物流業界は問題がたくさんあるらしい

あけましておめでとうございます。 ワイが少しだけ好きな物流業界にはなにやら問題がポツポツあるようです。 知っている人は知っているでしょうけど、これらの問題をあーだこーだ書いてみようと思います。 まずは、2024年問題というやつです。 これの概要としては… 2024年問題とは、働き方改革関連法によって、2024年4月1日から「自動車運転業務における時間外労働時間の上限規制」が適用されることで運送・物流業界に生じる諸問題を意味します。 具体的には、トラックドライバーの時間外労働時間が年間960時間=(月平均80時間)に制限されます。[1] ドライバーの労働時間に罰則付きで上限が設定されることで、「会社の売上・利益減少」や「トラックドライバーの収入減少・離職」、「荷主側における運賃上昇」といった問題が生じるおそれがあります。 となっており、まぁ~読んで字の如しで、良いんだか悪いんだかみたいな話です。 (というか、月平均80時間ってそれだけでも多すぎだろ) お次が2030年問題です。 これの概要としては… 総貨物輸送量のうち9割は自動車が運搬しており、その7割がトラックやライトバンといった営業用貨物自動車だ。 運転手不足で、目の前の注文をさばけなくなっているのである。 日本ロジスティクスシステム協会の報告書はドライバー数の将来見通しも推計しているが、2015年の約76万7000人に対し、2030年には32.3%も少ない約5…

続きを読む

何故あなたの荷物を宅配ボックスに入れてくれないのか?

嗚呼何故。 ボチボチ宅配もしているワイ。 夜配だけの人間という事もあり、ちょっと本番者というか丸々1日入っている同業者に対して、固定のコースを廻ると言うことはなく、フリーみたいな感じであっちのコース回ったりこっちのコース回ったりしています。 なんと使い勝手の良いワイでしょう! そんな事をしていると何故かこのマンションやアパートには宅配ボックスがあるのに不在時に入れなくて、再配で時間に追われるなんていう事もあります。 こういう場合、荷受人側はこんな事を思っていると思います。 「何故宅配ボックスに荷物を入れないのか?」 今日はこの宅配ボックスがあるのに宅配ボックスに荷物を入れてくれない問題について書いてみようと思います。 まず、宅配ボックスに荷物を入れてくれないというのは、大きく分けて6つの事があります。 1つ目は生ものや食べ物や重量物であることです。 基本的には運ぶ側の教育や配慮、クレームの恐れや宅配ボックスの使用方法に関して、これら食べ物や生ものや重量物は基本的に入れないというか入れられないというのがあります。 基本的に、宅配ボックスに入れる時に、高性能というかかしこい宅配ボックスでは、「食べ物や飲み物は入れないで下さい」みたいな案内やアナウンスがされています。 また、運ぶ側も食べ物や生ものを宅配ボックスに入れて、すぐに取ってくれなくて4.5日放置した結果、腐っていた食べれなかったなんてなってクレームになれば、クレーム…

続きを読む

佐川郵便と郵便局の協業で現場はどうなっているのか?

潜入レポ 今現在、昼の仕事が早く終わった時、またしてもマニアックな制服を着て、個人宅のピンポンを押しまくっています。 以前にも書いたし、知っている人は知っているでしょうが、佐川郵便と郵政が協業みたいなニュースというか世の動きがありました。 このニュースほぼ1年前の話で、今現在はこうなっています。 協業内容 両社が取り組んできた協業内容は、以下のとおりです。 2021年9月10日発表の取り組みに関する進捗 1. 小型宅配荷物の輸送「飛脚ゆうパケット便」(準備でき次第、全国展開予定) 日本郵便が取り扱っているポスト投函型の小型宅配「ゆうパケット」を活用したサービスを佐川急便で取り扱います。2021年11月以降、首都圏の一部で、佐川急便がお客さまからお預かりし、日本郵便に差し出し、日本郵便の配送網でお届けしています。 2. 国際荷物輸送「飛脚グローバルポスト便」(「EMS」を佐川急便で取り扱い開始) (2022年2月1日から全国でのサービス開始) 日本郵便が取り扱っている世界120以上の国・地域へお届け可能な国際郵便サービス「EMS」を活用したサービスを、2022年2月から、全国の佐川急便で取り扱っています。佐川急便がお客さまからお預かりして日本郵便に差し出し、「EMS」の配送網でお届けします。 3. クール宅配便(「郵便局カタログ」の冷凍商品を佐川急便の「飛脚クール便」でお届け) (2022年3月1日から取り扱い開始) 日本郵便のグループ…

続きを読む

宅配を離れた今ワイが思うこと

同業他社ヲ想フ… いち運送会社の従業員として働いているワイです。 現状、コースを持っているわけではないし、まだまだ見習いとか横乗りとかそんな感じです。 内容的には商業貨物系なので、本音を言えば緩いと感じます。 ただし、朝は6時45分出社(しなければならない終わらないっぽい)とかなので、まぁ~それは今まであまり変わらないかな?と思います。 で、一応終わりは他の話を聞いている感じは平均して7時には退社出来るのかな?とか思っています。 さて… 宅配を離れたワイですが、今にして思えばまぁ~吉だったかな?と思います。 なんつーか、ワイが独り身なら宅配のまんまで、多分一般的な人々よりは良いお金を貰って好き勝手しても良いと思います。 ただ、4歳の子供が居て家庭があるとなれば、ある程度家族サービス的な事もしなければならないわけで、そうなれば、どうしても土日祝は休みのほうが色々と都合がいい。 そういう今の状況を鑑みれば、宅配を離れるのは、家庭とか家族の面では吉だと思います。 もしとか仮の話ですが、ヤマトさんが今のイージークルー体制の委託でなく、ワイが居た当時の一般的な委託の使い方になっていれば、余裕でそっちに戻っていたと思います。 というのも、ともかく、全てがやりやすかったし満足できる環境だからです。 一般的な委託の使い方であれば、センターの色とか環境や状況にも寄るのですが、隔週日月休みとか出来たでしょうし、それであれば、家庭に支…

続きを読む