免許を持ちたがらない人々

少し、パンチの効いたニュースがあったので、その事について触れたいと思います。  昔は高校卒業後、もしくは大学在学中に「とりあえず普通自動車免許取得」という風潮が強かったもの。しかし、今の20代、30代の間では、「持っているけどペーパー」を通り越し、「そもそも持っていない」「取ろうとも思わなかった」という人が増えているようだ。  実際、特に東京都においてその傾向は顕著。「国土交通白書 2013」によると、20代では1991年に74.2%であった免許保有率が2011年には63.5%まで減少。10代及び20代で免許保有率の明らかな低下が見られるという。またソニー損保「2017年 新成人のカーライフ意識調査」によれば、今年の新成人の免許保有率は56%となっている。  車離れどころか、もはや免許離れ。免許を取っていないという、都内在住の男性会社員・Aさん(31)はこう話す。 「免許を取るお金と時間が正直バカにならないし、使わないかもしれないものに対して、先にお金をかけることの意味がわかりません。仕事で使うとか、ドライブが趣味という人ならともかく、周囲の友人たちは、免許を持っていても乗らない人ばかりで、“身分証明書”としての機能しか果たしていません。それに僕はお酒が好き。平日は車に乗らないし、休日に車で出かけるとなると飲めない。僕にとって電車のほうが便利でコスパが良いんです」(Aさん、以下同) ◆大きな買い物はネットで買って配達してもらえば十分  免許取得にかかる費用は、都…

続きを読む

ヤマトの英断

ヤマト、27年ぶり全面値上げ アマゾンと交渉入り 再配達の有料化に含み 参照日経 ワイは現場側に近い人間なのでこれを聞いた時、嬉しかったですね。あ、"ヤマト"の宅配の仕事もしてみよっかなって。請負先の候補が一つ増えたって。おそらく、この考え方がヤマトの偉い人達の狙いの1つでもあったと思います。 宅配料金値上げしたって、おそらく社員さんや従業員、委託の委託料は増えないと予想しています。だって、"その地域で宅配をする仕事の値段"ってのと宅配料値上げってイコールじゃないですからねー。「値上げ→即賃金アップ!」とはいかないでしょうね。これとそれはまた別の話・・・みたいな。 ただね、宅配料値上げによって経営が潤えば、人を新しく雇えるし(パートとかアルバイトとか正社員とか委託とかは問わない)、酷い労働環境とされている宅配業界も改善され、自然に人は来ると思うから、ヤマトは人員が確保しやすく成るでしょう。ただ、正社員的な採用は少ないとは思います。正確には、身分に囚われない労働力が欲しいのだと思っています。 日本では建前上、首とか賃金カットは厳しいから賃上げはせずに、労働市場の面において、良い労働環境をサービスとして提供して人をかき集めるのが狙いだと思っています。というか、どんどん、職務給的な感じで動いてるし、動かしてるなーって思うのはワイだけでしょうか? 別件で、値上げやサービスの低下(過剰サービスをやめる)に利用者が抵抗感があると分かってて、それを"決断"したヤマトの経営陣。良か…

続きを読む