買い溜め

溜めて溜めて溜めて・・・・ソニックブーム!!!! みなさん引き篭もるために買い溜めをしているそうです。食料品とかなんとかその類でしょう。で、店は開いてるからそんなことするな!って誰かが言ってましたね。多分、お国とか行政とかそこらへんですよね。 これはあくまで個人がパニックにならないでねって事だと思います。その数(人数)が多いのが問題ですが、個人で買い占める・買い溜める量はたかが知れています。それは金額とストックできる量・キャパシティが限られているからです。 しかし、世の中は広くてですね、なんというかあまり知られていない買い溜めの物ってのがあり、今日はそれを書いてみようと思います。 そのあまり知られていない買い溜めの物ってのは、言うまでもなく、企業や会社や製造業の消耗品です。 たとえば!!病院や食品関係であればマスクや手袋。工場であれば材料。会社であれば紙類とかそんなのでしょう。こいつらというのが、個人とは比べ物にならないくらい金額とストックできる量とキャパシティがあります。 この上記のこいつらが買い占め・買い溜めをするとどうなるでしょうか? そうですね。ありえない量の荷物が来るわけです。普段なら手袋やマスクを1箱しか買わない所が、ここぞとばかりに20箱買っちゃうとかこの先どうなるか分からないと踏んで、あらゆる可能性も考えて、なんか普段買わないような物まで買い出すとかあるわけです。 で、そういうのが個人の数には及ばないものの、そこそこの数がある…

続きを読む

お引越しのお仕事のお話

魔女の宅急便の主人公キキの初仕事。事故、荷物事故、荷物紛失、それに伴うドライバーの独断での替え玉等々に憤るワイ。 3月というのは人が動く前の月というのは皆さんの周知の事実でしょう。4月が卒業、入学、入社、転勤とかそーいう時期で、多くの人が引越をするわけです。 当然、引っ越しも物流のお仕事ですから、運送関係にお声がかかったりするわけです。そんなお引越しのお仕事がワイの所属会社にもあるみたいで、先週、先々週とその手のお仕事に行ってきました。 一応、単発(スポット)のお仕事で、仕事内容としては楽です。今をときめくタレント橋本環奈とのデートを脳内で想像しながらでも出来るくらいに楽な内容で、おまけにお値段も良い。まさにお値段以上引越し♪な仕事でした。 仕事内容がどんなものかと言えば、引越しの準備で必要なダンボールとか資材を引越しする家に届けるという感じで、ダンボール枚数が多ければ大変ですし、マンションとかであればめんどくさいですが、まぁ~軒件数も大したことないですし、仮に荷物が多くても2.3往復で終わるので、楽だったとしか言いようがありません。 また、やってみて分かったのですが、以外に不在が少なく、不在でも客との事前の打ち合わせで資材を玄関前に置いてきて良いというところもあって、まぁ~運ぶ側がありがったです。なかには、オートロック前に置いて良いなんて所もあって、さすがの置き配の帝王・ワイも「結構大胆やなぁ~」とひいたくらいでした。 どうやら、この時期は引っ越し…

続きを読む

大学生はアルバイトするよりもフリーランスとか委託した方が良いし、バイトとの組み合わせとかも良いかも。

なんて書いて親御さんからクレームをうけるワイ。 今日は自分が若い時に「あ~すれば良かった」「今振り返ればこういう風に時間を過ごせばよかった」という後悔の意味も含めて思う所を書こうと思います。 5流宅配委託業者の看板をぶら下げているワイですが、宅配をしていて思った事があります。それが大学生はアルバイトするよりも委託とかで宅配した方が良いんじゃね?って事です。 筆者も人生の夏休みである大学生という時間を過去過ごした事があります。この時代は正直、暗黒時代です。って、別に今風に言えば、陰キャだったとかリア充ではなかったとかではなく、所謂、しょーもない大学の出身で、勉強もせずに大学終わりにアルバイトして夜中に遊んでいたとかそんなんだったからです。 正直、大学生の時間の使い方とか生活は今もそれが本質だと思います。で、アルバイトというのは多分大学生であれば誰でもすることでしょう。今はどんなアルバイトが主流かは分かりませんが、おそらく飲食店とか小売関係がメインでしょう。 時給も昔よりも良いでしょうし、まかないとかも魅力かもしれません。 ただ、なんつーか、時間を切り売りしているだけで、あんまり良いお金の稼ぎ方とは思いません。確かに時間や日にちに融通がきくとか魅力でしょうし、同年代が多いとかは良いと思います。 しかし、この時期に「自分で稼ぐ」みたいな事をやっていれば、将来会社組織に入って、自分の中で自問自答とかあ~だこ~だなった時に、大学時代の「稼ぐ」という経験が…

続きを読む

何故配達で会社関係はたらい回しにされるのか?

パスカットからの速攻プレーにリヴァプールスカウトのラブコールを受けるワイ。 配って回る仕事をしていると必ず会社関係の荷物と出会います。それは企業配にしろ商業貨物にしろスポットにしろ宅配の商流にしても同じだと思います。 そんな会社関係の荷物で多分一度は誰も出会った事がある「これここじゃない」「これあそこの部署」みたいな所謂、たらい回しというのがあります。 これが運ぶ側としてはうるさくて、「いやいやしらんがな。ここで受け取れや」とか「同じ会社なんだから受け取れや」とか「じゃ~最初からそう配達票に書くように言っとけや」等々思うはずです。 って、こういう事が起こりうるのは、広い敷地にたくさん部署が有るとかビル1棟に同じの会社の様々な部署が存在しているとかで、窓口が1つしかないような所ではこんな事は起こりえません。 諸説あると思いますが、ワイが聞いた、とある会社の何故こういうたらい回しが起こるのか?はたまた、何故そいつが受け取らないのか?というのを書いてみようと思います。 こういうたらい回しが起こる会社というのは、得てしてすごい人数の人が働いていて、日々いろんな人がその敷地内に入り色んな仕事をしています。となれば、極稀に詐欺師的な奴も侵入するわけです。 で、こういう詐欺師的な人が中々にすごくて、別にその会社のどこの部署とか誰からも依頼されていないのに、「消防設備の点検に来ました」とか言って、中に入って本当に消防設備を点検して回って、終わったら会社を出るわ…

続きを読む