おっさんの話



ワイもおっさん。貴方もおっさん。みんなおっさん。

赤い所にきて約1週間が経ちました。自分のコースのメインの道と町と町と境とか7割くらいは分かってきたような気がします。

ワイは今は、朝の仕事に行く途中とかに宅配のコースの地図を観て、復習予習に励んでいます。多分、これをするとしないとで色々変わって来るんだと思います。



緑の宅配会社が全国的に委託を切った事であぶれた委託業者が色々動いているのはご存知の所でしょう。ワイももれなく移籍した人間です。

そんな移籍先に別の緑の宅配会社のセンターから移籍してきた委託さんがいます。年は多分60とかそこら辺でしょう。まぁ~おっさんというかもうおじいちゃんとか中年です。

このおっさんが中々に曲者で、やれ冷凍冷蔵代引きは行きたくないとかなんとかかんとか年齢がなんだかんだと言っていて、周りを困らせているようです。確かにおっさんの言いたい事は分かります。

ワイも緑の宅配会社では、冷凍冷蔵代引きを持ち出す事はなかったですし、これらの荷物を扱うのはそこの社員の人達だったので、そういうのを運ぶ文化が無いというのも理解できます。

ただ、今ワイらが居るのは、赤い宅配会社なわけで、そーも言ってられないのです。そして、そんなに嫌ならもう辞めるしか無いし、実際おっさんも、もう後ろ向きな雰囲気があります。ということで、多分おさらばになるでしょう。

別におっさんのその後を心配してもしょーがないですが、多分・・・ねぇ・・・。

前にチラッと書きましたが、ワイの地域にもアマゾンフレックスが来るという事で、おっさんはそっちに行くとかチラッと話していたのですが、どうなることやら・・・。って、ワイもおっさんを心配できるほど、余裕があるわけではないのですが・・・。

ワイは青い宅配会社をすべて知っているわけではないですが、委託同士の情報交換の中では、分類的には青と緑は親しいものがあるし、赤い所はちょっとまた毛色が違うような気がします。で、Amazonはまたそれらとはまた違う属性かな?とは思います。

もっと具体的に何が違うのか書ければ良いのですが、仕事の仕方(冷凍冷蔵代引きを誰が運ぶのか?)とか方法(端末の操作はどうなのか?とか締め作業は簡単なのか複雑なのか?)とかです。なので、これはやっている人間とかそこに居る人間にしか分からないことでもあります。

そう考えた時、赤い所の所属先を降りてAmazonに行くよりは、青い宅配会社と関わりのある方に行った方が良いんじゃないのか?なんて思うのですが、まぁ~そんな事言ってもね・・・。

って、結局何が言いたいんだ!ワイよ!って方に言いたいのは、委託って確かに嫌ならすぐに辞めれるし、訳のわからない飲み会とか残業とかしがらみとか権力闘争に巻き込まれるなんて一般の会社に比べたらないので、まぁ~気が楽と言えば楽です。

他にも自分で個人事業主として色々出来たりするから、大変だけどまぁ~自分の力が物を言うみたいな所もあります。

ただ、話を戻して宅配とか委託の面では、あまりより好みしていると結局は自分で自分の首を締めるなんていう結果になるんじゃないのか?とワイはそのおっさんをみて思ったという話です。



話が少し変わりますが、ワイは別に緑の宅配会社の人間でもないし、恨みみたいのも無きにしもあらずですが、そのおっさんは緑の宅配会社で何を学んでいたんだろうと思います。

緑の宅配会社に居たなら、そこの従業員の人達が大変だったのは知っているはずです。そして、その人達の頑張りがあるからあそこは良くも悪くも成り立っていると思うわけです。そういう姿をみて何かこー考える事はなかったのでしょうか・・・。

もっと言えば、最初に書いたあれ嫌これ嫌とか言って現場に迷惑をかけるという事は、それはなんつーか、赤い宅配会社から「緑の宅配会社はどーなってんの?」なんて思われないかねないわけで・・・

それって緑の宅配会社の現場の人間に敬意を払われなくなる事だってあるわけで、結果的には緑の宅配会社の委託は使えないとか思われたら、緑の宅配会社の現場の人間に顔向け出来ないのでは・・・なんて思います。

おっさんもワイも緑の宅配会社の委託しか経験してなさそうですし。

って、別にワイが気にする事でもないのですが、ここに出てくるおっさんでもやれていた緑の宅配会社は良いところでもあるのかもしれないし、逆に緑の宅配会社からしてみたら、やっぱ~委託ってアレだよね・・・みたいな話にもなるんでしょうね・・・。

人の振り見て我が振り直せではないですし、ワイも気楽に見えるかもしれないけど、ワイもワイで色々思う所があったりまた色々あるって話です。

本当、しょうもない日記ですいません。早い話、赤い宅配会社っちゃ~緑の宅配会社からみたら、色々大変って事です。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント