緑の運送会社の件でワイが思った事


スポンサーリンク


2020とZOZOの見分けが付かなくなっているワイ。

ちょっと他人の不幸が好きとか世間の動きを逐一チェックしている人なら、ご存知だと思いますが、緑の宅配会社のとある現場で手が出る足が出るみたいな動画が流れちゃって、ちょっと世間様がざわつきました。これについて、またしてもワイが思ったことみたいのを書いてみようと思います。

正直、別にワイはその騒動の渦中に居るわけでもないし、手を出したり、手を出されたりした訳でもないので痛くも痒くもない!そして、何故あんな手が出るとかにまでなったのか、当事者同士の事情を知るすべもないので、何も言えない!

ただ、あ~ゆ~光景はワイのセンターでもあります。って、別に手が出るとかは無いですが、説教する・されるとか怒号が飛ぶとか朝の荷量を見て悲鳴が聞こえるとかは通常営業で、その延長線上で手が出たぐらいにしか思わないので、まぁ~あ~ゆ~光景はどっかで行われてただろうなぁ~くらいにしかワイは思わないし、宅配とか物を運ぶ仕事の人々にとっては、良くも悪くも"日常"とか"たまに聞く話"くらいにしか思わない人が多数なのではないでしょうか?今回、それが運悪く?運良く?発達したインフォメーションテクノロジーのお陰で世間様に知られた・・・という感じでしょう。

そして、緑の宅配会社としては、その手を出した方の社員を"厳正に対処する"なんてプレスリリースしておりますが、正直、現場としては手を出した方が現場を知っていると予想するので、この冬の繁忙期時期に第一線から外すような事はしないでしょうし、厳正なる対処は冬の繁忙期が終わってからの話になるでしょう。

今回の件で不幸だよなぁ~と思うのが、緑の宅配会社の運送会社としての効率の良さです。これ、どういう事かと言えば、緑の宅配会社って他の運送会社に比べてセンターor物流拠点が多いんです。青い所とか商業貨物がメインの会社は営業所の数が少ないし、そういう会社の営業所って殆どと言っていい程、その県の物流会社が多く存在している街に多くあるので、当然そのエリアにはそこ業界の人しか居ないし、当然そこの業界の事を知っている人であれば、今回の騒動を"日常"とか"たまにある出来事"くらいにしか思わないわけです。

しかし、緑の宅配会社(赤い宅配会社も含む)は地域密着というか、ドライバーの移動距離を短くして車での長距離での移動というのを極力減らすという効率の良さから、後者の運送会社達に比べて街というか地域の至る所に営業所があります。つまり、緑と赤の宅配会社の近くにあるのは、他業界の会社だったり、お店だったり、ごく普通の住宅だったりするので、物流業界の"普通”が外様にすぐ見れちゃうような環境なわけで、その環境と今の技術の進化とこのご時世の流れが相まって、少し世間様を騒がした・・・というのがワイの思う所であります。

本当は、手を出すとはけしからん!٩(๑òωó๑)۶とか怒られてた方可愛そう(ノД`)シクシクとか書いたほうが良いのかしれませんが、何故そうなったのかは分からない以上、本当に何も言えん!

とまぁ~ワイは今回の件ではそう考えたわけですが、ちょっと話が変わって、情報を発信するとか自分が思っていることをアウトプットする立場としては、多分、一番良い思いとか良い気分なのは、怒られていた人が自分の不遇さを世間様に知られて同情をしてくれた・・・とかではなく、その動画をインターネットの海に流して、自分の思った事を世間様と共有・共感して、人に自分の存在をアピールした人でしょうね。本当、便利な世の中になったもんですわ~。

世間的には正義の刃を振り回した方がかっこいいので、あーだこーだ言ってそうですし、確かにどれも「そうですよね」っていう意見が多数だと思うのですが、5流委託業者として世間様に言いたいのは、今回の件みたいな事はまぁ~ちょっと行き過ぎたくらいの話です。って事ですし、こんな状況があるのは、個人宅関係で言えば、皆さん余裕で不在をかましたり、時間指定や再配達を余裕でブッちぎったりしている背景があったり、商流で言えば、160サイズの荷物が30個とか平気で飛んできたり、エゲツない集荷の数とかがあったりするわけです。

きっと、自分で荷物を1回で受け取るようにするよりもネットで正義を振りかざす方が楽だから、今後も何も変わらないでしょうし、世間とか世の中がガラリと変わらない限りは、いつまでたっても"物流業界の日常"は続くでしょうなぁ~。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント