宅配事業をやっている運送会社がすべき事・して欲しい事

パンがなければワイ(ケーキ)を食べればいいじゃない。 最近はTVを観なくなった事もあるのか、宅配事業をやっている運送会社(主にヤマト運輸、佐川急便、日本郵政)のCMを観ません。 これはCMをやってないのか、ワイが観れてないのか定かではありませんが、ちょっと前まで 「宅急便はスマホで送れる」「SAGAWAのX」「バカ真面目は裏切らない」 とか何とか言うてた気がします。 どれも素晴らしいCMだと思うのですが、ワイ思うにまだ新規獲得系のCMせないかん程、この3社って世に知られていないのか?とも思います。 またワイ的には、赤い所のCMに至っては、「バカ真面目は裏切らない」なんていうフレーズだけが頭に残ってしまって「結局なんのCMだっけ?」なんて思ったとか思わなかったとかあり、もうよーわかりません。 これら運送会社のCMってどのような効果があるのか?何を狙って作ったのか?は分かりませんが、仮に自社の宣伝とか自社の新サービスの紹介とか真面目さ硬さアピールとか知って貰いたくてCMをするなら、もうそっち方面のアピールはみんなお腹いっぱいなんじゃないかな?とか思います。 CMを何故するのか?と考え突き詰めていけば、売上とか利益の為だと思うんです。これに皆さん異論はないと思います。 では、運送会社、強いては宅配の利益の上げ方売上アップと言えば、値上げか荷物を出してもらう事だと思います。 だからこそ、新規顧客向けのCMや新サービスをCMしているのだと思…

続きを読む

コロナの2020年夏から考える今と今後の運送物流業界

コロナの陽性者が増えているのは検査数が増えたからじゃねーの?あと、発病者と陽性者わけた方が良かねーか? なんちゃオチがない話になりそうですが、ワイを事例に今年の夏のお話をしようと思います。 毎年ワイはお盆時期は飲食店の配送をしております。 飲食店は言わずもがな盆正月GWは稼ぎ時なわけで、このお盆にしても今まではこの時期そーゆー仕事をしておりました。 しかし、今年に限ってはみんな帰省自粛のせいか飲食店も厳しいみたいで稼働は1日しかありませんでした。 というかもっと言えば、実は3日くらい要請されていたのです。 ですが、そこのお店の知人がコロナで仕事が無いとか収入が減ったとかでこの時期に働かせてくれとかそんな感じで頼まれたらしく、そうなれば、運ぶ系の仕事は人を選ばないから、運ぶ系の仕事に充てがい、その流れでワイは稼働が1日になったという感じです。 多分本質的には、委託に丸投げして少々高くても自分達が楽しようというのが今までだったのかも知れませんが、ここに来てそれよりも賃金や経費が安い方安い方に仕事が行きだしたという感じでしょう。 まぁ~正直、休みもまともになかったし、家族サービスとかブログの更新とか手直しもしたかったので、ラッキーというのが本音だったりします。 これはほんの一例ですが、昼の企業配にしても今年のお盆のカレンダーもあってか、9日間お盆休みで稼働がなかったし、他の現場も似たりよったりらしく、なんとな~く、コロナの第二波同様に、ジワジワジ…

続きを読む

面白いニュースを見つけたのでそれの感想を書いてみる

頑張り過ぎだよ緑の宅配会社。 ワイのスマホが優秀なのかGoogleが優秀なのかは分かりませんが、ちょっとまえにいきなり通知が来て、何かと思えばこんなニュースでした。 ヤマトHD、「宅配便急増」でも喜べない深刻事情  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛を追い風に、宅配首位のヤマト運輸を擁するヤマトホールディングス(HD)が宅配便の取り扱いを急拡大させている。  同社が6月4日に発表した小口貨物取扱実績によると、2020年5月におけるヤマトの宅配便の荷物量は1.6億個(前年同月比19.5%増)と高水準だった。4月も1.5億個(同13.2%増)の荷物を取り扱っており、2ケタ増ペースが続いている。  自社配達員であるセールスドライバーを約6万人抱えるヤマトが、新型コロナで急増したEC(ネット通販)関連の荷物を首尾良く取り込んでいると言える。 ~中略~ ■ヤマトは「自前主義」を貫くが…  経営の効率性を表すROE(自己資本利益率)もヤマトHDの4%に対して、SGHDは12.3%、日本郵便は10.2%と、こちらも大きな差がある。  これらSGHDや日本郵便との差は、柔軟な配送体制の有無が影響している。例えば、SGHDと日本郵便は、近年荷物が増えているEC関係の荷物を中小事業者に配送委託する仕組みを確立。ECの荷物は配送単価が低く、SGHDと日本郵便は荷物量の増減に合わせて外注ドライバー数を変動させるなど、コストを柔軟にコントロールしてい…

続きを読む

赤い所はやる気を出したほうが良い

やはり赤いと共産主義の匂いがする。 ワイが赤い宅配会社の委託の軍団に居るのは周知の事実でしょう。ワイは匿名で顔も出さずに記事を書いています。 なので、批判とかそーゆーのはするつもりは無いですが、今日はちょっと現・赤い宅配会社の委託としての意見と元緑の宅配会社の委託としての意見と物流業界に関わる5流委託業者として思うことを書いてみます。 赤い宅配会社というのはまぁ~荷物が少ないです。ワイの場合4時過ぎに局に着いて、いつも残り約30個配って~みたいな感じで荷物があります。 1日している人間でも持ち出し100とかなく、本当よ~分からない世界です。(ただ、全てが全てそーではなくて、常時100以上の別の局の商流コースもあるみたいです。もちろん、それは凄い足が広そーですけど) ワイは5時ちょっと過ぎには荷物を積んで出て、約10分くらいかけて、その局からは遠い方のコースに着くわけです。 ぶっちゃけて言えば、緑の宅配会社脳で考えれば、今の町やエリアはとても回りが良く住宅も密集していて在宅率も高いので、30個なんて2時間位(7時)で回れるんじゃなかろーか?とか思います。 それは言わずもがな、密集した地域にいっぱい荷物があるから、移動時間が少なく、ともかく効率が良いわけです。 他方、赤い宅配会社というのは負のスパイラル真っ只中です。 荷物が少ないから数が欲しければ足を広げなければならないわけで、結局地域が広いから30個持ち出しても、無駄にガソリン食う上に8…

続きを読む