夏になれば何故か運んでいる物

この一週間、特に忙しいというわけでもなかったですが、何故かブログ更新が滞っておりまして・・・。つまり、ネタがな・・・・。 嬉しいのがブログ更新が少なくても誰からも「早く更新しろ!」「なんで更新しないんだ!」なんて催促されないこと。逆に悲しいのが催促されないこと。こういってはなんですが、催促されない=誰も楽しみにしてないなんていう考え方もできるのですから。 ワイは趣味の一つにニコニコ生放送を観るというのがありまして、そこで人気の配信者と言われる人達は毎日のように配信を待ち望んでいるリスナーというのがいましてね・・・。待ち望まれるだけの物とか価値なんですよね。人気の配信者の配信は。ワイもそういうポジションになれればいいなぁーとは思いますが。 で、本題に入りますが、夏にだけ運ぶ物ってのがあります。それがポカリスエットやOS-1といった清涼飲料水と塩飴等の所謂、熱中症対策商品です。きっと運送や物流、倉庫作業に関わっている人は夏になれば、否が応でもこれらの商品を見かけると思います。 昨今、熱中症というのが昔より社会問題?みたいなことになっておりまして、建設業や工場関係や現場仕事で働く人のために会社側がこういう対策を施している(or施さなければならない)ようです。つーか、ワイの所属会社でもドライバーにそういう熱中症対策の商品を配ってたりします。 これらの商品は運送や物流業界にとってはかなり忌み嫌われるものです。なぜかと言えば、ポカリスエット1.5L×6本入の重たい箱を5箱とか10箱運…

続きを読む

ケチは損をする

ワイは密かに思っている事があります。それが今の現場と所属会社の契約が来年のどこかで契約打ち切りになりそうだなぁってことです。つまり、ワイは今の現場は居ても2019年12月31日までだろうということです。 現場で働いている中で感じるのが今の現場先はなんつーかケチなんです。余計な残業代は払いたくない。でも、多くの荷物を運んで欲しい・・・。みたいな。確かに我々委託業者なり委託者は労働力の提供をしているから使えるところまで使いたい、きっちり働いて貰いたいという思考になると思います。それが自社にとって利益になるわけですし。しかし、我々ドライバーも人間なわけで、当然そういう使い方をすれば、不満があがるわけです。で、その不満がどこに行くかと言えば、まずは所属会社の営業マンとか同僚とか役職付きに行くわけです。「現場がきつい」とかそういう感じのやーつです。 で、その不満が所属会社内で徐々に認知され、行くドライバーが次々と音を上げるとか人が寄り付かない、行きたくないとなればトップの人々に知れ渡ることになり、契約解除ということになるわけです。 いやいや、大事な売上なんだから簡単に手放したくないだろ。売上こそ第一なんだから。なんて考える人もいるかもしれませんが、所属会社の社長はそういう人ではないんですね。こういうドライバーの酷使に凄いシビアな人で過去あまりにも色々酷すぎて、客にキレた様な人なのです。何故キレたのか?その真意は何か?というのはその現場に居たわけでもはないので詳しくは分かりませんが、一つ言え…

続きを読む

管理がゆるいと現場は好き勝手する

企業専属便・定期便というのは耳にタコが出来るくらい聞いた話かもしれませんが、ある会社の輸送部門の運送を引き受けるという形態・契約です。出来高制でもなければ、きっちりした日当制でないワイと所属会社との契約では、契約時間を過ぎての労働は時給制になり、ワイの売上になります。で、この残業代の出処ですが、所属会社が現場の会社に請求して支払うという形です。もちろん、所属会社がいくらか抜いてワイの手元に来る・・・わけですけど。とまぁーこの契約時間外の売上をここでは便宜上、残業代という名前にします。 で、現場の会社は結構高い残業代を払いたくないらしく、定時上がりを推奨します。しかし、今のワイは通常の荷量であれば、契約時間内には余裕で終わるのですが、そうでない場合は契約時間を過ぎての労働になります。契約時間内で荷を捌ききれないと朝の段階とか仕事の途中で分かれば、その時点で現場の会社に伝えて、色々対応するらしいのですが、真面目なワイとしてはそんな事はしません。現場の会社もそれでてんやわんやするのは目に見えてますし、余計な負担を増やすという事も分かってますから。 まぁーそういう忖度とは別に、その日の荷物はその日に終わらせたい、持ち出した荷物はもう終わらせたい。ということもあるし、ある意味残業代を稼げるチャンスだから、乗るっきゃないこのビックウェーブに・・・ってなり、稼ごうってなるわけです。ということで、契約時間外でも走って仕事をしてたりします。 これによって、所属会社は現場の会社に残業代として請求する…

続きを読む

晒される管理部門

梅雨が来る!雨が降る!ジメジメする!濡れる!嫌や!梅雨は嫌や! さて、本題に入りますが、会社組織は一般的には営業部門、製造部門、研究部門、管理部門等々で形成されていると思います。で、それらの部門って立地的に一緒ではないと思います。具体的には製造・研究部門等はどっかの工場や建物にあり、営業・管理部門はそれとは別の場所とか別のエリアにあったりします。 しかーし、ワイが行ってるある会社はそんなところじゃない所があります。どういうことかと言えば、製造部門のど真ん中に管理部門があるんです。どういう部署なのかは詳しくは分かりませんが、ともかく「え?その部門が工場内のど真ん中にあるの?」って感じなんです。なんつーか、野球のグラウンドのど真ん中に青空教室があるみたいな感じなんです。ともかく、異様なんですね。 で、その工場内のその部門なんですが、特に柵とか小屋があるわけでもなく、360度どこからでも見られているんです。おまけに機械の音とかも普通に聞こえるから結構騒がしい。傍から見れば、晒されているわけです。 ワイはそこに初めてきた時、なんつーか、悲しい気持ちになりました。管理部門って基本的に利益を生んでるわけではないじゃないですか?どちらかと言えば、組織を円滑に回すための部門でお金を稼ぐところではない。そうなれば、まぁーヘイトとか憎しみとか嫉妬の対象になりやすい部門なわけで、なんかそういう圧とかプレッシャーをビシビシ感じさせているし、感じてるんだろうな・・・みたいな。いや、実際の所は工場のど…

続きを読む