5400円・車両修繕費が20500円・ガソリン代が34400円)その他、運送仕事以外でかかる経費(地代家賃とか光熱費とか通信費とか備品代とか接待交際費)の経費計上分を含めたら、細かくは書きませんが、12万前後です。

12月は休みっぽい休みがほぼなかったので(丸々1日休みは2日くらい?)、おそらく、12月以外も12月みたいなペースで働けば50万の売上は硬いのだろう・・・。とは思います。ただ、平月でそこまでする気はないです。あくまで、繁忙期で稼げる時に稼いじゃおうという魂胆で12月は働いたという感じです。

もう12月は終わったので、なんとも言えないですが、あの時しんどかったか?と言われれば、あまりそんな記憶もありません。

で、このタイトルの金額ですが、ここを読んでいる人ならすでにお分かりだと思いますが、2つの仕事の合算の売上です。1つは企業専属便を主にしている会社で、もう一つは宅配の仕事です。この金額の割合ですが、約55%が企業専属便をしている会社から振り込まれる金額で、残りの45%が直で請けている宅配の仕事で振り込まれる金額です。

頑張れば、これくらい行けるというのをワイ自身で体験し、ワイ自身が知れたので、良い経験になったなぁ・・・。なんて思います。

で、これから8月のお歳暮シーズンまでは、宅配の方は通常期になるので、それまでは週一休みとかたま~に土曜日にちょろっと出て、のらりくら~りしようと思います。



こういう立場になって思うのですが、自分のことを自分で自由に色々決めれる自由さは中々に充実感があります。12月は休み無く働こうと考え、実行したのもワイ自身ですし、それ以外は週一休みで行こうと考え、実行するのもワイ自身です。こういう自分の時間を会社や他人に振り回されないだけで、かなりストレスがない気がしますし、精神衛生的にかなり良いです。外部から強制されない労働とか仕事って本当にストレスがない。だから、12月がしんどかったという印象もないのかも知れません。

そして、多くの自営業者の人達は"そういう"働き方を知ってしまったから、サラリーマンに戻れないとか戻りたくないと考えるのかも知れません。あ、むろん、休めば休むだけ自分にそのツケ?が回ってくるので、あまりホイホイと休めなくなるという弊害もありますが。

しかし・・・現状、2回売上が振り込まれるのですが、この2回給料日があるみたいのは嬉しいですわ。そして最後に、ココ最近の記事は新年早々、駄作2連発かもしれません。49流ブロガーからまたしても58流ブロガーに降格しているかもしれませんが、次の記事で挽回します。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • 配達員

    年明けしても、あんまり宅配荷物減らないですね。

    こっちは社員だから、荷物少ない方が楽でいいんですけど。

    2019年01月24日 22:27
  • ワイ

    >配達員さん

    こっちは12月25日を過ぎたあたりから、荷物が減り、30,31でまた増えました。(おせち関係)1月に入ってからは、荷量が通常であまり張り合いがないです。こっちは委託なので、荷物が多ければ多いほど嬉しいんです(笑)というか、社員なら配るよりも集荷の方が良いですよね。インセンティブ的な意味で。
    2019年01月24日 23:50