運賃250円ぐらいという需要

妄想を垂れ流すワイ。 ワイは1000円カットというのが大好きです。 アレを考えた人というのは、多分グラミー賞とかバロンドールとかモンドセレクション金賞くらいやってもええんちゃうの?なんて思うのです。 何故1000円カットが好きかと言えば、「安くて早い」からです。 その結果というか、髪を切ることに対しての出費が抑えられ、他の事にお金が使えて自分が豊かになるし、髪を切るという時間が短くなって他にしたいことができるというのが一番の恩恵だと思うんです。 だから、厳密には「安くて早い」が一番いいのではなく、それによって得られる恩恵が好きだから1000円カットが大好きなわけです。 結局、髪を切るだけなのになんであんなに金と時間を費やさないといけないんだ?と思っていたワイにみたいな人にとっては、最高なわけです。 この1000円カットの良い所みたいのを運送業界、もしくは宅配業界でも同じ様な事を考えているやつがいるとかいたと思うんです。 例えば、同都道府県内or同地方への荷物の運賃250円!みたいな。 (この金額はアマゾンとかが運送会社に頼んでいる金額よりも更に安い) ただし… いつ届くかもわからないし時間指定もない。 サイズは120サイズまで。 届け先は特定の場所ではなく、最寄りのどこか(例としてはコンビニとか?) 荷物の引き取り場所の荷物保管期限は36時間で、それ以上は問答無用で有無も言わさず返品か処分。 別料金(…

続きを読む

楽天と日本郵政 佐川とアマゾン

ヤマトとメルカリ ワイとアスクル 日本郵政と楽天さんが手を結びました。 日本郵政 楽天に約1500億円出資 両社が資本・業務提携 日本郵政がIT大手の楽天におよそ1500億円を出資し、両社が資本・業務提携することになりました。 物流やモバイル、DX=デジタルトランスフォーメーション、金融など幅広い分野で連携を強化するとしています。 ~かなり中略~ 日本郵政の増田寛也社長は、記者会見で 「全国に展開する郵便局、そして強固な物流というリアルネットワークを強みとしている日本郵政グループにとって、先進的なデジタル技術と豊富なノウハウを生かし、さまざまな事業領域でインターネット関連サービスを提供している楽天グループは最高のパートナーだ。 協業を通じてデジタルとリアルで双方の特徴、強みをうまく掛け合わせることで、提携のシナジー効果を最大限引き出し、お客様に喜んでいただける新たな価値を創出をしていきたい」 と述べました。 楽天の三木谷浩史社長は記者会見で 「去年12月に発表した物流の提携にとどまらず、金融、モバイルでもさまざま提携を進めたい。 コロナ渦で今まで以上にDXが加速し、ネットがなくてはやっていけない時代になっていて、地方経済をいかに元気づけるかが大切になっていく。 一方でグローバル化も進み、世界的にITの力が巨大になっていて、リアルとバーチャルの大きな力が合わさって新しい形を作ることにわくわくしている」 と述べ…

続きを読む

運送仕事配達仕事とは何か?

Θεσσαλονίκηとは… 世の中には色々な仕事があると思います。 大雑把に分ければ、営業とか事務とか販売とか接客とか製造とか公的サービスとかそういう感じです。 そういう仕事の種類の中にワイが生業としていている運送とか配達いうのもあります。 この運送の仕事というのは一体何なのか?というのをワイ目線で(今更ながら)良く分からない人やこれから初める人とか初心者にあ~だこ~だ解釈していこうと思います。 仕事には、0から100までやる仕事とか0から70までやる仕事とかあります。 なんなら、-40ぐらいから0までやる仕事もあるでしょう。 その最たる例が営業や販売でしょう。 営業や販売というのは具体的には客に会って物とかサービスを売るわけで、売るために0から仕事を初めて100とか70までやる仕事といっても良いでしょう。 まぁ~売る物やサービスが良いものとか需要の高いものであれば、0からのスタートでなく、いきなり、30からスタートとか下手したら最初から100のスタートという感じでしょう。 この場合、多分ですが売りやすいとかノルマが達成しやすいとかなので仕事が楽だとかそんな感じだと思います。 そして、営業とか販売が100とか70とかにしてきたものを0に戻すのが事務だったり製造や建築、建設やITエンジニアだと思います。 営業がとってきた100の仕事を時間と労力を使い、5とか0に戻していくor限りなく0に近い状態にして仕事をするのが事務…

続きを読む

ワイと周辺の人 ~三浦くんの話~

エピソード3 カバーストーリー 今日もワイの周辺の人の事を書きます。 今までは緑の宅配会社関連の人でしたが、今回は今の赤い宅配会社の委託の人の話です。 この人、三浦くんです。 ワイよりも確か5つ下で、まだ20代です。 彼はワイが夜行ってるコースの隣のコースの人間で、おそらく今の現場で一番数落とせる人です。 また、今の所属会社のしゃちょーからも信頼が厚く、その現場の取りまとめみたいな事をしています。 隣のコースの人間なので、色々話したりする仲で、おそらく一番コミュニケーションを取っている人間なのですが、この度晴れて彼は今の仕事を辞める事になりました。 一番できる彼が居なくなるとなっては、ちょっと他の人間も困惑気味でなんか色々困っているっぽいのですが、正直、その困っている他の人間は自業自得かな?とも思います。 三浦くんはいい人とか出来る人なので、やれ他の人間のコースを任されたり、なんか出来るが故に色々頼られるのです。 別にそれが嫌で断るのも三浦くん的には必須なスキルなのですが、なんつーかみなさんおんぶに抱っこなわけです。 また応援して見返りがあるなら、モチベーションもあるのかもしれませんが、特に無いわけで、こうなっては委託やっている意味はないような気がします。 ただでさえ数の少ない赤い宅配ですし。 まぁ~周りの人間関係の環境みたいのとかその他諸々は良い方ではないので、正直やめるという選択肢はベターだと思います。 辞めた…

続きを読む