約款通りにすれば持ち戻り個数が減るんじゃね?


スポンサーリンク


不在続きで連絡もして来ないお馬鹿さんでどうしようもない奴のために、返品になるまで訪問すると考えるも、運悪く玄関前で住人に会ってしまうワイ。

ワイは宅配の事は何もわからないとは良いませんが、経験が浅く、その世界の常識をあまり知らないし、ドップリ浸かっているわけでもないので、「不在による持ち戻りはシステムとかルールや運用でどうかならないのか?」とたまに思う事がありました。さすがに、置き配は賛否両論あるので、そこまではルールにするのはどうかな?とは思うのですが、他に手段はあるだろう!なんて思っていました。

で、時間がある時に色々調べていると宅急便約款(各運送会社で名前が統一されていないのここではそう書きます)なるものが存在するみたいなのです。というか、お国の管理下である国土交通省でさえもそういう物を作っていたりします。

国土交通省の宅急便約款
クロネコヤマトの宅急便約款
佐川急便の宅急便約款
日本郵便の宅急便約款

これらのリンクに飛べば各運送会社の宅急便に関する約款が見れます。で、運送会社の荷物引き渡し時の約款の中にはすべてこのように書いています。

(荷受人等が不在の場合等の処置)
前項の規定にかかわらず、荷受人の隣人(荷受人が共同住宅に居住する場合はその管理人を含む。)の承諾を得て、その隣人に荷受人への荷物の引渡しを委託することがあります。この場合においては、不在連絡票に当社が荷物の引渡しを委託した隣人の氏名を記載します。

一応、スマホの民達の為にそれがどこに書いてあるか?を探しやすくするために書けば、ヤマトと佐川は第12条で日本郵便は第13条です。PCの民はリンクからキーボードの[ctrl]と[F]を同時に押して、ページ内検索を呼び出して、隣人と打ち込んでエンターキーを押してください。

この宅急便約款はそりゃ~作っている人は知っているかもしれませんが、現場の人々にとっては無縁のもので知らない人もいるしょう。詠んで時のごとくなので多くは言いませんが、別に不在時、隣人に預けようがマンションの管理人(コンシェルジュとかもそれ?)に預けても良いし、それを不在連絡票にどこの誰に渡したと書けば良いわけです。この約款通りにするだけでもそれなりに持ち戻り数も減りそうですし、再配も減りそうな気もします。

って、現実はこんな約款をみんながみんな知っている訳でもないし、むしろ、知らない人の方が大多数でしょうし、マンションの管理人室はあるものの管理人が居なそうだったり、隣人同士も挨拶する程度とか顔見知り程度とかその隣人さえも居ないだったりするので、難しいでしょうが、この不在時の対応をするだけでも色々変わるんじゃね?ってワイは思うわけです。

で、ワイは無邪気にも、この約款通りすれば良いじゃん!とは思うのですが、多分これ通りにすれば、なにかトラブった時に会社とか上司が運んだ人間に「なんでこんなことした?」なんて事になるでしょう。で、「いや、自分達で作っている約款でそうして良いって書いてんじゃん」なんていう正論言っても、スベり倒すだけでいい結果にはならないでしょう。

あまり突っ込んだことは言えませんが、結局は、不在に因る再配達の労力より隣人預けのリスクorトラブルの方が面倒くさいという感じなのでしょう。それはワイも分からないわけでもないのですが、じゃ~この約款の存在意義って何よ?って思うし、この約款を作っている人とか時間って無意味でしかないわけで・・・。



各運送会社はテレビCMであの手この手で自社のCMをします。民間企業ですから、稼げなければ先がないのは明白です。それはそれで大切な事でしょうが、他方でこの約款を世に知られるような活動とかもして良いんじゃね?って思います。

少なからずとも、「不在による再配達で凄い宅配は大変なのよ~((ノД`)シクシク ウェーン」なんて世の中に不幸アピールして同情を買うとかそういう目で見てもらうよりは、「うちはこういう約款がありまっせ。だから、不在の場合隣人預けとか管理人預けしまっせ」って世の中にアピールした方が明るい目で見てもらえて効果があるような・・・。

なんてことを持ち戻り個数を減らすために色々調べていったら思ったワイです。ともかく、この宅急便約款の不在時の隣人預けとか管理人預けの文言は知っておいても損はないでしょうし、何かの話のネタになるのではないでしょうか?

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント