置き配スタート



仕事終わりに色々ネットサーフィンしていると、以前ちょこっと触れた郵便屋さん(以後、便宜上赤い所と書きます)の荷物の置き配をスタートさせたとの記事がありました。

日本郵便は18日、宅配便のゆうパックを玄関前や物置など指定の場所に置いて帰る「置き配」の制度を開始した。荷物を受け取りやすくして、再配達の手間を省く狙いがある。宅配便はインターネット通販の拡大で急増傾向にあり、運送業者と荷物を受け取る側の間の効率化が業界の課題の一つとなっている。

荷物を受け取る側には、一定の条件を満たせば「お届け予定通知」や「ご不在通知」のメールが届く。荷物を送る側は、日本郵便に必要な出荷データを提供し、その活用に同意する必要がある。配達先は宅配ボックスや郵便受け、メーターボックス、車庫も選べる。生ものや代金引換の荷物は利用できない。引用元:共同通信

ちょっと気になって色々調べてみたら、まだこの赤い所の置き配の導入荷主は居ないようですし、盗難の心配等が嘆かれていますが、ワイなりに思う所を書いてみようと思います。(ちなみに、赤い所は置き配の許可を荷主に求めていますし、それが王道ですけど、実際は届け先がその主導権を握っているので、荷主の許可を得ても・・・とは思います。)

・・・さて本題に話を戻します。基本的に赤い所は、今まで緑の運送会社や青い運送会社が置き配をしている家でもしていませんでした。そういう事情から察するにおそらく、赤い所は緑や青の運送会社よりも再配率は高かったと思います。で、今回これを始める事で、浸透すれば、緑や青と同等の再配率になるのかな?とは思います。ただ、赤い所の置き配は上記に記している様に、ある一定の条件を満たさなければならず(郵便IDが必要で事前に取得する必要あり)、これをクリアするのが大変かな?とは思います。

日々やっている中で思うのは、緑や青の所が昔から置き配をしている家や人にとっては、赤い所の置き配システムは、ある一定の条件を満たす必要があるので、こーゆー家の人達には敬遠されそうで、この手の家や人には置き配が出来なさそうですが、逆に、今まで緑も青も置き配を出来なかった家に置き配が出来る可能性がありそうなので、赤い人だけが置き配が出来る家が生まれているくるのかな?とは思います。

つまり、Aという家は赤い所は置き配出来るけど、緑と青の所は出来ない。Bという家は緑と青の所は置き配が出来るけど、赤い所は出来ない。なんていう具合な事が起こるでしょう。

あと、盗難の心配の声がありますが、ワイの少ない経験の中で置き配して物が無いとか盗難にあったなんていう出来事はありません。それは日本の治安が良いとかあるのかもしれませんが、どこに置いたとかどこに置くというのは、その当事者同士(届ける人と受け取る人)しか基本的には知りえないので、第3者が知り得るのは難しいです。よって、盗難の心配はしなくて良いというのはワイの意見です。(ただ、赤い所は荷物をどこに置くかというのを詳しく書いていて、これはマジシャンの種明かしみたいなものなので、これはこれで良いのか?とは思います。つーか、あの置き配の指定場所の選択を観る限り、実は赤い所も置き配してんじゃね?とは思います。置き配してねーと、置き配に適した項目が出来ないはず。)

また、置いて配完したという事にして、届ける人がそのまんま荷物をパクるなんている事を考える人もいるようです。そーゆー人もいるかもしれませんが、そーゆー人は1000人に1人くらいの話で、他の999人は荷台から荷物が無くなる事だけを考えています。運ぶ側は基本的に荷物が荷台にあるというのはストレスでしかないのです。そんな風に思っているから、パクっても何らメリットがなく、むしろ荷物は増えるだけで邪魔なだけです。加えて、運んでいる側は何が入っているとか知らないので、パクって開けてみて大した物では無かったら、逆に高くつきます。よって、これも考える必要がないと思います。

ざっとですが、これらがワイの思うところです。実態に関しては赤い所の委託をしている顔見知りが居るので、ちょっと近々捕まえて話を聞こうと思います。

今日は簡単ですが、この辺で。

それでは!

追記:またしてもタイヤに釘が刺さっているのを発見しました。前回は今年の1月31日に釘が刺さっているのを発見し、即日修理したので、これで今年に入って2回目です。流石に、ここまでくれば、誰かにやられていると疑わざるを得ない。

スポンサーリンク

この記事へのコメント