ワイと周辺の人 ~三浦くんの話~

エピソード3 カバーストーリー 今日もワイの周辺の人の事を書きます。 今までは緑の宅配会社関連の人でしたが、今回は今の赤い宅配会社の委託の人の話です。 この人、三浦くんです。 ワイよりも確か5つ下で、まだ20代です。 彼はワイが夜行ってるコースの隣のコースの人間で、おそらく今の現場で一番数落とせる人です。 また、今の所属会社のしゃちょーからも信頼が厚く、その現場の取りまとめみたいな事をしています。 隣のコースの人間なので、色々話したりする仲で、おそらく一番コミュニケーションを取っている人間なのですが、この度晴れて彼は今の仕事を辞める事になりました。 一番できる彼が居なくなるとなっては、ちょっと他の人間も困惑気味でなんか色々困っているっぽいのですが、正直、その困っている他の人間は自業自得かな?とも思います。 三浦くんはいい人とか出来る人なので、やれ他の人間のコースを任されたり、なんか出来るが故に色々頼られるのです。 別にそれが嫌で断るのも三浦くん的には必須なスキルなのですが、なんつーかみなさんおんぶに抱っこなわけです。 また応援して見返りがあるなら、モチベーションもあるのかもしれませんが、特に無いわけで、こうなっては委託やっている意味はないような気がします。 ただでさえ数の少ない赤い宅配ですし。 まぁ~周りの人間関係の環境みたいのとかその他諸々は良い方ではないので、正直やめるという選択肢はベターだと思います。 辞めた…

続きを読む

ワイと周辺の人 ~石坂さんの話~

エピソード2 ~本社の暗躍~ これまた1つ前の続きというか、ワイの周辺の人の話です。 ワイの緑の宅配会社時代、超お世話になったSDがいます。 この人、石坂さんという人です。 石坂さんは右も左も分からないワイに、色々教えてくれた人です。 ワイは1つ前に書いた峯岸さんのコースとは別に、石坂さんがメインで入ってたコースの1部もまた受け持っていました。 要約すれば、2コースの隣接している箇所をワイのコースとしてやってたわけです。 この石坂さんが、このコースの誰々は荷物を置いてきて良いとか、この家の荷物はここに入れろとか教えてくれたりしましたし、ともかく色々な事に精通していた人なのです。 また繁忙期、緑の宅配会社的に色々あって、普段いかない町をワイが回ることになった時、石丸さんはそういう風に準備したのが自分だからと、休日にも関わらず、ワイと一緒に横乗りをしてくれるような人でした。 ここまで聞けば、凄く良い人に思うかもしれませんが、結構仕事には厳しめで、仕事で気を抜いている人には、結構ガツガツ言うタイプです。 まぁ~言うなれば、昔ながらの職人肌気質とか自分にも他人にも厳しいみたいな感じで、龍が如くでいう所の桐生一馬とか真島吾朗みたいな人で、多分ワイの居たセンターでは核とか中心みたいな人です。 むろん、石坂さんは配達スキル的なものも高いので、「この人のようにやれば、ワイも稼げるんだな」とか思って、仕事は見て盗めじゃないですけど、「この人はこうやる…

続きを読む

ワイと周辺の人 ~峯岸さんのお話~

エピソード1 ~いざ委託の世界へ~ 今日はワイの周辺の人達のその後とか今とかを書こうと思います。 ワイの緑の宅配会社時代、緑の宅配会社で委託を初めた2.3日前後にとあるSD(セールスドライバー)が他のセンターから異動してきました。 この人、峯岸さんです。 この緑の宅配会社の委託を初めた当初は、ワイも緑の宅配会社の人間もお互いに品定め期間とかお互い様子見みたいな感じで、特にワイが受け持つ固定の町みたいのはありませんでした。 そんな状況下、異動してきた峯岸さんがメインで入るコースの補助的な感じでワイはそこに入り、せっせこ配っていたわけです。 でまぁ~、それで上手い事ハマったので、ワイはそのコースの補助的な感じでずっと契約終わるまでやってたわけです。 当然、そうなれば、そのコースなりその異動してきた峯岸さんとは色々話すわけです。 例えば、美味しい荷物流してもらったり、個数口をもらったり…。 逆にワイも面倒くさい所の荷物を受けてたりして、まぁ~持ちつ持たれつな関係で上手い事やってたわけです。 そんな事していれば、当然仲良くなるわけで、お互いに仕事終わりに愚痴とか色々話してたわけです。 で、本題はワイは緑の宅配会社との契約が終わったその後です。 なんか色々社内事情があったらしく、峯岸さんは別のコースも覚える事になりました。 そしたら、その新しいコースで玄関先放置クレーム(要は置き配に失敗)とか色々やらかして、なんつーか…

続きを読む

今にして書けるワイが思う緑の宅配会社の不振の理由~その2~

腰椎の第二関節あたりが痛い! 少し前に今にして書けるワイが思う緑の宅配会社の不振の理由というのをワイの独断と偏見でなおかつ繊細かつ大胆にそして、クールにビシッと披露してやりました。 ここでは、まぁ~あんな小物ばっかり配ってたら意味ないよねとかクロネコメンバー○を委託に流してるのってアレだよねとか色々書いたわけです。 そしてワイの結論としては、結局あーゆーのって、無駄な事で喰っている人のために他の人達が無駄なことをしなければならないからそんな事になっているのでしょうみたいな感じで〆たわけです。 この〆も〆で悪くはないと思うのですが、もう1つ不振とか不調とか赤字の理由を思い出したので今日はそれを書いてみようと思います。 一応、保険をかけるという意味で、あくまでワイの妄想とかうろ覚えの話を匿名という卑怯な手を使って書くので、話半分で聞いてください。 まず、どこから書けば良いのか悩む所ですが、緑の宅配会社にしろ赤い宅配会社にしろ青い宅配会社にしろどうやって儲けているか?はご存知でしょうか? 当たり前ですが、客の荷物を集荷したり、客が窓口に荷物を持ってきたりして、その荷物の発送料を貰って儲けています。 そして、その荷物の運賃が決まるのは、サイズや重さや距離によって決まるのもご存知でしょう。 大きかったり重たかったりすれば、料金が上がるし、届け先が遠ければ遠いほどこれまた料金が上がります。 では、何故届け先が遠ければ遠いほど料金が上がるかご存…

続きを読む