郵便屋さんが置配を開始するそうです

日中、時間がある時は色々なニュースをスマホで漁っているのですが、そんな中「おーそれしちゃう?」っていう記事がありました。それが郵便の荷物の置配(おきはい)開始です。ニュース概要は 日本郵便、「置き配」来春開始=ゆうパックの再配達抑制 日本郵便は26日、受取人が指定した場所に宅配便「ゆうパック」を配達するサービスを、来春をめどに開始すると発表した。受取人が不在の際、自宅の玄関前などを配達場所に指定する「置き配」が可能になる。人手不足が深刻化する中、再配達を減らし、コスト削減を目指す。置き配は荷物を盗まれる恐れが伴うため、通販事業者など荷主と受取人が同意した場合だけ実施する考え。盗難などのリスクについては、今後詳細に検証する。まず、荷主を特定の事業者に限り、サービスを始める方向だ。 時事ドットコムより引用 で、こういう動きに伴って、置配保険なるものも誕生したようです。 物流系ベンチャーYper(イーパー)は先日、同社の置き配バッグOKKIPA向けの盗難保険を東京海上日動と共同開発したと発表した。宅配物がバッグに預け入れされた時点から一定時間(24時間を予定)を対象に、受け取った宅配物に盗難保険を付保。7月から約1カ月間、東京23区内で実証実験を行い、同バッグの市販を始める8月下旬から保険も適用される予定だという。 ライブドアニュースより引用 頭がいい人達というのは凄いですね。こういう置配保険を考えちゃうのですから。感服するばかりです。ただ、個人的には最初から日本文…

続きを読む

運送の事を良く分からないけど急ぎで一回限りの配送をしたいという方へ

本日いつも通り配送していると届け先からこんな事を言われました。 「あの~急な配送を依頼したいのですけど、どこか運送会社知りませんか?」 これを聞いて「あ、スポットの依頼か」と当然思うわけです。 で、事情を聞いてみると、どうやら最近の豪雨で被害にあった所に物資を届けたいとかなんとか。ワイの生息地域からなら、通常約5時間程で行けるところで、ワイが喜んで請けたいところだったのですが、状況が状況です。豪雨の被害で現地に行くまで何があるかわからないし(土砂崩れで通行止めとか道路が封鎖されているとか)無事届けたとしても次の日の仕事までに帰ってこれるか?という問題もあったので、所属会社に電話して対応してもらうようにしてもらいました。(のがした獲物はデカイ・・・。) まぁー正直、災害後はそういう仕事が増えるのが運送業界らしく、いつかはどこかでそういう話が舞い込んでくるだろうとは思っていたのですが、いざ目の当たりにすると意外とてんやわんや?というか非日常を感じます。 で、ワイは同時にこう思ったわけです。 「いまこうして聞いてくるという事はこの人はスポットという運送の種類を知らないんだ」と。だって、もし知っていれば既に自分で運送会社にスポットとして依頼しているのですから。 ということで、今回はタイトルのように急ぎで一回限りの配送に関する事に悩んでいる人向けに書いてみます。 運送仕事?といえば、大体皆さん宅配と言われるものが思いつくと思います。でも、実際は色んな配送の仕事があります。…

続きを読む

大手が値上げした結果、雇用が増えるかもしれない。

去年、佐川やヤマト、ゆうパックが運賃を値上げしました。いわゆる、大手どころですね。ワイは宅配には縁遠いので対岸の火事というか、同じ業界?の人間として、今のワイにどんな形でこの値上げが影響するのだろうか?と思っていました。 で、一個前に少し触れた、日曜午前の案件(予定)は、今まで大手の宅配便業者に集荷・配達を使っていた所が、運賃値上げに伴なって、コストカットを考えていた所に、ワイの今の所属企業が営業をして取ってきた。という背景があります。 聞いた所によれば、大手の宅配業者は荷物のサイズが120クラスのもので1000円近くで、次行くであろう現場はそれが1日平均して22個程あるそうです。これだけで、単純に1000×22で22000円。それなら、地場の運送会社に企業専属便として1台契約したほうが安上がりなのは確かです。 ワイが日曜の午前に仕事が増えそうのは、そういう背景があるわけですね。 で、これって取らぬ狸の皮算用かもしれませんが、今後はこういう風に大手の宅配便業者に荷物を頼むのではなく、地場の運送会社に仕事を振るとかそういう事が起こりうるのでは?と感じたわけです。むろん、この場合は同じ市内とか現場から半径50キロ以内の荷物とかだけでしょうが。 と同時に、地場の運送会社は仕事が増えれば、人が欲しくなるから、人を増やそうとしたりするかも?って話です。むろん、今の物流業界はどこもここも人手不足ですから、そのしわ寄せが今いる人間によってくるかもしれませんが。 ともかく、大手の宅…

続きを読む

遅れる荷物・感謝されない運送屋

今の現場にはちょっとした倉庫が有り、そこに毎日荷物が運ばれてきます。で、その荷物を運んでくるのは運送会社です。ガチガチの貨物便です。佐川とかゆうパックの貨物便に西濃運輸とか地元の運送会社などです。で、そのガチガチの運送会社が持ってきた荷物を企業専属便の我々が届け先に届けるわけです。 で、上記のある運送屋が今が繁忙期なのか現場が回っていないのか(人手不足)何なのか知りませんが、荷物が遅れ気味で現場企業が困っているみたいなんですよ。まぁ、ゆくゆくは我々企業専属便の業者にもしわ寄せが来るのでしょうが、今回の件に関しては現場企業の営業の人が我々委託業者ではなく、本人が今日中に届けたい荷物が遅配で来たわけです。 当然、その営業は激おこぷんぷん丸です。なんつったって、営業も客に「今日中に持って行きます。」的な約束をしているわけですから。で、遅配したことに対して運送会社のドライバーにクレームを言ってたみたいなのです。わいはその現場に居合わせなかったのですが、かなり問い詰めている感じだったみたいです。聞いた話に因ると。 これを聞いてね、まぁ、わいも少なからずともドライバー側の人間なので「ちょい、それは理不尽なクレームだろ?」って思うのです。だってね、今から繁忙期なわけですよ。ガチガチの運送会社は。お中元だクリスマスの商品だなんだかんだで物量が増えているわけですから。それで現場が回らないのはちょっと世間の流れとかニュースを観ている人間なら分かるはずです。 つまり、これはその運送会社のトップな…

続きを読む