台風時の車の避難場所を考える!立体駐車場が1番良いかも!



台風の目で愛を叫ぶワイ。

九州中国四国地方は今まさに台風10号の真っ只中だったり準備をしている人だったりが居るでしょう。

ワイの生息地域も今回の台風10号の進路内に入っているので、昨日は色々と準備をしておりました。

具体的には食料品の買いだめ、スマホのモバイルバッテリーの購入、窓やガラスにガムテープ貼る等々…です。
写真 2020-09-06 7 51 13.jpg
今回初めてこのモバイルバッテリーというのを購入して使うわけですが、ちょっとワクワクしてます。

なんでも、4台分も充電出来るとかなんとかなので、これで仮に停電とかになったとしてもスマホやタブレットは使えるので、あーだこーだ暇つぶしが出来そうな気がします。

あんまり大きな声では言えないのですが、みなさん朝からホームセンター行って水だガスボンベだベニヤ板だ懐中電灯だなんだを買い占めており、売り切れに次ぐ売り切れ、争奪戦からの殴り合いが行われていました。

それはまさにバイオハザードが如くの世界観でした。

って、後半は少し盛りましたが、モバイルバッテリーとかには目もくれておらず、多分停電からのスマホが使えないとかそーゆー状況も考慮した方がエエのでは?とか思ったとか思わなかったとか…。

どっかの有識者が言いそうな事ですが、もっと言えば、水だなんだを買うくらいならホテルとかそっち系に一日泊まるとかしたほーがトータルで観たらコスパ最高な気がすると思うのですが…。

あーゆーホテル系ってホテルにも依るのでしょうが、災害時の備蓄品とか設備が揃っているわけで、こういう時にそういうのを頼るって意味では最高にエエ気もするのですが…

というか実際ホテルも満室とかなんとかみたいですし…。

まぁ~人それぞれに考えや事情があるのでこれ以上なんも言えないし、ワイも実際それをしていないのであーだこーだ言えませんが、こういう時の人から観て学ぶことはたくさんありそーです。

さて、そんなワイはモバイルバッテリー購入以外にもう1つ実行した事があります。

というか、実際はそっちがメインだったりするわけで、それは何かと言えば、何を隠そう車の避難です。

仕事柄、車は相棒であり現状ワイのお金を生み出す設備です。

これが台風で飛んでいきました、破損しました、動きませんではワイの胃袋に直結します。

という事で、車の避難を昨日の時点で済ませてきました。

では、どこに避難させたかと言えば、立体駐車場です。
img_parking.jpg

生憎ワイの家の近くとかにはなく、車で15分20分くらいの所に市が管理している立体駐車場があったのでそこに置いてきました。

昨日の時点では見る限り避難っぽいの車が少なかったので良かったのですが、おそらく今日の昼くらいからもう…。

こういう災害時には車の避難場所という言葉があっているのかは分かりませんが、スーパーやショッピングモールで有名なイオンが災害時の指定公共機関として機能するようですし、パチンコ屋など(特に大手のマルハン)もそういう機能を有しているそーです。

全部のイオンやパチンコ屋が避難場所の機能を有しているのか定かではないため、個別にお店なり役所なりに聞く必要があるかと思いますが、それでもこれらのお店にそれらの機能があるのは知っておいて損はないと思います。

ということで、車がなければ仕事にならないとか車がなければ生活できないなんていう方はとりあえず立体駐車場に車を避難させてはどーでしょうか?

ちなみにですが、イオンだパチンコ屋だが避難場所として機能するようになった背景というのが近年多くなっている自然災害の結果です。

近年の水害や台風の被害の大きさから各地の行政なり国がイオンだパチンコ屋に「いざという時はちょっと使わせーてや」となって、指定公共機関になっているそーです。

ただ実際には立体駐車場というのは他にもあって地域のスーパーや大きい病院なども立体駐車場があったりします。

病院の場合は、患者が殺到するとか色々あるので病院関係者以外の駐車を禁止しています(ワイの知っている病院では)が、いざという時はこーゆー所もそこのお店や病院の独自の判断で開放されるような事態や状況もあるかもしれません。

ワイは昼の仕事も夜の仕事もこの台風期間はないので、これを機会にちょっとこー色々おろそかになっているやれる事をやろうと思います。

ちなみに立体駐車場の何階に停めるのが一番ええかはわかりませんが、多分2階なり3階がベストだとワイは判断しました。

それは言わずもがな、風は天に近ければ近いほど強い訳でそう考えた時、地上ではなく程よく高さもありかつ低階層と考えた時、これがベストだと思います。



とまぁ~ここまでワイなりに出来ることをしたという話をしたわけですが、問題は台風が去った後です。

どこの運送会社もほぼ日月の集配がないし、他の地域も台風地域の集荷を制限なり停止しているので、そうなれば火曜とか水曜くらいまでは荷量が少ないはずです。

それはそれで良いのですが、場所によっては被害が甚大過ぎて何も出来ませんなんていう所もあるでしょうから、遠足は帰るまでが遠足ではありませんが、台風も被害がない、回復するまでは台風なのかもしれません。

良くも悪くもワイの生活的にも被害は最小限に留まる事を祈るばかりです。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント