宅配の世界から考える大学生という存在


スポンサーリンク


なお、ワイという存在はいつもいぶかしい。

さて、少し前に"そういう輩"というワードを残してブログを終わりました。その時の"そういう輩"というのは、端的に言えば、働いた事がない人間が働いている人間に対して、相手の時間とか労力を何も考えずとか自分本位で相手を振り回すor双方力を合わせて1つの事を終わらす事をしない。という意味合いです。こういうどうしようもない人々を社会を知らないとか大人じゃないとか言えば分かりやすいのかもしれません。

企業配の世界では、いっちゃ~しまえば、会社と会社の付き合いの側面もあるので、そういう輩は少ないのですが、宅配の世界ではそうではありません。宅配の世界では、そういう輩がいっぱいで、そういう輩の代表格とされるのが大学生です。

宅配の世界では大学生ははっきり言って最悪の存在です。まず、一人暮らしが多く、学校だアルバイトだ彼氏彼女とイチャイチャとかでいつ家にいるのか不明らしく、ともかく捕まらないらしいのです。そんなのは20代の働き盛りの独身の男女もそうじゃないか!と思う方も居るでしょう。実際、そうなのですが、前者と後者には大きな違いがあります。それが余裕かつ平気でいけしゃあしゃあと時間指定をぶっちぎるとか連絡1つよこさないという事です。

宅配の人で学生街から移動してきた人が居るのですが、この人が言うにはまず、基本的に再配達の指定時間内に居ないとか普通で、中々にパンチが効いてる輩は再配達の時間指定を全部するそうです。具体的には、2時~4時、4時~6時、6時~8時、7時~9時とかそんな感じでネットを介して全時間指定するそうです。で、そんなのは普通に迷惑なので、ドライバーがその受け人に「何時に家に居るのか?」と聞けば、「自分も何時家に居るかわからない。」なんていう実にふざけた事を平気で言っちゃうそうです。実に恐ろしい。

他にも、基本的には長期不在となれば、返品となるのですが、それを知らずに長期不在で返品になった頃に再配の連絡をしてきてあーだこーだなるとかドライバーの愛想が悪いとか態度が悪いとなれば、メールとかお客様相談室とかコールセンターでクレームを言うとか中々に老獪な手段で運ぶ人(働く人)の時間を奪うそうです。

とまぁ~そんな感じで中々な曲者具合属性を有しているのが大学生らしく、どうも大学生達は何回も来るのが仕事とかそれが当たり前と思っている節があるらしく、余裕で運ぶ人間を振り回すそうです。まさに、大人ではないとかビジネスを知らないと言っても過言ではないのかもしれません。

そして、そんな大学生の生態を知ってか、運ぶ側は仲間同士の会話の中では、クソガキだ馬鹿大学生だと普通に話しており、この"そういう輩"達にかなりのストレスがあるようです。

一応、この大学生の荷物対策としては、再配達の場合とかは、受け人に電話して、ともかく家に居ろと脅すくらいの勢いで家に張り付かせるとか1日不在でも長期不在で調査させるとかして荷物を落としているそうです。きっと他にも、落とす方法があるのかもしれませんが、ワイが聞いたところでは、これらの落とし方とか嫌がらせが印象に残っています。

とまぁ~、宅配の世界では、大学生というのは中々の曲者だという話です。もし、これから宅配をしようとか考えている人がいれば、この学生街とか学生が多い所はダメエリアとかダメコースになり得るらしいので、そこら辺は抑えておいても良いかもしれませんね。と同時に、ワイの今居るエリアは大学生とか居ないので、平和だなぁ~なんて思ったって話です。

ちなみに、大学生相手にはこんな荷物の落とし方があるぞ!とかあれば、ワイの今後の為に教えて下さい!

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント