メルカリのリスク


スポンサーリンク


夏の夜に毛布をかけつつ、クーラー18度で床に就く。これをワイという。

さて、1.2ヶ月前に良いネタを仕入れたと言いつつ、寝かしたまんまだった話をしたいと思います。メルカリというフリマアプリが市民権を得ているのは皆さんの知るところでしょう。メルカリは言うまでも無いですが、インターネット上で個人間で物を売買するというものです。これ、凄い便利だと思うのですが、関わる人々(主に売る側と運ぶ側)にはそれ相応のリスクというか、面倒くさい事が起こったら、責任の所在がハッキリしないという事があるという話をしたいと思います。

ちょうど、1.2ヶ月前にメルカリの商品の破損事故がありました。破損した物が調理器具(割れ物)で届けて開けたら割れてたという状況です。一般的(梱包がしっかりしていないとか送ってはいけないモノ送って破損したとか以外)には、運送中の破損事故はその運送会社の責任となり、保証云々は運送会社で行う(厳密には保険)のですが、何故かメルカリに関しては運送会社の責任は無く、その後の対応はメルカリに一任されます。

何故メルカリに全て一任されるかは分かりませんが、運送会社にとってはアマゾン同様にメルカリも現場を圧迫ものであって、本当は仕事を請けたくないけど、どうしても運んで欲しいみたいな形でそうなっているのかもしれません。って、これは予想でしかありませんが、結果的にはパワーバランスが荷主>運送会社ではなく、荷主≦運送会社という構図が存在します。

で、その割れてた商品を届けた先の人間が運悪くもすんごいクレーマーちゃんだったんです。このクレーマーちゃんは過去にも色々いちゃもんつけては、現場の人間を消耗させているという実績アリなのですが、今回も例によって例の如く、クレームが発動したのです。ワイは諸事情からそのクレーマーちゃんとのやりとりを客観的に見て欲しいとか、もしも警察だなんだになった時に連絡する要員としてそこに居ました。

で、相手の言い分を聞いていたのですが、それはそれはめちゃくちゃでした。要約すれば営業時間外に営業所に来たにもかかわらず「上を出せ」とか「何で上が出てこないんだ、これが人身事故だったらスグ来るだろう」とか終いには「その接客対応はなんだ」とか言い出しておりまして、ワイもそれを聞きながら「あーこれは行き場のない怒りを当たりやすい相手に当てているだけだなぁ」なんて感じていました。結局、荷物をどうするのか?みたいな具体的な話(この場合はメルカリなので、その後の保証はメルカリから連絡がある)をしても、「運ぶ側の責任はないわけ?」とか問うてくるわけです。

で、運送会社の対応としては、メルカリとの契約上、あれやこれやしない・出来ないというルールがありますから、そういう感じで話しても相手は納得しないわけです。で、結局、それなりに上の人と電話で話すのですが、上の人もメルカリと運送会社の事情を把握しているので、「この後の事は全てメルカリから連絡・対応があります」としか言わないし、言えないわけで、結局、そのクレーマーちゃんはぶつくさ言いながら、去って行ったわけです。

正直、クレーマーちゃんの心情とか心中は理解できます。買って楽しみに待っていたものが割れてたっていい気持ちではないですし、怒りたくもなるでしょう。でも、だからこそ、そこは冷静になって保証の話を進めなければならないのに、本能のままに動いちゃって、結局何も話が動かず、時間を無駄にしています。そういうのをみる度に本当、クレーマーちゃんって可愛い♥って思うし、そんな時間がいっぱいあるなんて幸せだなぁとも思うわけです。

とまぁ~こんな事があったのですが、この一連の流れで、思ったのがメルカリのリスクです。今回の場合、ワイは3つのリスクを目の当たりにしたと思っています。まず1つは売買が素人同士で行われていて荷主も素人だということです。荷主には運ぶ側としては、きちんとした梱包をして貰いたいのですが、素人の場合そこまでしていないし、しないでしょう。今回の場合は、割れ物であったにもかかわらず、割れ物シールとか貼っていないし、梱包も紙袋で商品をプチプチで包んでいるだけの状態でした。ダンボールとかで梱包して送っていれば面倒くさい事にはならなかったのでしょうが、手を抜いてしまい、上記の結果になったなぁ~なんてワイは思うわけです。

もう1つは普通の人は知りえないメルカリと運送会社の関係。最初にも触れましたが、メルカリに関しては荷主≦運送会社的な色合いがあり、普通に考えれば、運送中の事故は運送会社が悪いのですが、メルカリの場合そうはなりません。これは内側の人間だから知っているのですが、外側の人はそんな事を知り得るはずもなく、その認識のズレとか事情を知らないというのが面倒くさいことになったと思います。(そもそも論として、クレーマーちゃんだったという不運もありますが)他にも、メルカリは配送時、匿名が可能で、これは送る側は便利ですが、そのリスク?というか責任から逃れられるというような一面も持ち合わせているので、あれはあれで結構考えものなんじゃね?と思います。

最後は・・・メルカリに関わる人々の行儀です。上記の内容同様に結局ケチは最後に損をするというか、運んでいる側としてはメルカリに関わる人に対して色々思う所がある人が多いのではないでしょうか。本当はあーだこーだ言いたいですが、ワイも匿名ですから色々セーブします。

運ぶ側としては、メルカリにはアマゾン同様に色々と思う所があります。メルカリは個人売買の仲介の場であり、商品をストックしていないというのは重々承知しているのですが、そのうちアマゾンみたいにデリプロとかアマゾンフレックスみたいに自社で運送を賄うとか物流網を作るような事になりうるのでは?なんて思っています。最近は新ラクマなんていうサービスのものもポツポツ運んでいますから、これもそのうち、第2のメルカリになって、またあーだこーだなったりして・・・。

ぶっちゃけ、メルカリにかかわらず、何でもリスクはあるとは思いますが、ワイはメルカリで買い物するくらいなら、アマゾンと楽天使うし、こっちのほうが結果的には安上がりとも思います。結局、それは商売しているかしていないかってのがあるし、その差ってのが重要でしょう。運ぶ側として思うのが、メルカリには商売しているという感覚がないのがメルカリのリスクだと思います。このリスクに、気付いて売買するなら良いですけど、中々ねぇ・・・。

まぁ、ともかくメルカリでなにかトラブルがあっても運ぶ側にあーだこーだ言ってもしょうがないって話です。

それでは!




スポンサーリンク

この記事へのコメント