赤い宅配会社の繁忙期



道路脇の溝で蜘蛛の巣を張っている蜘蛛を観て哀れ悲しむワイ。

今日から夏の繁忙期でございます。全国津々浦々様々な繁忙期を迎えていると思います。

果たしてワイは今年の夏の繁忙期に何を思うのでしょうか。終わった時が楽しみです。

一応、ワイは赤い宅配会社で初めての繁忙期を迎えるのですが、赤い宅配会社の繁忙期はワイ基準で考えればかなり特殊です。

まず単純に余裕でギフトお中元を2.3町分弾いてる人間も居て、なんつーか、やる気みたいのあるの?なんて思います。

ただ、緑の宅配会社みたいに委託揃えて、その日のものは極力未配を残さないみたいな事をせず、今の現状の戦力で繁忙期を迎えるのであれば、そういうはじく行為も致し方ないのかな?とは思います。

しかし、なんつーか現場の雰囲気的に委託の人間も赤い宅配会社の従業員も"THE繁忙期"みたいなのがなく、良くも悪くも元親方日の丸だよなぁ~なんて思います。

ワイに至ってはこの繁忙期にも関わらず、平月と同じ持ち出し40とかで何じゃそりゃ?という感じです。

(なんかよく分かりませんが、ワイのコースの人間が意図的に夜しか居ない人間のギフトしか流さなかったそうで、配慮というかなんというかそういうのがあったようです。)

まぁ~なんにしろ、ギフトを今の段階ではじいていたら、後半きつくなるのは自分たちなのではなかろうか・・・。

というか、赤い宅配会社は本当に謎が多くて、朝着の路線便の荷物が少なく、それに伴って、当然朝持ちの荷物は少なくて、2便が一番多く、3便がちょっとあるといった感じで、宅配の側からしたら、朝からある程度の個数揃えておけよなんて思うのですが、どうもそんな事はしないようです。

どー考えても、朝のほうが在宅率が高くて、昼とかかなり在宅率が悪いのに、何故2便が1番多く、宅配する側に不在率の高い時間帯に行かせるようなシステムにするのでしょうか?

まぁ~ここらへんの赤い宅配会社の仕事のやり方にもんくつけてもしゃーないのでここらへんで。



一応、1日やっているワイの隣のコースの若人は今日で(ギフトも極力行って)持ち出し150個とかで、繁忙期チックな何かは読み取れます。

他の人間も概ね100個以上の持ち出しがあるようで、まぁ~本当赤い宅配会社的にはそれでも充分なのかも知れませんし、宅配をボチボチやるとかそ~言う意味では本当赤い宅配会社は良い所なのかもしれません。

この持ち出し個数もなにかの参考になれば幸いです。

ちなみにワイは土曜日はまるっと1日宅配をするのですが、かなり恐怖を感じています。

それはちゃんと出来るのか?とかそーいう意味ではなく、繁忙期で120個くらいは持ち出しねーと、稼げねーぞみたいな・・・。

まぁ~それはまた成果が数字で現れるのでそれを期待することにしましょう!

最後に誰か分かればおせーて欲しいんですけど、赤い宅配会社は個数もやる気も効率も緑の宅配会社に比べたら無いのに何故黒字で、緑の宅配会社は個数も現場の人間の活気ややる気や殺気も効率もその他諸々凄いのに何故赤字なんでしょうか?

よっぽど親方日の丸って価値がありお金が流れてくる何かがあるのか、よっぽど緑の宅配会社の経営がいただけないのか・・・。

この業界の闇は深そうだ・・・。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント