宅配のコツ

たった1年くらいしかやっていないのに、さも50年やっているかの様にブログに書くワイ。 今日は自分の宅配の復習の意味と今後のためとかやってきた事を忘れない為に、宅配のコツとか稼ぐコツみたいのを書こうと思います。 ズバリ言ってしまえば、効率的にやる(無駄を無くす)ことと記憶する事が全てだと思いますし、これはすごく密接に関係していると思っています。 効率的にやるっていうのをもうちょっと噛み砕いて書けば、宅配で効率的にやるってのはたった1つで、荷物は行く順番に載せるとかになるでしょう。 最初はどうしても「どこの番地・町から入る」とか「どこをどう回るか?」みたいのが分からないと思うのですが、慣れてくれば、頭の中にその街の地図が出来上がるとか道がつながってくるので、「今日はこの番地から入ろう」とか「今日はここがあるからこっちの番地を潰してからこう回ろう」とか考え始めるんです。 と、そうなった時に、荷物の積み方というのが大切になってきます。当然、最初に行く番地や町の荷物は自分の1番近い所に置くし、後の方に回る荷物を下や土台、後ろの方にすれば、探す手間が省けます。 最初の頃は伝票の種類やサイズ、荷姿を荷物を積み込む時に把握できないので、届け先に着いたは良いけど、荷物を探すのに時間を食われ、結果、荷台が無茶苦茶になるし、宅配名物の不在の荷物の置き場をどうするか?みたいな事もあったりで、けっこう大変です。 ともかく、荷物を効率的に探せるように配置して、探す手間を省くとか自分な…

続きを読む

軽貨物・軽運送業務委託の協力会社・受託先・所属先の種類

業務委託とフリーランスの違いが分からないという貴方に朗報!その違いはズバリ貴方の気持ち一つだ!(出典:猿でもわかる現代の教養辞典206P第6章) 今日は軽貨物の個人事業主と協力会社や所属先とか親元の現在の種類とか情勢みたいのを書きたいと思います。 まず基本的には軽貨物で開業した後は、2つに別れて、それが自分で営業して荷主を探し、契約するかどっかの運送会社に委託として協力会社なり所属という形で所属します。おそらくですが、ほとんどの人が後者のどっかの会社に所属して仕事を回して貰うと思います。 そして、前者の営業して荷主と契約した場合は、そこの仕事をやることになります。後者の場合は、その所属先が持っている数ある案件・仕事の中から自分の求めるものとか条件に合ったものを選んで、その案件の仕事をするという形になります。 で、この流れをワイ画伯はまたしても徹夜して絵にしてみました。 この涙ぐましい努力をきっとどなたかは認めてくれるでしょう。 ・・・話を戻します。で、大体の人がどっかの委託とか協力会社になって所属するわけです。この所属先が重要なのは理解できると思います。正直、割りに合わない仕事とかハズレの仕事とかもあるわけですから。 ただ、今回のテーマはそこではなく、所属先の種類の話です。この所属先と言うのは、本当に無数にあります。例えば、個人でやっている軽貨物が委託を募集していればそこに所属できるわけですし、また軽の委託を集めた軍団みたいのもあって、そこに所属することも…

続きを読む

何故ワイは緑の宅配会社に委託契約を切られたのか?

切った張ったが外科の世界。切った切られたが委託の世界。 今更ですが、何故ワイが緑の宅配会社の委託契約を切られたのか?というのをワイなりに書こうと思います。 結論から言えば、雇用に負けたというのが全てでしょう。ぶっちゃけた話、委託も派遣もアルバイトもパートも全て経営的とか会社の懐事情からみれば一緒で、どこも一緒なのかもしれませんが、外注費的な扱いでしかありません。 それらは当然、経費削減が叫ばれ始めたら、真っ先にいじられる立場の人達です。多分、会社的に経費削減とか人件費を削れとかなれば、 委託(派遣)>パート・アルバイト>>>>>>>>正社員という感じでいじられるでしょう。 結局の所、正社員はおいそれとクビにできないから、委託だ何だが切られるわけで、それにワイは巻き込まれたのです。つまり、正社員という身分には敵わないのです。まずはこれが1つでしょう。 次が緑の宅配会社の委託に対する考え方です。緑の宅配会社的には、委託は所詮が"外部戦力"でしかありません。青い所とか赤い所であれば、おそらく、緑の所よりも外部戦力的な色は少なく、どちらかと言えば、"協力会社"みたいな感じでしょう。そういう会社の考え方・方針もあって、結局はエエように手のひらで転がされるわけです。 また、労働時間とか会社の風評もかなり関係していると思います。どういう事かと言えば、一時期ニュースなどで残業代未払いとか劣悪な労働環境が取り上げられたとかあ…

続きを読む

無いのはマスクだけでは無いらしい。

アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)よりミディ=クロリアン値が高いワイ。 久しぶりに企業配している中で、今の社会情勢で思ったことを書いてみようと思います。 新型コロナウィルスが猛威を振るっているのは皆さんご存知でしょう。それに伴って、マスクが品薄とか品不足というのは周知の事実だと思います。 ただ、マスクがないないとピックアップされがちですが、実は他にも無いものがあったりします。それが手袋と化学防護服・保護衣です。 ワイの昼の仕事の荷物は、工場とか会社に仕事の現場で使うような道具を配達して回っているのですが、ここ最近になって、手袋とか化学防護服・保護衣がないそうです。ちなみに保護衣ってどんなの?っていう方に物を紹介すると・・・ こんなやつです。よくニュースとかでこんな服着た人達を見かけると思います。こんな服が化学防護服・保護衣というそうです。 おそらくですが、品不足の1番の理由は、中国で物凄く必要とされていて、それでそっちに回ってうんちゃらかんちゃらって感じなのと、そもそも中国で製造していて、今その中国がてんやわんやで製造数が減っているとかが原因って感じでしょう。 他は色んな国の医療従事者とかお国の機関がいざという時の為に集めているとかもあるかもしれません。 そして、もう一つが手袋です。手袋と言っても多種多様なので、これが品不足!ってのは無いのですが、どうやら軍手以外のゴムが原料の手袋がないっぽいです。 これまた理由はワイの憶測ですが、…

続きを読む