アマゾンタイムセール祭りの結果

なお、ワイの生誕祭には世界各国の重要人物がワイの家に来る模様。 少し前にアマゾンのタイムセール祭りの事を書いたと思います。で、実際運ぶ側・荷量はどうだったのか?アマゾンの商品を多く運んだのか?というのを今日は書いてみようと思います。ぶっちゃけ、こんなしょーもない事を書くということは、ブログのネタが無いという裏返しでもあるのですが、堪忍して下さい。 ワイは3日(アマゾンのタイムセールの最終日)から今日まで稼働したのですが、やはりいつもよりちょこっとだけアマゾンの荷物が多かったです。体感で言えば、いつものアマゾンの荷量の2割増しと言ったところでしょうか。今は宅配業界的には閑散期なので、出来高制の立場としては、有り難いボーナスタイムと言うか恩恵を受けたと言う感じです。 では、どういう人達がこれ(アマゾンのタイムセール祭り)を利用したのか?といえば、意外というか常にアマゾンを使っている人よりは普段アマゾンを使わない人とかあまり見かけない届け先の方が多かったように思います。(無論、普段からアマゾンを使っている人にはいつもと同じように荷物を運んでいました。) で、こういう普段アマゾンを使わない人達の生活リズムというか在宅パターンを把握できないので、持ち戻りもこういう人達の荷物が目立っていました。さらにさらに、こういう人達に限って、箱売りの飲み物とかを購入しておりまして、団地の5階まで重たい荷物を持って行き、不在でキレそうになるという具合でして、さすがのこの愚行には、仏の代名詞であるワイ…

続きを読む

再配達有料化と委託との関係を考える

夜布団に入りそっと目を閉じる。一日の出来事を振り返る。そこにはいつもワイの笑顔が溢れている。 さて、各社というか宅配業界は不在による再配達をどうにかしようとアレやコレやと策を講じています。で、その中の一つに再配達有料化という案もあります。ワイはコレ良いと思います。もっと言えば、時間指定も金を取れば良いと思います。時間指定って運ぶ側にとっては、それだけ十分に対価が欲しいくらいの事をしているからです。 時間指定の荷物は言わずもがな、運んでいる人なら誰しも分かることだと思います。あの時間に追われる感覚は良い気持ちではないですから。というか、正直、時間指定で金取り始めたら、運ぶ側は今よりもプレッシャーになって、ちょっとやそっとの事で時間をぶっちぎり難くなりそうだと思いますが・・・。(今現在、時間指定は無料orサービスであり、金を取っていないからぶっちゃけ、運ぶ側とか運送会社側にはぶっちぎっても損害とか損失はないと思っている。) ・・・少し話が逸れたので、話を戻します。再配達有料化は働く側というか運送会社側にとっては良いと思います。ただ、ワイみたいな外部の人間とか委託となれば、ちょっとややこしくなりそうな気配があるなぁ~と思ったので、今日はそこら辺のワイの考察をまとめてみます。 各運送会社が委託にどこまでさせているのか?は分かりません。赤い所は委託であろうとなんであろうと代引き商品を任せているかもしれませんし、青いところも同様かもしれません。緑の所は基本的?表向きには委託に代引きを任…

続きを読む

宅配と天気

晴れのち曇り時々雨。所によっては一時ワイ。 宅配は届け先だった不在だった場合、持ち帰りとなります。となれば、また行かなければならないわけで、面倒くさいです。しかし、外的な要因によって、人がいつもより居てくれる状況というのがあります。そうです。それが雨や強風などの天候不良の時です。 先週・今週は全国的にも天気が大きく崩れて(強風や豪雨)ちょっとしたニュースにもなっていたと思います。関東圏では、通勤時間帯に大荒れになるとかなんとかで、出勤がうんちゃらかんちゃらみたいな話もあったようです。で、ワイはちょうどその期間でも、せっせこ配っておりましたので、今日はそこら辺の事を書こうと思います。 ワイの住んでいる地域では先週の週末(金土日)は大きく天気が崩れて、大雨だったり、強風だったりしました。金曜は週末で在宅率がいつもより悪くなるのですが、この日だけは皆さん早く家に帰ったみたいで、いつもの金曜日よりは荷物が落ちてくれました。 本来は土曜日は休みなのですが、なんか出て欲しいと言われ、ちょうどGW中の収入減を補いたいと思っていた自分の思惑と相まって、土曜日もせっせこ配ったのですが、天候不良の恩恵なのか、いつ行ってもどこ行っても、人が居て本当にストレス無く配れました。と、ここまで書けば大体の人は理解してくれているとは思いますが、宅配は天気が悪ければ悪いほど荷物が落ちて中々にええ感じで仕事が出来るという事です。 じゃ~いつも天気が悪い方が良いよね!って思う方もいるかも知れませんが、それ…

続きを読む

炎上する隣のコース

月と太陽。これらはあまり知られていないがワイを拝みたいが為に毎日顔を出す。著:ワイ「ワイと世界史(宇宙編)」より引用 ここのところ、宅配の事ばかり話していたので、久しぶりに企業配の話をしようと思います。隣のコースが大変で、人がハマらず、えげつないと言う件は度々話していると思います。少しの前までワイとは別の所属会社から来ている人間がそこを回していたのですが、流動性が高い物流業界ですから、良い条件を求めてまた去っていきました。 となれば!その所属会社からまた新しい人が来れば良いのですが、何故かそんな事はなくそこで契約終了。荷主(現場先)は、また新たな委託先(運送会社)と契約して、いまその新たな委託先がワイの隣のコースを回しております。 が!当然、人や会社は変われど大変なコースには変わりないわけで、去日、その新たな委託先がなんかお偉いさんを連れてきて、荷主に負担軽減を要請していました。正直、その問題のコースを回していたドライバーは、ワイ的には「よーその量を回しているなぁ・・・。あんたスゲ~よ」とは思っていたのですが、反面「いつかこの爆弾に火はつくだろうぁ・・・」とは思っていました。 で、荷主側もその要望に真摯に対応して負担軽減に乗り出したのですが、荷物を減らすなんて事はしません。それは荷主側としては「荷物を減らす=売上が減るor利益率が悪くなる」ということですから。じゃ~その負担or荷物がどうなったかと言えば、 ①商業貨物を主にしている路線便に荷物を振る ②ワイと同じ所属会社…

続きを読む