実は移籍先もちゃっかり探している

先々はリヴァプールに移籍して活躍するワイ。 ワイは強欲なのか今の赤い宅配会社の環境にちょっと満足していません。 って別に現場の人間に悪い人は居ないし、所属先との条件も今は悪くないのですが、いかんせん個数や仕事の進め方とかがゴミなのです。 5時前に来て荷物が30~40個くらいの間で、ぼちぼちやる分には良いのですが、不完全燃焼感があるのを否めないのです。 まぁ~他にも色々あるのですが、大体がそんなところです。 となれば、委託の最大の武器、もしくは車両持込みの委託者のメリットってその身軽さ故の転籍だったりするわけです。 緑の宅配会社は現状委託を集めていない、赤い宅配会社は個数が少ないとなれば、アマゾンの傘下に入るか青い宅配会社しか無いわけです。 で、ワイの場合アマゾンよりは青い宅配会社の方が性に合っているし、時間的な事も考えれば合っている気がするので、そっち方面の委託の会社の人間とチラッと話していたりします。 ワイは別に根暗な方でもないので、馴染みのコースで被っていた青い宅配会社の傘下にいる委託の軍団のそれなりの人にちょろっと話を聞いたりしています。 なんでも青い宅配会社さんも慢性的な人不足で、特に宅配の方での人が欲しいとの事。 昨今の働き方改革からの労働時間削減と物流業界をかけ合わせた時、労働時間を伸ばすのは個人宅の配達な訳で、ここをどーかしなければ、働き方改革もクソもない。 そこで時間に縛られない委託さんが"ステキ"なわけで、そういっ…

続きを読む

この世で一番簡単に売れるもの

youtuberが流行りVtuberが流行る。その次に流行るのはYtuberだ! 今日はなんつーか、今みたいな業務委託者というかフリーランスみたいな立場になって思うこと、強いては宅配を始めてちょこちょこ思っていた事を書こうと思います。 ぶっちゃけ、これから軽貨物の業務委託で働く人とか宅配をする人向けの話ではなく、ちょっとこー精神的な事というか、働くことの意味みたいのを万人向けに匿名という卑怯な手を使って書いてみようと思います。 宅配の委託を始めてから、丸1日とかではないですが、売上の上げ方なり収入の得方というのがお時給や日当ではなく出来高です。 なので、自分が頑張れば頑張った分だけ自分の身になりお金になります。(この一文、まさにブラック求人に書いてそうな文言そのままです。) となれば、別に時給や日当みたいにそこに居て、言われたことを卒なくやっていればお金になるなんて事はなく、まさに自分次第や自分のスキル次第というやつです。 自分のスキルという事は荷量にもよるのですが、時給換算すればその地域のアルバイトの1時間の時給相場の2倍3倍くらいは1時間で稼げたりします。 つまり、この場合何を売っているのか?と言われれば、自分の時間ではなく自分の宅配スキルや配達スキルみたいのを売って稼いでるわけで、だからこそ時給の相場よりも稼げるし、逆に稼げない人は稼げないのだと思います。 このスキルを売ると対極というか反対側にあるのが時給なり日当なりの時間の売買だと思…

続きを読む

元請けとの契約の落とし穴みたいなもの

ワイも可愛い子との恋の落とし穴におちてみたい。 もう6954587回くらい書いていることですが、ワイは委託です。 委託であれば、直請けとか2次受けとかあり、赤とか青とか緑とかの宅配会社と契約しているのは、大体が協力会社や委託の軍団が多いです。(中には個人でも直接契約している人も居ます) そして、まぁ~ワイみたいのを含め多くの委託は、宅配会社と委託契約している会社なり委託の軍団から仕事を貰って、仕事をしているというのは皆さんご存知のところでしょう。 そして、言わずもがな、ワイみたいな立場(大手の運送会社と委託契約している組織や委託軍団から仕事をもらう立場や企業配で地場の運送会社から仕事を回してもらっている立場)は、どれだけこの組織や委託の軍団(一般的には元請け先)と良い条件で契約出来るのか?みたいなのが一番のポイントになると思います。 ここらへんの事はもう常識みたいな所なんで、この後の下りは省きます。 そして、みなさん如何にして元請けから良い条件なり良い内容で契約するか?自分が望んだ環境でやるか?みたいのが一番に考えると思います。 実際そうなんですが、そこばかりに目を取られても多分あんまりよろしくないかな?とかフッと思ったわけです。 別に宅配会社に限らず何でもそうなんですが、その会社と協力会社との委託契約はもう千差万別十人十色百人一首五十歩百歩です。 例えば… 緑の宅配会社であれば、委託には冷凍冷蔵やコレクト代引きを運ばせる所や運ば…

続きを読む

委託側と委託業者は読んでほしい軽貨物で日給月給・日当制と出来高どっちが良い?

一番良いのは不労所得。 ワイは今、昼の仕事の収入の得方は日当制とか日勤月給と言われる収入の得方です。 この日勤月給・日当制は、言うてしまえば、1日どれだけの荷物があろうとどれだけ荷物が少なかろうと貰う金額は一緒です。 そして、現場先のカレンダーに準ずるので、まぁ~変な会社の変なカレンダーでなければ、土日祝大型連休は休みです。 ただし、出なければ売上にならないので、これも言うてしまえばアルバイトと同じような感じでしょうし、月給制のサラリーマンとは正反対です。 そして、夜は1個配ってなんぼ、1個落としてなんぼの出来高制の宅配をしています。収入は便宜上書き記せば、自分が配れば配った分だけ自分の売上になります。 ワイの場合は、1日やっているわけではないので、どちらかと言えば残りカスを配るみたいな感じなのです。 現状、ワイは日勤月給・日当制の仕事と出来高の仕事を組み合わせて1日の収入を得ているのですが、両方しているワイ視点で、委託する側(委託側)と委託される側(委託業者)双方にとってどっちが良いのか?メリットとデメリットみたいのを書いてみます。 まず、日勤月給・日当制を委託される側(委託業者)視点で書き記せば・・・。 基本的には定期的な収入を得られるので、初めてする人とかボチボチ稼ぐのを主とした委託業者には良いと思います。 特にこの契約方法はルート配送とか言われる仕事に多いので、慣れればまぁ~楽ですし、荷物が少なかったり走る距離が固まってく…

続きを読む