梨 葡萄 米


スポンサーリンク


いいよーいいよー。今年のワイ(新米)は良いよー。

秋は食欲の秋なんて言う言葉があります。それを体現するかのように、宅配の方の荷物では、まさにそーゆー荷物ががっつりと流れて来ております。梨とかブドウとかです。

こういうナマモノ系は届ける側は結構ややこしかったりします。どういう事かと言えば、通常の腐らない様な荷物なら1日不在でも何も処理することがなく、3日不在で長期不在となり、届け先に連絡とか送り主に連絡とかになるのですが、ナマモノまたは、腐敗の恐れがある荷物だとそうもいきません。具体的には、腐敗の恐れがある荷物は1日不在で長期不在となり、即調査をかけなければならなかったりします。

基本的には、こーゆー荷物は在宅率の高い家にしか来ないのですが、たまーにあるんですね。不在が。そうなれば長期不在の調査依頼をかけることになり、ひと手間増えて、大変なわけで、ちょっとめんどくさかったりします。

おまけに、ブドウとか梨は皆さん、1個とか1房を送るわけでなく、ある程度纏まった数を送るので、そこそこの重量があり、これがまた大変。
って、そんな事は、送る方も受け取る方もそんなのお構いなしではあるのですが、まぁー運ぶ側として、中々に体力を消耗する荷物ではあります。


しかーし!!この葡萄とか梨とかよりもゲテモノの荷物があります。それが米です。この時期は新米の時期っぽく、田舎から子供や友達にって感じで、他の月に比べて米の荷物が多いわけです。

こいつがもう最悪で流れて来た時はテンション下がりっぱなしです。言わずもがな、軽くて5キロくらいで大体皆さん10キロくらいの米を送る訳ですが、重たい事この上ない。通常、宅急便は25キロ以内で長さの合計が160cmまでの物しか受け付けないのですが、現場でブーブー言われている特別規格(30キロ以内で長さの合計が200cmまで)で送れる商品があり、米に関してはこの特別規格で、送られて来る訳で、米30キロとかが来たりする訳です。

この米30キロの恐怖は中々です。個人宅とかならまだ良いのですが、当然マンションや団地がありますよね。マンション系は5階以上なければエレベーターを設置する義務がなく、階段だけでも良いのですが、来るんですね。こういう階段だけの所に米30キロとかが。となれば、どうなるかと言えば、米30キロを手上げで持っていくわけです。ワイは米30キロを3階まで持っていったわけですが、2階あたりから、怨みにも似た感情がふつふつと湧き上がり、この時ばかりは、宅配1年してきて初めて堪えました。

受け取る方も「うわー。大変ね!ありがとう!」なんて言ってくれるのですが、正直ね…。
という感じで、食欲の秋というこの時期に、食べ物系に振り回されている秋の28流宅配委託業者のワイの1日をかるーく書いてみました。
宅急便で米を送ろうと思っている方!出来れば10キロ以内くらいでお願いします。で、無ければ届け先が良くも悪くも印象に残ってしまいますから。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • 配達員

    私のところには定期的に、お米30キロが5Fの家に来ます。

    ムかムカムカ~~!

    2019年10月10日 06:57
  • ワイ

    配達員さん

    出勤してあの荷姿を見た時のガックリ来る感じはこーゆー仕事でしか味わえない辛さですよね。労働環境とか仕事の辛さを軽減するという面で考えた時、もう20キロ以上の物の荷受けは辞めてもエエと思う。
    2019年10月12日 23:11