何故お店にマスクがなく貴方は買うことが出来ないのか?

テレワーク、自粛要請で外出できずにストレスを溜めている方必見!48流ブロガーのYの軽貨物独立日記がヤバすぎる! 世の中的に本当にマスクが無いみたいです。そんなにマスク欲しいなら、覆面マスクでもええんちゃうの?なんて思います。・・・なんて言ったら、各方面からクレームになりそうなので、そんな事は心のうちに秘めておりますが、本当にマスクがないようです。 で、何故にこうも店頭にマスクがないのか?何故人が買うことが出来ないのか?というのは、簡単に言えば、需要と供給が追いついていないの一言で終わるのですが、ここはワイなりにワイの今の仕事内容と絡めて色々書いてみようと思います。 ワイの今の現場にはマスクが結構あります。多分枚数で言えば、3000枚とか5000枚とかはあるでしょう。なんかマスクがいっぱい入ったでかい箱が5箱とかそれくらいあります。このマスク売ろうと思えば売れるのですが、売れないんですね。 それは何故かと言えば、売り物であり、備蓄or緊急品でもあるからなのです。 これ、どういう事かと言えば、まず普通に売り物であるのですが、誰でも彼でも買えるわけではないのです。では誰のためのものか?と言えば、基本的に、新型コロナウィルスが大流行する前から業務内容の面でマスクが必要で、定期的に購入していた会社やそういう人達の仕事のための売り物であって、コロナウィルスの為には売れないマスクなのです。 従って、売り物ではあるのですが、誰でも買えるわけではなく、結局そういう事をしている商社…

続きを読む

ベスト・オブYの軽貨物独立日記オブ・ザ・イヤー2019(上半期)

インフルエンザの一番の予防は手から腕(肘辺り)までしっかり洗うこと!(出典:ツチノコでもわかる健康に一年を過ごす為の20のコト) 年の暮れという事で、今年もやっちゃいます。ベスト・オブYの軽貨物独立日記オブ・ザ・イヤー2019!去年から始めたこの企画で、好評なのか定かではありませんが、この1年を振り返ろうという事でやっちゃいます。今回は上半期・下半期という豪華2本立てです!ちなみに、ノミネートされる記事はアクセスが未だにちょこちょこあるとかワイ的に再度伝えたい事とかそーゆーのが基準です。 まずは1月からですが、ワイの防寒対策と570650円です。 何度も書いている気がしますが、本当おたふく手袋の冬用のインナーが素晴らしい!この記事を書いている今も着ているわけですが、冬はもうこれ無しでは考えられない!って感じです。もし、冬用の温かいインナーを探している・悩んでいる人がいれば、是非おたふく手袋のボディータフネスを騙されたと思って買ってほしいです。 そして、もう1つは2018年の12月でどれくらい稼いだのか?というのをまとめた記事です。金額を堂々と記載するという多方面からヒンシュクや軽蔑、哀れみなどが飛んできそうな感じですが、やっぱりなんつーか、みなさんお金の事が気になる様で、未だに読まれている様です。世にいう背に腹は代えられないというやつでしょう。 次が2月ですが、宅配ボックスのトラブルはエゲツないという話と客を教育する・育てるです。 宅配ボックスのトラブルを書いた…

続きを読む

緑の運送会社の件でワイが思った事

2020とZOZOの見分けが付かなくなっているワイ。 ちょっと他人の不幸が好きとか世間の動きを逐一チェックしている人なら、ご存知だと思いますが、緑の宅配会社のとある現場で手が出る足が出るみたいな動画が流れちゃって、ちょっと世間様がざわつきました。これについて、またしてもワイが思ったことみたいのを書いてみようと思います。 正直、別にワイはその騒動の渦中に居るわけでもないし、手を出したり、手を出されたりした訳でもないので痛くも痒くもない!そして、何故あんな手が出るとかにまでなったのか、当事者同士の事情を知るすべもないので、何も言えない! ただ、あ~ゆ~光景はワイのセンターでもあります。って、別に手が出るとかは無いですが、説教する・されるとか怒号が飛ぶとか朝の荷量を見て悲鳴が聞こえるとかは通常営業で、その延長線上で手が出たぐらいにしか思わないので、まぁ~あ~ゆ~光景はどっかで行われてただろうなぁ~くらいにしかワイは思わないし、宅配とか物を運ぶ仕事の人々にとっては、良くも悪くも"日常"とか"たまに聞く話"くらいにしか思わない人が多数なのではないでしょうか?今回、それが運悪く?運良く?発達したインフォメーションテクノロジーのお陰で世間様に知られた・・・という感じでしょう。 そして、緑の宅配会社としては、その手を出した方の社員を"厳正に対処する"なんてプレスリリースしておりますが、正直、現場としては手を出した方が現場を知っていると予想するので、この冬の繁忙期時期に第一線から外すような事…

続きを読む

水害に因る車両保険を考える

台風28号、別名ワイ。勢力は非常に強く、暴風域は半径300m。最大風速は46mで局地的な大豪雨あり。なお、進行速度は時速540km。人々はその存在に恐怖し、おののくが結果的には被害・損害はない模様。 さて、最近は何かと九州地方は慌ただしい。というのがワイのイメージです。特に佐賀ですが、フェルナンド・トーレスが引退したり局地的な豪雨orゲリラ豪雨で災害が起こったりなんだりという話です。ここらへんの事はニュースや報道で大々的に報道されていますから、全国の皆さんが知っているでしょうし、周知の事実みたいな感じでしょう。 そんな局地的豪雨による水害でやれイオンが水没しているだ、個人宅で床上浸水だなんだとかなり非日常の映像が流れており、例外なく車が水没とかの映像も放映されておりました。加えて、油がなんちゃらかんちゃらみたいな話もあるようです。 正直、この仕事をする前までというか数年前までは、局地的な豪雨とかほぼなかったし、仮に自家用車が水没しても皆さんと同じ"一般的な損害"で済んでいたのかもしれませんが、今のワイの状況となれば、「車が水没=動かない=収入源が絶たれる」と言うことを意味するので、TVで水没した車を観た時、「ちょっと色々考えなければならないなぁ」と思いました。 で、色々調べてみれば、車が水没した時の保険があるみたいで、それが車両保険という商品のようです。って、こんな風に書けば、「水没の時の保険=車両保険」と誤認されそうなので、詳しく書けば、この車両保険は事故で車が壊れたとか…

続きを読む