炎上する隣のコース


スポンサーリンク


月と太陽。これらはあまり知られていないがワイを拝みたいが為に毎日顔を出す。著:ワイ「ワイと世界史(宇宙編)」より引用

ここのところ、宅配の事ばかり話していたので、久しぶりに企業配の話をしようと思います。隣のコースが大変で、人がハマらず、えげつないと言う件は度々話していると思います。少しの前までワイとは別の所属会社から来ている人間がそこを回していたのですが、流動性が高い物流業界ですから、良い条件を求めてまた去っていきました。

となれば!その所属会社からまた新しい人が来れば良いのですが、何故かそんな事はなくそこで契約終了。荷主(現場先)は、また新たな委託先(運送会社)と契約して、いまその新たな委託先がワイの隣のコースを回しております。

が!当然、人や会社は変われど大変なコースには変わりないわけで、去日、その新たな委託先がなんかお偉いさんを連れてきて、荷主に負担軽減を要請していました。正直、その問題のコースを回していたドライバーは、ワイ的には「よーその量を回しているなぁ・・・。あんたスゲ~よ」とは思っていたのですが、反面「いつかこの爆弾に火はつくだろうぁ・・・」とは思っていました。

で、荷主側もその要望に真摯に対応して負担軽減に乗り出したのですが、荷物を減らすなんて事はしません。それは荷主側としては「荷物を減らす=売上が減るor利益率が悪くなる」ということですから。じゃ~その負担or荷物がどうなったかと言えば、
①商業貨物を主にしている路線便に荷物を振る
②ワイと同じ所属会社にいる別のドライバーに荷物を振る

という具合になりました。①だけなら、荷主と商業貨物の会社以外は万々歳なのですが、問題は②です。ワイの所属会社なりドライバーとしては、負担増なわけであり、それは会社として利益率が悪くなり当然黙っていないわけで、近々そこら辺の利害関係の話がワイの所属会社と荷主でされるかも?という模様を呈しております。つまり、燃えている隣のコースが飛び火して、他も燃え広がったという具合なわけです。

まぁ~こんな事になった1つの要因として、現場の責任者的な人間が春の人事異動で変わって現場の社内が色々てんやわんやして、そのブーメランが自分の所に帰ってきたという事があります。正直、自業自得だよなぁ。とは傍からみて思うのですが、変わる・変えるというのはそれだけエネルギーとか体力、時間を必要とするのでしょうし、加えて、今まで「委託に投げているから、自分達はしーらない」で投げて問題を先送りにしていたツケを今になって払っているのかもしれません。

この後はどうなるのかは分かりませんが、まぁ~またワイの所属会社が業を煮やして、「もうやーめた」という選択肢も出てくるだろうな~とは思い、そうなればワイも収入減に一時なる可能性があるので、仮に「もうやーめた」になったら、宅配の方で丸一日しちゃおうなんていう事を考えています。幸いにも宅配は夏の繁忙期(お中元)がまたやってくるし、そこの戦力が欲しいでしょうから。

色々ね、ワイも身の振り方をね、考えて無ければね、自分に被害がありますからね。周りの状況を観つつ、その中で自分はどう立ち回るか?を考えて無ければね、色々ね、大変ですからね。まさに処世術!世渡り術!



とまぁ~色々書いてきましたが、今日伝えたいのは1つ。運送仕事の中で楽と言われる企業配とかルート配送。基本的には楽なのは間違いないですが、とんでもなくハズレの現場とかルートもありますよって話です。ちなみに、とんでもなくあたりの現場は午前中(9-12時)だけで走行距離50km以内で12500円。単純に時給換算して約4150円。こんなのもあったりします。この仕事によって色々変わるってのは、中々に良くも悪くも刺激的でちょっとサラリーマンとかでは味わえない何かがあるような気もします。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • 配達員

    コース真っ二つに割る裁量無いなら、そこの社員が走ればいいんですよ。

    納品先に迷惑かけ続けたら自社の信用も落ちるんですけどねぇ。

    2019年05月20日 06:42
  • ワイ

    >配達員さん
    おっしゃる通りですし、そのコースは人がコロコロ変わるから、届け先だったり、勘の良い受け取る人なら「おたくの会社どうなってんの?」みたいな事になってそうな気もするんですけどね。って、いち委託業者がそこまで考えてもしょうがないんですけどね。
    2019年05月21日 23:11