再配達有料化と委託との関係を考える


スポンサーリンク


夜布団に入りそっと目を閉じる。一日の出来事を振り返る。そこにはいつもワイの笑顔が溢れている。

さて、各社というか宅配業界は不在による再配達をどうにかしようとアレやコレやと策を講じています。で、その中の一つに再配達有料化という案もあります。ワイはコレ良いと思います。もっと言えば、時間指定も金を取れば良いと思います。時間指定って運ぶ側にとっては、それだけ十分に対価が欲しいくらいの事をしているからです。

時間指定の荷物は言わずもがな、運んでいる人なら誰しも分かることだと思います。あの時間に追われる感覚は良い気持ちではないですから。というか、正直、時間指定で金取り始めたら、運ぶ側は今よりもプレッシャーになって、ちょっとやそっとの事で時間をぶっちぎり難くなりそうだと思いますが・・・。(今現在、時間指定は無料orサービスであり、金を取っていないからぶっちゃけ、運ぶ側とか運送会社側にはぶっちぎっても損害とか損失はないと思っている。)

・・・少し話が逸れたので、話を戻します。再配達有料化は働く側というか運送会社側にとっては良いと思います。ただ、ワイみたいな外部の人間とか委託となれば、ちょっとややこしくなりそうな気配があるなぁ~と思ったので、今日はそこら辺のワイの考察をまとめてみます。

各運送会社が委託にどこまでさせているのか?は分かりません。赤い所は委託であろうとなんであろうと代引き商品を任せているかもしれませんし、青いところも同様かもしれません。緑の所は基本的?表向きには委託に代引きを任せていませんが、実際はその委託業者との付き合いや兼ね合い、センターの稼働状況や人員の状況に応じて、委託業者であろうと代引きを任せてたりします。つまり、緑の所は、人によって代引きを行ってたり行ってなかったりという具合ですし、現金を扱う人と扱わない人が混在しているという状況です。



とまぁ~色々あり、再三書きますが、基本的には(緑の所は)委託は現金を扱わないわけです。となれば、仮に再配達有料化になれば、現金を扱わない委託の人間は再配達の料金をどーなるのか?という問題が発生してくると思っています。

例えば、再配達有料化になったとします。ある委託さんが代済みの荷物を持ち出し、届けようとしたものの不在で持ち帰りとなります。で、その日のうちの再配の連絡があり、二度目で荷物を渡せる状況になったとします。このとき、当然再配達の料金を届け先から貰うことになるのですが、現金を扱わない人は、その対応をどうするのか?という問題が出てくるとワイは思っています。いや、今市民権を得つつある電子マネーとかバーコード決済なら、そういう端末を持たせてそれで処理さえすれば良いですが、それ以外となれば色々ややこしくなるわけです。

そもそも、ドライバーさん達が言っていたのですが、再配達有料化に伴って、一回不在だった場合、再配達時の料金の支払いを渋って、荷物を返品・キャンセルする輩も出てくるとか居留守をかまして返品にまで持ち込むとかそういう事が起こりうるだろうという人も居ますし、逆に、再配達料金が欲しいがために、チャイムやノックなどせず、不在票だけ投函して訪問したという体にしつつ、ちゃっかり再配達の料金をひねるという人も出てくるのではないか?という意見もあります。

確かに、これらの予想は当たらずといえども遠からずだと言えます。ただ、ワイ的には再配達有料化を悪用する人々は、それなりのペナルティも課せられるようになるでしょうから、そんな悪いようにはならないと思います。例えば、客側が何度も返品キャンセルするようであれば、アマゾンや楽天に代表されるようなECショップがその客と取引しないというようなシステムを作るでしょうし、運ぶ側が再配達有料化を悪用すれば、首とか契約解除が余裕でされるようになると思います。やはり、それ相応の対策とか対応はしっかり練られるでしょうから、ワイ的には時期に良い感じになるのでは?と思います。

まぁ~再配達有料化は、運送会社側の不在による利益率の低下を脅しとか怒りという形で世に提案したのかもしれません。そもそも論として、1番の原因は不在なわけで、置き配を基準とすれば、再配達有料化とかなんとかを考える必要が無くなるので、こっちを推していった方がコストも時間も掛からないような気もします。

まぁ~置き配を基準とすれば、物がないだとか盗難されたとかの問題が出てくるでしょう。どっちが結局高く付くのか分かりませんが、どっちにしろ、組織の上の人達は再配達有料化も置き配の基準化もしないし、出来ないと思うので、今以上に技術が進歩しない限りは、再配達有料化はないでしょうし、それまでは委託の人々もぼちぼちやれるかもしれません。

つーか、ワイ的に一番最悪なのが再配達有料化とかした方がかえって、仕事が増えちゃって1個落とすのに時間がかかって、今以上に稼げなくなる・・・。なんていうのが1番恐ろしい。こうなった場合、委託の人々にとっては、再配達有料化は最悪のパターンかもしれません。これだけは避けたいですわ。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • 配達員

    アマはブラックリスト有って発注出来ない様になるらしいですよ。

    その他の通販でも、発注出来ない様になった客を知ってます。

    2019年05月29日 07:17
  • ワイ

    >配達員さん

    それは初耳ですし、貴重な情報です!仮に再配達有料化となって、返品連発してたら、色々おもしろいことになりそうですね。しかし、もうそこまでシステムが出来ているなら、再配達有料化に踏み切っても問題なさそうですけどね。

    つーか、明らかにワイのブログの内容より、コメントの情報の方が有意義な気が・・・。これは58流ブロガーとして由々しき事態です・・・。
    2019年05月31日 00:00