赤い所の仕事や荷物の良い所・悪い所



赤いワイと言えば、Yahooのロゴ!
unnamed (1).png
つまり、ワイはYahoo!

赤い所で宅配して4日たったわけですが、ここで赤い宅配車の仕事の良い所と悪い所みたいのを挙げていこうと思います。



まず、良い所と言えば、荷物が比較的小さい物が多いのが挙げられると思います。

ワイの感覚的には、青い宅配会社は重量物やでかいサイズの物に強い、緑の宅配会社はありとあらゆるサイズが平均的にある、赤い宅配会社は小物に強いみたいな感じだったのですが、まぁ~そのイメージ通りです。

持ち出し30とかでも荷台の2.3割くらいしか使わず、それも全部荷物の上に荷物を載せるなんてこともなく、ともかく全て荷台に直おきです。

これ、探しやすい事この上ないし、運ぶのも楽なのでアレは良いと思います。

あと、8時9時の間に配完した荷物は1個辺りの金額に夜間料金みたいのが加算されるので、それも良いと思います。

で、正直良い点はこれくらいで、悪い点ももちろんあります。

まず、8時9時の荷物の存在と冷凍冷蔵代引きコレクトも運ぶ事が1つ。別に8時9時とか代引きコレクトは良いにしても、冷凍冷蔵を保冷バッグで対処するって、品質的にどーなんだろうか?とは思います。

これまでもこれからも夏が来るわけで、そんな中で保冷機能が弱い保冷バッグで対応するって運ぶ側としては、解凍クレームの率が高いような気もします。

あとは、やはり範囲が広いor荷物が少ないというのも悪い所かな?と。って、これは赤い宅配会社が悪いわけではなく、コースを作っている側の問題なので、赤い宅配会社が悪いわけではないのですが・・・。

なんつーか、初めて行く・やるので大切なのって、範囲が狭ければ狭いほうが良いわけです。

それは結局、同じ所を何回も通るからすぐに道も覚えて、不在で何回も行くことが出来て、番地を覚えやすいから、結果的に戦力になる時間をあまり費やさなくていいと思うのです。

ただ、範囲が広いと回るだけで精一杯で、覚えながら稼ぐとか覚えながら仕事するというような事はしづらいような気がします。

で、結局こうなるのも一つの町、1つの丁で荷物が少ないからそうならざるをえない訳で、結果的に足を広げざるをえないという感じなんでしょう。

まぁ~仕事や運ぶ側として感じた良い所・悪い所はそんなところです。色々めんどくさいけど、やってやれてない事もないので、後はこれに慣れるか慣れないかの話でしょう。


ただ、ここからは全くワイには関係ないことですし、別にどーでもいいことなのですが、不思議なもので郵便局の物流関係の収益ってワイが今いる所に限っては、黒字だそうです。

営業は大本がしているわけで、現場の人達は熱心にしているわけでもなさそうですし、配達個数も少ないし、集荷も少なそうなのに、黒になる理由がよーわかりません。

緑の宅配会社風に考えれば、1つの集配担当店の住所に、4つ5つもセンターが入っているようなものだから、営業所としては黒になりやすいのかもしれませんが、それでもね・・・。(ちなみに、貯金とか金融・保険関係はあ~だこ~だあって赤字だそうです)

やっぱ~あの手紙とか郵便関係の取扱個数が凄いから黒になるんですかね?よ~分からないし、ワイも別にそこまで重要な事でもないので、あまり気にしていませんが・・・。

まぁ~来週は月曜から稼働で、月曜は宅配関係は総じて、荷量が少ないからボチボチやろうかななんて思います。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント