トクホのお茶で痩せるとか考える前に


スポンサーリンク


お茶はコンビニのプライベートブランドの烏龍茶に限る!!

言わずもがな、夏の繁忙期で忙しい宅配業界。ここの読者も宅配に関わる人もボチボチいると思います。「皆さんお疲れ様です!!」としか言えませんが、始まってまだ4日しか経過していないと考えると、地獄やなぁ~・・・という感じです。

そんな繁忙期真っ只中ではありますが、アマゾンというのは容赦なく宅配の現場に荷物を流してきます。この繁忙期も容赦なくアマゾンの箱と伝票をみるわけですが、そんな中でちょっと思った事を書いてみようと思います。

アマゾンというのはアマゾンで買えないものが無いというくらい商品があるというのは皆さんご存知の所でしょう。もう本当になんでもあると言っても過言ではなく、そんなアマゾンにはトクホのお茶というのも販売しております。

↓のやつとか

こんなやつです。


トクホのお茶は飲んで痩せるとかカラダに良いとか謳って販売しているのでしょうし、そういうのは女性にはもってこいな飲み物なわけです。そして、ワイはこの繁忙期も500ml×24本=12kgのトクホのお茶を2箱運んだりしたわけです。

これ、普通の個人宅とか一軒家ならまだ良いのですが、ワイが運んだのがエレベーターのない市営住宅の5階なわけです。となれば、必然的に手揚げで5階まで行かなければならないわけです。通常期でもこんな荷物は頭にくるのに、この繁忙期のクソ忙しい中でこんなを運ばなかればならないとなれば、もう頭にくるどころか呆れて物が言えないという感じです。まぁ~客はそんなの知ったこっちゃ~ないというのはわかるのですが・・・。

で、こういう場合、一回とか初日で落としたいとか無駄に体力を使わないという目的で行く前に届け先に電話するのですが、これが電話に出ない。となれば、その住宅の前に行き、部屋の電気が付いているかとかの在宅を確認するわけですが、案の定、人がいる気配がありません。となれば、不在と考えるわけで、荷物を持たずして、5階まで行き、案の定の不在です。

もう不在に慣れていると言えば慣れているのですが、それでも腹立たしいのは変わりありません。で、こうなれば、ワイは不在票を書きつつ、伝票の名前を見てこう思うわけです。
「なんやこいつは。あ?女か?✕✕しちまうぞ」(自主規制+✕✕はご想像におまかせします)
で、案の定持ち戻りで、再配達になるわけです。

そして、2日目ですが、やっとこさ電話が繋がり在宅を確認して、1箱12キロのものを2個も階段で持っていくわけです。もう落ちるとは分かって居ても、イライラするわけです。この2箱を持って、階段上がっている最中は「どんな面しとんねん」とか「てめぇ~で取り来い」とか思いつつ上がるわけです。そして、苦労して体力を使い5階について、チャイムを押して、住人の面を拝むわけです。

そこでやっとこさ、憎き相手と対面するわけですが、そこに現れたのがワイよりもデカく重そうなネーちゃんです。当然ワイは、運んでいる荷物(トクホのお茶)とそのネーちゃんの体型とかネーちゃんの考えてそうな事を鑑みて、こう思わずにいられないわけです。

「こ れ 飲 ん で 痩 せ る よ り こ れ 自 分 で こ こ ま で 運 ん だ 方 が 痩 せ な い か ?」

・・・世の中には、上記のネーちゃんの様に不思議な人がたくさんいます。絶対、12キロ2箱の荷物を自分で持って上がった方が良い運動になるのに、何故かそれしないで飲んで痩せようとか思う人。痩せるためのジムに行くまで車で行く人。その他諸々・・・。

きっと、あのネーちゃんは今後もワイよりもデカく重そうなのは変わらないでしょうし、ワイはそのネーちゃんのおかげで痩せることが出来るでしょう。そんなネーちゃんの事を考えると、なんとなく痩せたくても痩せない人の考えを垣間見た気がしました。

このネーちゃんに限らず、トクホのお茶みたいのは、人気で定期的に購入している人がちらほら居ます。トクホのお茶みたいので痩せるとか健康に気を使うというのも良いのかもしれませんが、その前にもっとシンプルにやらなければならない事があるよね。

なんて、運ぶ側は思っています。そして、それをする事が1番、その人が欲しい結果に近づくような気がしまっせ。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • 配達員

    昨年夏に最高気温36℃の日、エレベーター修理で13Fまで階段で水を運びましたよ。

    死んだ(^o^;)

    2019年07月06日 00:35
  • ワイ

    >配達員さん
    水って財宝とかプレミアムウォーターとかアクアクララとかのウォーターサーバ系の水ですかね?そうであれば、中々痺れますよね~。
    2019年07月07日 15:13