約款通りにすれば持ち戻り個数が減るんじゃね?

不在続きで連絡もして来ないお馬鹿さんでどうしようもない奴のために、返品になるまで訪問すると考えるも、運悪く玄関前で住人に会ってしまうワイ。 ワイは宅配の事は何もわからないとは良いませんが、経験が浅く、その世界の常識をあまり知らないし、ドップリ浸かっているわけでもないので、「不在による持ち戻りはシステムとかルールや運用でどうかならないのか?」とたまに思う事がありました。さすがに、置き配は賛否両論あるので、そこまではルールにするのはどうかな?とは思うのですが、他に手段はあるだろう!なんて思っていました。 で、時間がある時に色々調べていると宅急便約款(各運送会社で名前が統一されていないのここではそう書きます)なるものが存在するみたいなのです。というか、お国の管理下である国土交通省でさえもそういう物を作っていたりします。 国土交通省の宅急便約款 クロネコヤマトの宅急便約款 佐川急便の宅急便約款 日本郵便の宅急便約款 これらのリンクに飛べば各運送会社の宅急便に関する約款が見れます。で、運送会社の荷物引き渡し時の約款の中にはすべてこのように書いています。 (荷受人等が不在の場合等の処置) 前項の規定にかかわらず、荷受人の隣人(荷受人が共同住宅に居住する場合はその管理人を含む。)の承諾を得て、その隣人に荷受人への荷物の引渡しを委託することがあります。この場合においては、不在連絡票に当社が荷物の引渡しを委託した隣人の氏名を記載します。 一応、スマホの民達の為にそれがどこ…

続きを読む

G20

G20の大阪開催に伴い、島根県あたりでY20も開催される。このY20は主に各都道府県の委託業者が集まる。この会議は「いかにして不在の時間帯に訪問するか?」や「いかにして楽に仕事や楽な案件を手にするか?」が主な議題である。なお、この会議終了後は、参列した委託業者で夜の街へと繰り出す。なお、参加者の共通認識として、夜の街へと繰り出す事が本題である。 さて、G20大阪サミットが28日、29日で開催されます。各国のすごい人達が今後の経済とか世界について色々話し合うわけです。別に、「好きに話し合ったらよろしいがな」とは思うのですが、これが開催される事によって、物流業界は被害を被りそうです。 ワイも又聞きなので、詳しくはわからないのですが、なんでもこの会議の開催に伴い、大阪の高速道路や一般道を事故や事件防止の為に、完全に封鎖して、警備するそうなのです。これも「好きにすればエエがな」とは思うのですが、これをすることによって、物流が滞るようです。というか、もう警備の準備とか事前調査みたいのをしているのか、既に物の流れが悪く、ワイの昼の現場に入ってくる荷物がいつもより少ないとか、各運送会社の荷物がいつもより遅く入ってくるなんて事が起こっており、さっそく、G20の被害を被っております。(この場合、一時のあいだ荷物が少なく、ワイの仕事も楽になるのでそれはそれで良かったりします。) で、このG20開催に伴って、各運送会社は届け先に、「G20あるから荷物が予定通りに来ない可能性がありまっせ」というアナウン…

続きを読む

父の日

人はみな、子供、大人、老人を経て、最後はワイとなる。 今週の日曜日は父の日でして、今日くらいから、またしても宅配の方ではそーゆー荷物がポツポツとありました。父の日も母の日同様、花を贈る人がいるようで、もう花はやめてくれという感じです。って言っても、母の日の花みたいにでかくないので、母の日よりは物量や荷姿的にはマシかな?なんて思います。 物流業界というか宅配の面から父の日のプレゼントを鑑みたとき、やはりお酒が父の日の定番のプレゼントなのかな?なんて思います。花よりは様々な面でマシなのですが、それでも割れ物ですから、これもこれで「めんどくせぇ~なぁ~」なんて思います。 仕事の面で言えば、この父の日対策として、委託であるワイに土曜に稼働してくれという要望があり、特に用事もないので出ることに。こういう各月のイベントや行事は、委託という立場ではボーナス的な感じなので、中々に刺激があります。 宅配の現場はこういうイベントや行事に限らず、なんつーか、ほぼ毎日何かトラブルというか事件があります。 やれ、中途採用の新人が入ってきて、社内的な運転ルールの講習や研修とか実習を1.2ヶ月かけて行い、社内の運転試験に合格した後に1コース任せたは良いものの、当然独り立ちしてから数日で、100個とか捌けず、てんやわんやして、ワイに加勢に行って欲しいなんていう連絡があったり、なぜだかわからないけど、普通の日にワイが絡んでいるコースが吹いて、「そっちに荷物いくつか流して良い?」なんていう連絡があったり…

続きを読む

置き配で1番やってはいけない事

ワイは置く!荷物とともに届けたいという気持ち・熱意を・・・ 毎日のように荷物を配り、毎日のように宅配の営業所に戻ると、何やら面白い張り紙がされておりました。その張り紙はネットニュースの記事でよく読んで見れば、「あーあ」って感じの事です。良くも悪くも他人の不幸は蜜の味という事で、今日はそのことについて思う所を書いてみます。 で、その張り紙の内容というのがこれです。先々はリンク切れとかになりそうなので、ここで概要を書いてみると 起: 届ける人が届け先の許可なしに置き配した。 承: 届け先は受け取っていないにもかかわらず配達完了の案内が来た。 転: 不審?不思議?に思い、届け先が運送会社に問い合わせた。 結: 置き配と勝手にサインしたのがバレた。おまけに荷物行方不明。 とまぁ~こんな感じなわけです。正直、届ける人に対しては「やってもうたぁ」とは思います。って、思っていただけではどうしようもないので、これの何が悪かったのか?のワイの考えを書いてみます。 おそらく、うまーく置き配を駆使している人達は気付いていると思いますが、この置き配の流れは最初からまずくて、結局届け先の許可なしに荷物を勝手に置いたというのが全てだと思います。ワイも今となっては、置き配をして良い所や人にはバンバン荷物を置かして貰っています。まぁ、これでトラブれば、余裕で何らかのペナルティがあるとか最悪、首が飛ぶというのも覚悟でしています。 置き配して良いとは言いませんが、置き配するもしないも最初の始…

続きを読む