重ねる歳が恐ろしい



通販で買った荷物を受け取らずに、配達票を貰おうとして配達員から突っ込まれるワイ。あ~職業病も恐ろしい。

いつも軽貨物・軽運送メインで書いているわけですが、他方でワイの日記なので今日も好き勝手書こうと思います。

ワイももう30代前半です。自分ではまだまだ若いほうだと思っています。

それは日本の年齢別の人口の割合からしてもそうですし、今いるギョーカイの年齢からみても同じだと思います。

そんなワイは大のラーメン好きでもあります。特に住んでいる地域柄ラーメン(特に豚骨ラーメン)がソウルフードみたいな所があり、それを週一くらいで食べるのが今まではフツーでした。

ちょっと前までは別にこのラーメンを食べても特にキツイとかなんとか無かったのですが、最近になってもうキツくなってきたわけです。

昨日の仕事終わりに、「今日はラーメンじゃ!」とか思って深夜に食いに行ったは良いものの、大詰めの第4コーナーあたりからきつくなり、最後はなんとか意地で流し込んだのですが、店出て2分23秒後にはリバース。

まぁ~そこのラーメンはこっちでも濃いほうですし、1日何も食わずに働いてあとにそんなのを流し込んだから、体が受け付けなかったのかもしれませんが、それでもちょっと前に比べたら、こー機能低下とか体力の低下を感じる訳で・・・。

ワイはまだ気持ちは若いほうなのですが、体がそれについて行かないといった具合なのかも知れません。



こういう歳を重ねる事による弊害は何も食だけではありません。仕事の面でも思うこと・感じる事があります。

このギョーカイ、幸か不幸か多分他のギョーカイに比べて若いピチピチの人というのは多くはありません。

大体が30代後半から50代が多いですし、何なら定年迎えそうな人とかもう80代の人も居たりします。

大凡の人間が大きな病気をしてなく、健康そのものです。なんなら、普通の仕事をしている人達よりも体は細いですし、メタボとかそういうのとは無縁な人々が多数な気がします。

という事で、内面の健康はわかりませんが、外見の健康は良いと思います。

ただ、中には脳梗塞から復帰して仕事をしている人も居て、そういう人はドクターからの助言もあり、あまり本格的に働いていないなんていう人もいます。

詳細は伏せますが、脳梗塞から復帰後は年収なり月の売上が30%減という感じでしょう。

基本的に運送関係は、体が資本な商売でそういう自分の体の変化や周りの人の体の状況にすごく敏感になります。

そして、体というのは年齢を重ねるごとに機能低下や老朽化するのが常です。いつどうなるのかは神のみぞ知る世界です。

そんな風に考えた時、ちょっとこー思う事もあり、近々避けていた健康診断なるものを受けようと考えています。

土曜日にも人間ドックや健康診断をしている病院というのはポツポツあるみたいなので、夏の繁忙期が終わったら、ここぞとばかりに体を改めさせてもらおうなんて考えております。

ワイは自分が衰えているとは心の奥底では認めたくなった所がありました。

しかし、ここに来てもうそうも言ってられないなぁ~なんて思います。

多分ですが、己の機能低下とか老化は自分にしか分からない事ですし、自分自身がしっかりそれを認めて、あーだこーだするのが健康の基本であり、第一歩なんだろうなぁ~なんて思います。

昔、ワイより年配の人が歳を重ねるのが怖いとかなんとかを聞いていて「そんなビビることか?」とか心の奥底で思っていたのですが、今になってその気持ちが分かるような気がします。

ということで、みなさん、健康診断いきーや!

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント