日産の全契約社員が正社員になるらしい



やっちゃえ日産









なんていうつかみで始まるブロガーは48流ブロガーのワイ以下

それとな~くTwitterみていたら、全契約社員なんていうハッシュタグがありました。

なんじゃこりゃ?なんて思ってクリックしたら…


日産が全契約社員を原則正社員に、財務に余裕で人材確保へ

日産自動車は国内の主要拠点で勤務している全契約社員を原則的に正社員として登用する方針を明らかにした。

業績の大幅悪化を受けて進めてきたコスト削減の成果で財務に余裕が出てきたこともあり、待遇を改善して人材の確保に努める。

日産広報担当の百瀬梓氏は「職場の業務ニーズや働く人々の価値観や就労ニーズの多様化に対応」するため、同社に在籍する契約社員を今年4月に正社員とすると明らかにした。

現在800人弱いる契約社員を正社員化することで職場の一体感向上や効率・効果を高めた業務運営が可能となるほか、個々の社員のモチベーション向上やスキルアップを図っていくとしている。

事情に詳しい関係者によると、正社員と非正規労働者との間の不合理な待遇差の解消を目指して政府が提唱する「同一労働同一賃金」の原則に対応する。

職場管理の効率を向上させるのも狙いで、従来の契約社員制度は廃止するという。

~中略~

1999年、経営危機に陥っていた日産に出資したルノーから送り込まれたゴーン元会長による「リバイバルプラン」では、国内工場の閉鎖や2万1000人の人員削減などを柱とする厳しい施策を打ち出した。

直近の日産の赤字規模は当時に匹敵する規模となっているが、現段階で国内のリストラは実施しておらず雇用を維持する姿勢が鮮明となっている。

引用:ヤフー・ニュース



要約すれば、800人弱の日産の契約社員さんが正社員になるというニュースです。

これには、ネット民も賛否両論みたいですが、ワイはこの裏側?ではないけど、点と点が繋がって線になったので、今日はその事を書いてみようと思います。

去年の暮れくらいにコロナで経費削減成功した会社や業績アップした会社が多そうという記事を書きました。

その中で…

ちなみに、あまり大きな声では言えませんし、知っている人は知っているでしょうが、大手の自動車メーカーはコロナ前からあんまりよろしくなかったのですが、このコロナでもう風前の灯火だそうです。

ワイの昼の現場の社員さんから聞いたのですが、その大手の自動車メーカーの従業員さん(派遣さんとか期間工さんとかそういうのではない人)は、コロナで自宅待機になったのですが、そのまま「もう会社に来なくていい」なんていう事になった人も居るようです。

この話を聞いて「世の中恐ろしい」と思ったのはワイだけではないと願いたいものです。


というのを書きました。

この大手自動車メーカーがどことは言いません。

どことは言いませんが、多分この「もう会社来なくていい」で上記のニュースの会社同様に、「業績の大幅悪化を受けて進めてきたコスト削減の成果で財務に余裕が出てきた」のは間違いないわけで、だからこそ、全契約社員を正社員に出来たと思うんです。

つまり…

4月から正社員になる800人の人達の裏側というか、なれた理由はそれ以上とかそれに匹敵するような「もう会社来なくていい」の人達の犠牲があるのだと思います。




この日産の行いに、多くの人は肯定的ですがワイは別に肯定はありません。

多分ですが、多くの会社がしなければならないこと(要はもう会社来なくていい人達に対して会社来なくていい様にする)をして、人の入れ替えをしたまでであって、特に良いも悪いもないと思うんです。

ワイで言う所の時間指定の荷物を時間内に届けるとか誤配をしないとかと同様だと思うんです。

さらにもっと言えば、まだ契約社員とか正社員とかそんな身分とか立場を重視しているのは結構恐怖だとも思います。

ちなみに、今回正社員になる800人の人達はどう思っているのか分かりませんが、仮に「正社員になれたラッキー」とか「これで勝ち組コース」とか「やっと安定した」とか思っているとします。

確かにそーなのかもしれませんが、多分その800人の内の何人とか何十人とかも将来的には「もう会社来なくていい」という事になるかもしれませんし、ワイは他人事ながらそうならない事を祈るばかりです。

しかしですよ!ニュースの〆では、「国内のリストラは実施しておらず雇用を維持する姿勢が鮮明となっている。」なんて書いています。

多分、ニュース通りにリストラも人員整理もしていないでしょうけど、上手い事自主退職になっているんだろうなぁ~なんて思いますし、これがワイとしては点と点が繋がったなんて思っています。

まぁ~ワイは匿名のブロガーなんでこの話は話半分で聞いてや!

そして、「もう会社来なくていい」ってなった人達は、委託で宅配に参入してワイを楽にしてください。

それでは!

スポンサーリンク

この記事へのコメント