ロシアとウクライナとフットボール

アルシャビンよりシェフチェンコ 仕事の事を書きたいのですが、まぁ~またしても「鉄は熱いうちに打て」ということで。 ロシアがウクライナに侵攻しました。 今は以前よりも時間があるため、世の中と関われ、こういうニュースにも触れ合える機会が増えたように思います。 で、まぁ~国際政治どーこーや詳しい事は各々が信じるものの意見を参考にすべきだと思いますし、ワイが語れることなんてありません。 せいぜい、 ロシアのピロシキは美味しいだろう。ウクライナの国旗はシンプルで好き。 とかそんな程度です。 ただ、ワイもワイで思う所があるので、キーボードカチカチしようと思った所存です。 まずは、もうすでに報道されていますが、今年のCL決勝の舞台であったロシアのサンクトペテルブルク・スタジアムでの開催の変更検討とか変更の可能性があるみたいな話です。 まぁ~至極真っ当な考えというか、「そりゃそうだよね」とも思います。 多分、これに肩をなでおろしているのは、ファンと選手とか現場の人々でしょう。 爆発している火薬庫に行くのはまず危ないですし、ロシアは強豪国が多い西欧からしたら、遠いヨーロッパですし、いくら5月の終わり頃といえど、まぁ~快適ではない気温での決勝。 環境としては良い方ではないわけで、これが変わるとなれば、犠牲者がいる状況でこんな事を書いて良いのか悩みますが、「災い転じて福となす」みたいな事になるでしょう。 で、もう1つ思ったという…

続きを読む

本を読め~その2~

成人向け雑誌も可 前回の続きです。 まずは、ズラタン・イブラヒモビッチの自伝の話をしていこうと思います。 I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝posted with カエレバ楽天市場で見るAmazonで見る イブラヒモビッチを知らないという方に説明すると… 北欧スウェーデンのフォワードの選手で、性格というかキャラ的には映画の時のジャイアンという感じです。 スウェーデン人の名前って、ヘンリク・ラーションとかキム・シェルストレームとかオロフ・メルベリとかまぁ~なんというか西欧っぽい名前が多く、イブラヒモビッチみたいに〇〇ビッチという名前が付くという事は、だいたい東欧からの移民の子なわけで、ルーツ的には旧ユーゴスラビアにあり、純粋なスウェーデン人というわけでもないわけです。 この本はもう暴露しかない感じです。 「バルセロナは居心地が悪かった(正確には、バルセロナは公私において規律が厳しい)」 「昔は色々悪さやってたぜ!ハハハ!」 「おやじはレンガ積みの仕事しててうんちゃらかんちゃら」 とかまぁ~読んでて結構楽しかったです。 日本語訳の本ですが、翻訳者が優秀なのか、イブラヒモビッチのキャラクターを活かしたような文(例:私と書かずに俺はとか俺様と表現)が結構イブラヒモビッチに親近感を覚えたような気がします。 他にも、人生論とかもあり、「あ~どこでも出る杭は打たれるだなぁ~」とか思ったりで、たまに覗かせる大人として…

続きを読む

本を読め!~その1~

目指せ!諸葛孔明! ちょっとこー急に本の販促をしたくなったので、ワイが今まで読んだ本をまとめてみようと思います。 内容については曖昧なものがあったりするかもしれませんが、まぁ~観ていってください。 まずは、マイケル・オーウェンという選手の自伝です。 知らないという人に向けて書けば… イングランドのフォワードで、ワンダーボーイと言われていた選手です。 早熟の天才という感じで、若い時(それこそ、20代前半の前半)こそバンバン活躍していたのですが、慢性的な怪我に悩まされ、キャリアと共に成績が悪くなったという感じです。 って、成績が悪いなんて書けば誤解を招きそうですが、別に常に一線には居たし、なんだかんだずっと有名クラブ(リヴァプール、レアルマドリード、マンチェスター・ユナイテッド)に移籍したり在籍していたので、すごい選手なんですが。 オーウェンはワイの最初のアイドルで、まぁ~足が速いとかそんな理由でアイドルでした。 ワイの最初のアイドルということもあり、自伝が出たとなれば読んでみようと思い、確か一番最初に買ったフットボール関係の本でした。 内容としては… まぁ~オーウェンさんは品が良く育ちの良い方なんだろうなぁ~というのが印象で、やっぱ~事あるごとに怪我について語っていたのが印象に残っています。 オーウェンの自伝はおすすめ出来るか?と言われれば、ワイはそうは思いません。 別に裏話とか暴露話とか「あの時はあーだった」みたいのもな…

続きを読む

ここ最近の出来事をまとめて

祝!日記不更新更新! かなりご無沙汰になりました。 ワイは今日からニートです。 3.4日は家庭の事(具体的には子供の為に時間を費やす、家族でちょっと外食したい)や私用(UQモバイル様から「いつまでその古い携帯とSIM使っとんねん。そのSIMの電波の周波数みたいのを終わらせるから、新しい携帯に変えろ!」とか布団をコインランドリーで洗濯したい)の対応を済ませたいのでそのような感じです。 昨日で青い宅配会社及びその所属会社を離れたわけですが、同じ所属会社の人間から特に最後に「お疲れ様」とかそういうねぎらいの言葉はありませんでした。 しかし、これまた摩訶不思議で、同じ区を回っていて、朝同じ場所で積み込みをしていた別の委託会社の人達からはねぎらいの言葉とかそういうのを貰いました。 おそらく、普通籍を外す時、同じ会社の人間から何かあると思うんですが、それがなく、別の会社の人間から何かあるってなんか違うような気もするんですけど…。 まぁ~良くも悪くも「ワイ」というのをよく観ていたのは、同じ所属会社の人間で会社的な枠が近い人ではなく、物理的な距離が近い人達だったということでしょう。 さてさて… ワイが籍を外していた事で、1コース空いたわけです。 一応、辞めるのも早めに言って、代わりの人間が来たわけです。 この代わりの人、30歳手前で元緑の宅配会社のイージークルー。 経験者です。 普通経験者って優遇されるんですが、緑の宅配会社の仕…

続きを読む