ワイの闇営業


スポンサーリンク


闇営業の中に一筋の光を見いだすワイ。

少し前に闇営業だなんだと話題になっていたと思います。お笑い芸人さんが事務所通さずに仕事をしたとかその仕事に反社会的勢力が絡んでいたとかでワイワイガヤガヤしていたという感じなんだと思います。エエ金というか結構高額な報酬を貰っていたみたいで、ワイとしてはエエなぁ~と思いつつ、何となく思っていたのですが、ワイも実は今現在、闇営業みたいのをしていたりします。今日はそこら辺の事を書いてみようと思います。

ワイの場合、平日に2個仕事をしているというのはここを読んでいる人なら周知の事実だと思います。1個は昼間に企業配をして夕方から宅配という感じです。この2個の仕事ですが、当初はちゃんと昼の仕事をちゃんと終えてから、宅配の仕事に移るという感じでした。ですが、実は昼の仕事の届け先orエリアと宅配会社のある1つのコースのエリアというのは被ってたりします。これもまた、文で書いても伝える力が疎いワイですから、絵にして書いてみようと思います。
エリアpng.png
どうです?みなさん!この力作!中々に繊細さと大胆さ危うさと靭やかさを有している一枚ではないでしょうか!?!?!?

って別にワイの絵を自慢したいわけではなく、ワイの昼の仕事で行くエリアと宅配会社が配っているエリアが被っているってだけの絵なのですが、こういう状況だったわけです。

こういう状況は宅配を始めた時からそうだったわけで、この水色のエリアでお互いすれ違ったりとか同じ届け先で会って、「今日はどーよ?」とか「ここも来るんっすね~」とか「この会社の〇〇っていう奴は危ない」とか現地で情報交換をしてたわけです。

そんなこんなを続けながら日々を過ごしているとある時、宅配のドライバーの方から「行く所が同じなら、どっかで落ち合って荷物流したりとか荷物を営業所に置いてるからちょっと寄って一緒に持っていかね~か?」みたいな提案が舞い込んできました。ワイとしては"コレ"を待っていた部分もあって、即答で「良いっすよ!」なんて言って、今となっては昼の仕事をしつつ、途中で宅配の荷物も載せて、宅配の荷物も配ってたりします。(むろん、その宅配の荷物が全部落ちてた後も、通常通り夕方から個人宅の荷物の配ったりします)

で、こういう事をしていると、届け先ではどういう感じになるか?といえば、昼の仕事の荷物と宅配の仕事の荷物が同じ届け先だった場合、宅配のユニフォームを来て、昼の仕事の荷物と宅配の荷物を同時に渡したり、(この場合、届け先の受け人には「昼の仕事人間でもあるのですが、宅配もやっていて、それで斯々然々・・・」と話して受け取ってもらっている。また逆もしかり・・・。)通門とか通行するのに受付が必要な所は、昼の仕事を請け負っている所属先の会社の名前を書いて、通過して、その会社の中で宅配のユニフォームを着て、宅配会社の人間として荷物を届けたり・・・なんていうカメレオンもビックリな七変化ぶりで仕事をしています。

この仕事の仕方の何が良いかと言えば大まかに言えば3つあります。まず、1つは確実に落ちるという事です。上記の絵の水色のエリアは商流エリアで人が居ないなんて事はまずありえません。と言うことは、確実に落ちるわけで、それはワイとしては確実に金になるという事を意味しているわけです。おまけに個数口とか一軒で3個あるとかザラにあるので、もうオイシイったらしょうがないという感じです。

次が売上効率というか費用対効果みたいのが上がるというのがあります。今まで(宅配の荷物を横流しされる前まで)であれば、同じ距離とか同じ場所に行っても昼の仕事の売上しかなかったわけですが、今となって(宅配の荷物を横流しされている今)は、昼の仕事の売上+宅配の出来高の売上が上乗せされるという感じで、走る距離(ガソリンを使う割合)に対して、売上が濃くなったという感じです。

最後が重要で、なんだかんだ、そのエリアのドライバーを助けて、「ありがとう」とか「マジ助かった」とか言われて、なおかつ、"チップ"も貰えたりする事です。ワイとしては、この宅配の仕事、副業的な意味合いで始めたわけで、正直、お金云々もあるのですが、それよりも力に成れれば・・・的なところで始めたという事もありますし、皆さんご存知のようにワイという人間は、優しいので、困っている人を助けるという事に非常に幸福を感じたりするするわけです。

って、上文の終わり頃は、ギャグみたいなもんですが、実際、運送仕事をやっている人なら分かると思うのですが、自分1人だけでは終わりきらない量とか荷量、荷物が流れてくるとか荷物が噴く事もあるんです。そういう時って、誰かに手伝って欲しかったり、加勢があれば・・・と思ったりすると思うのです。ワイは"そういう時"の存在でありたいと思っていて、それが成せるから気に入ってたりします。人に感謝されるって例えそれが嘘でも気持ちよかったりするもんですし。

とまぁ~こんな感じで昼の仕事をしつつ、昼の現場の人間には黙って闇営業として宅配の荷物を一部運んでまっせって話です。



このワイなりの仕事のスタイル?というか闇営業スタイルは誰しもが出来ることではないのかもしれません。今の昼の現場と宅配の現場があってこそ成せるという外的な要因がかなり大きいでしょうし、言い換えれば、どっちかの仕事が切れれば、このスタイルが成立しなくなるという事も意味していますし、ともかく、今のワイにしか出来ない事だと思います。

しかし、今のワイの立場というのはこういう事が出来るし、これが魅力だと思っています。自分なりの工夫1つでお金を稼げる。ワイは世間様をあまり知りませんが、きっとワイはこういう自分なりの働き方とか稼ぎ方とかをその場面、場面で考えて行かなければ生きていけないでしょうし、多くの人にとっても、今後はそういう世の中になるのでは?とは思います。一番最初に触れた闇営業も、その芸人さん達にしか出来ない事だったのかもしれません。生憎、営業先がヤバかったのは否めないですが、その稼ぎ方とか働き方は強く糾弾できないような気もします。何故なら、その方達も肩書的には自営業者とか個人事業主的な存在なのでは?と思うからです。

って、また最後は話が逸れましたが、ワイもそれなりに闇営業してまっせって話です。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • 配達員

    自営ですから如何に効率良く稼ぐかは大事ですよね。

    貪欲にやらないと軽貨物で稼ぐのは難しいと思います。

    2019年08月19日 06:19
  • ワイ

    >配達員さん

    おっしゃるとおりです。というか、ワイの宅配の環境に関しては貪欲にやればやるだけ自分の売上になるので、これは恵まれた方かな?と思います。

    なんにしろ、効率よく稼ぐとか時間を有効に使うのはかなり重要なことかな?とも思います。
    2019年08月21日 23:06