宅配初心者新人がやりがちなミスみたいなものと気をつける事

新人なら多少のミスも甘く見てもらえるので、出来ることならワイも永遠の新人・初心者でありたい。 今の宅配の仕事の環境というのは前の環境と違い、経験者初心者新人含め、人がサラ金の利子の如く、十一の利子の如く、まぁ~増える増える! この4ヶ月で新人らしき人が3人くらい入ってきたと思います。 この3人のうち1人はそつなくやっているのですが、残りの2人がなんつーか、ミスがボチボチ起こっているな…なんて思っています。 では、このミスというのは何なのか?なぜ新人初心者はミスが起こるのか? というのを宅配歴2年でそのうち半年間は休業していたという空前絶後の超絶スーパーミラクル大ベテラン(笑)のワイがさも神様や天才の如く、誤解を恐れず反感を恐れずに上から目線で思うことを書いてみようと思います。 宅配のミスと言えば、誤配が皆さん思い浮かぶことだと思いますし、それに類似したような事として荷物の紛失があります。 誤配はまだなさそうなのですが、二人共共通して起こすミスがあり、それが何かと言えば、最後の最後に個数が合わないという事です。 この個数が合わないというのがどういう事かといえば、営業所に帰ってきて締めの作業をする前に不在の荷物を戻すわけですが、その時に端末上の不在の数or配完個数の数と実際の持ち戻りの数or配完の数が合わないという事です。 もしくは端末上で持ち出しはかけたものの、未配達がデータとして残っているなんて事もあります。 これ多分そこそこ歴の…

続きを読む

ワイが思う宅配新人初心者の育て方~ワイはどうやって宅配が出来るようになったのか?~

藤岡弘、「わたしはね~ワイさんのブログがね~好きなんですよ~」 (参照:月刊仮面ライダー8月号 特集初代仮面ライダー藤岡弘に聞くwithコロナ時代の貴方の日々の過ごし方) 赤い宅配会社は楽勝だと思われているのか、それとも他が募集していないのか、それとも今時期良い求人が無い故に人が集まるのか定かではないですが… 「宅配初めてです。物運ぶの初めてです。」みたいな人がボチボチ入ってきています。 何でも聞いた所によれば、今時期の求人雑誌というのがもうペラペラで本当に求人が少ないようです。 それはさておき、そうなってくると初心者とか新人さんが宅配をするわけですが、まぁ~中々に苦戦しているようです。 とは言っても…朝から晩までやって持ち出し50とかでなんつーか、まぁ~色々あるよね…なんて思います。 つーか、それなら派遣とかアルバイトした方が硬いような気もするのですが、まぁ~人のことなのでこれ以上は… (ちなみに、その方はお昼にちょこっと抜けなければならないようでそんな数っぽいのですが) その新人さんが苦戦しているのは何も本人の力量不足だけでもなくてなんつーか、周りもあんまりよろしくないのかな?とも思うのです。 周りがよろしくないのがどーゆー事かと言えば、何でも2.3日毎に行く場所周る場所が変わるらしいのです。 これ、多分そこそこの経験者でも最初は厳しい事だと思うんです。 それを初心者にやらせるって中々に痺れる事だと思うんです。ワイ的に。 …

続きを読む

軽貨物でまだやっていない仕事やってみたい仕事

自民党総裁選 本命:菅義偉官房長官 対抗:石破茂元幹事長 穴:岸田文雄政調会長 大穴: ワイ元参議院議長 今更言うことでもないですが、この軽貨物・軽運送の仕事や業務委託という働き方は嫌いでは無かったりします。 それは自由度が高いし、売上も悪くないし、変なルールや束縛や付き合いもないからです。 そんなワイですが、現状は宅配と企業配or(企業専属便)の二本立てでやっているのですが、実はまだまともにやっていない軽貨物の仕事があります。 それが商業貨物系の仕事と赤帽に代表されるような緊急配送と言われるようなスポット・チャーター便です。 嫌いではない仕事ですから、出来れば一度はこのやっていない仕事というのをやってみたいのですが、あまり縁なり時間がないのです。 ただ、商業貨物系の仕事に関しては、別にツテがないわけではなくて、1社そういうのをメインでやっている運送会社の従業員と繋がりがあります。 お互いに何かあれば声かけるし声掛けてね!なんてゆーて関係はあるので、いざとなれば空きがあるのかないのかは別にして、話ぐらいは出来る環境にあります。(この場合多分別の所属会社に所属する可能性が出てきますが) しかし、スポットチャーター便とかそっち系のツテがなく、実はワイは一度はこの手の仕事をやってみたかったりします。 そもそもなのですが、ワイの周りにはスポットやチャーターをメインでしているとかそーゆー知人が居ません。 なので、そっち系の仕事に縁がないのかもしれま…

続きを読む

宅配のセンスの本質とか正体とかそういうもの

仮にワイに宅配のセンスがあったとしても本当に欲しいのはフットボールのセンスと音楽的センスです。 物を運ぶ仕事というか、宅配の世界では「宅配のセンス」という言葉があったりします。 この宅配のセンスという言葉というか、そーゆーのが使われる場面とか感じるのは、大概が先輩が後輩の仕事っぷりを観て使われているような気がします。 「こいつはセンスがあるとかない」みたいな感じで使われる言葉です。 どういう場面や状況で使われるかと言われれば、なんというか初心者とか初めて宅配する人の仕事の出来具合とか勘の良さとかそういうのを感じてセンスがあるとかないとか言われているような気がします。 他は同僚や同じ現場同士の人間でその場に居ない第三者を評価する時に使われているような気がします。 この宅配のセンスというのがワイも良く分からないのですが、なんつーか、ワイなりのこの宅配のセンスの本質とか正体そーいうものを書いてみようと思います。 そもそもセンスってどういうものなのでしょうか? それをまず調べることにしまして、インターネットの海にあった広辞苑でセンスを調べた記事から参照します。 そこには… 「物事の微妙な感じ或いは意味をさとる働き」「思慮分別」 用例として「センスのいい服」が挙げられている。 と書いてあるそーです。 また、隠れ優良辞書のgoo国語辞典では 1 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現さ…

続きを読む