アマゾンタイムセール祭りの結果


スポンサーリンク


なお、ワイの生誕祭には世界各国の重要人物がワイの家に来る模様。

少し前にアマゾンのタイムセール祭りの事を書いたと思います。で、実際運ぶ側・荷量はどうだったのか?アマゾンの商品を多く運んだのか?というのを今日は書いてみようと思います。ぶっちゃけ、こんなしょーもない事を書くということは、ブログのネタが無いという裏返しでもあるのですが、堪忍して下さい。

ワイは3日(アマゾンのタイムセールの最終日)から今日まで稼働したのですが、やはりいつもよりちょこっとだけアマゾンの荷物が多かったです。体感で言えば、いつものアマゾンの荷量の2割増しと言ったところでしょうか。今は宅配業界的には閑散期なので、出来高制の立場としては、有り難いボーナスタイムと言うか恩恵を受けたと言う感じです。

では、どういう人達がこれ(アマゾンのタイムセール祭り)を利用したのか?といえば、意外というか常にアマゾンを使っている人よりは普段アマゾンを使わない人とかあまり見かけない届け先の方が多かったように思います。(無論、普段からアマゾンを使っている人にはいつもと同じように荷物を運んでいました。)

で、こういう普段アマゾンを使わない人達の生活リズムというか在宅パターンを把握できないので、持ち戻りもこういう人達の荷物が目立っていました。さらにさらに、こういう人達に限って、箱売りの飲み物とかを購入しておりまして、団地の5階まで重たい荷物を持って行き、不在でキレそうになるという具合でして、さすがのこの愚行には、仏の代名詞であるワイでも、その荷物を海に投げ捨ててやろうかと思ったくらいです。

ただ、そういう人でも情状酌量の余地があって、しっかり連絡や再配達の依頼をしてくれる事です。もう不在はしょうがないことで、半分慣れているのですが、いまだに頭に来るのが連絡をよこさない人達です。こういう人達の荷物はもうどうすんねんって感じですし、今となっては、連絡を寄こさない人の荷物はこっちで好きなタイミングに行って、不在票投函して、一回くらい返品まで持ち込んでやろうとか思っています。1回くらい損をしなければ、わからないでしょうから。

さらにさらに、ちょっと学んだ?というか、次からはこういう風にしようとかこういう対策をしようと考えた事があって、それがアマゾンのタイムセール期間内で買ったであろう届け先に荷物を届ける時は、届け先に電話して在宅確認をしてから行こうという感じです。

普段であれば、アマゾンでも重たい荷物でも、ある程度ワイが把握している在宅時間だったり名前の感じ(年寄りっぽい名前か若者風の名前か)とか、家の電気が付いているか?とか車があるか?とかで在宅を確認して運ぶのですが、今回は見切り発車的に行ってしまって痛い目にあったという具合です。次からは、アマゾンのタイムセール期間内の荷物で運ぶのが大変な物は連絡してから行こうかなぁ~なんて思います。

いや、運ぶのが大変な荷物は普段からそうすれば良いんですけど、ワイ電話するのが面倒くさいんでね。いちいち電話するのも時間が惜しかったりするし、あと、電話して細かい時間指定とか「何時の間しか居ない」みたいのをされるのがうっとうしかったりするし。

とまぁ~こんな感じでして、ワイとしてはアマゾンのタイムセール祭りの結果はそれ相応に次の対応策みたいのを考えれたかな?と思います。しかし、こんな記事書いて誰かの為になっていたり、面白いと思ってくれるたりしているのでしょうか・・・。最近、ちょっと不安です。まぁ~生存確認くらいの気持ちで書いて、ボチボチでええかな?

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント