家の立地問題

ワイの住処は国道78号線のファミリーマートを右に入った辺り。 宅配は誰もが知っている通り、主に個人宅に荷物を届けます。日々、色々な家に行くわけですが、実際は色々な土地というか場所に行ってるとも思っていて、家というのは必ずしも平坦な道とかアクセスの良い所にあるとは限りません。なんでそんな所に住もうと思ったの?とかそこに家買って後悔していない?というような家とか住処いうのがあります。ということで、今日もワイなりにこの家の立地に関して思うところを書いてみます。 まず、海辺の家です。海辺の家っておしゃれ~だとイメージするのですが、ぶっちゃけ、潮風云々で家が・・・とそれとな~く思います。いや、今は技術の進歩が凄いから家の潮風とか潮対策はバッチリだよ。なんて話もあるのかもしれないですが、外野としては、「うーむ・・・。」という感じです。ワイの活動エリアの海辺に建売の家がズラーッとある町があるのですが、そこに行き、そこの住人を見る度に「ここの住人は老後もこの家が保つと思っているのだろうか・・・」なんて思います。 次がエゲツない所の家です。世の中には居るんですね。「え?こんな所に住んでるの?こんな坂の先に家があるの?」って所が。ワイの活動エリアで言えば、山の中腹とか7合目みたいな所に家があって、そこに住んでいる人がいるんです。当然、そこに行くという事は、結構凄い坂を車で登って行くわけですが、その度に思います。「よ~こんな所に住もうと思ったなぁ・・・」と。と、同時に「こんな所に荷物来るなよぉ~」とも…

続きを読む

事故が多い時間帯

事故が起き、保険が適用された後に最後はワイが心の傷を癒やす(要予約・別料金) 先日、現場先の従業員が安全運転講習みたいのに行ったらしく、その講習の話を雑談の中で聞きました。その会話の中で事故が多い時間帯というのがワイの心の琴線に触れたので、今日はちょっとそういう事を書いてみようと思います。 1日の中で事故が多い時間帯というのは2つあるようで、1つは朝の8時~10時で、もう1つは3時~5時だそうです。朝の早い時間は通勤ラッシュ時間帯で、必然的に車両が多く、なんだかんだ皆急いでいるというのが事故が多い・起きやすい時間帯なのかもしれません。しかし、朝の10時というのは通勤ラッシュ時間帯のそれに該当するとはワイはあまり思わないのですが、何故か10時まで事故が多いそうです。 何故10時まで事故が多いのだろうか?と考えた時、外回りの人々やワイみたいな配送の人々が動き始める時間で、これがひょっとしたら10時まで事故が多い時間帯になっている原因になっているのかもしれません。 物を動かす人々なら、朝というのは昼に比べて人や物の動きが多いと感じている人も多いのではないでしょうか?加えて、これはワイ独自の感覚なのかもしれませんが、宅配にしろ企業配にしろ、朝の時間というのは、凄い価値があると思います。 価値があるって「なんじゃそりゃ?」って思う人もいるかもしれませんが、なんというか、朝の1分というのは、昼の3分とか5分に相当するような価値があり、朝どれだけ配れるか・回れるか・落とせるかで、午…

続きを読む

とにかく今の仕事や会社が嫌で次何しようか決めてないけど辞めた・辞めたい人へ 2日目

QRコード決済に新サービス登場!その名もワイワイ!只今、配完伝票5枚で最大2枚配完伝票が付いて来るキャンペーン実施中! さて・・・とにかく今の仕事や会社が嫌で次何しようか決めてないけど辞めた・辞めたい人へ対して軽貨物や宅配以外に「これどーよ?」って思う仕事を書いてみます。 結論から言えば性産業(ゾクフーとかそういうの)です。こう書けば、メインは女性だけで、大体女性しかその道に進めないのですが、この業種を「これどーよ?」の選択肢として消さないのも必要かと思います。 性産業って偏見の目とか差別とかがあったり、後ろ指を刺されるような業種ですが、少し可哀相というか不平等だよなぁ・・・と常々思います。そして、社会的にも下にみられる仕事で、そういう意味では物を運ぶ人々と同じ境遇です。しかし、こっち(物を運ぶ仕事)は「ありがとう」を言われる事があっても、あっち(性産業)はそういう言葉さえもかけてもらえないような気もします。いや、実情を知らないからなんとも言えないですが、やることやって感謝されているのだろうか?と常々思います。むしろ、サービス以上のものを求められてトラブるなんていうニュースをみると、本当大変だよなぁ・・・と思いますし、宅配の不在とか再配達の問題が可愛いレベルだと思います。 性産業に従事している人達も売れっ子になれば、えげつない金額を毎月稼いでいます。ネットで求人見ればそれは分かりますし、求人の謳い文句もどこぞの運送仕事と同じような事を書いてますし。 まぁ~えげつない金…

続きを読む

民族大移動

昼の仕事でちょこちょこ行く納品先があります。そこはとある重工業の会社で、名前には有名企業の名前が入っています。今までは、そこまで物を収めることもなかったのですが、今年の年末年始を境に頻繁に訪問するようになりました。頻繁に訪問するようになったのは、それだけワイの今の現場が収めている物が必要になったからです。で、その納めているものは、ちょこちょこ書いていますが、人が身につける作業着とか靴です。ということは、それだけ人がそこに来たという意味です。 今までは、そこまでそこの重工業の会社に行くことも無かったのに、ここに来て頻繁に訪問する事をワイは不思議に思い、納品先の担当者にそれとなく頻繁に訪問する理由を聞いてみました。すると、どうやら他社からの出向?応援?が来ているらしく、それで服とか靴が必要になったとのこと。 では、どこから出向・応援が来ているか?と言えば、某大手自動車メーカーの工場の人達です。話を聞けば、どうやら自動車メーカーの工場側で余剰人員が出てきており、人員を遊ばせるわけにもいかないので、会社同士のお付き合いから、人を受けてれているようです。では、なぜ某大手自動車メーカーの人達の仕事がないのか?と言えば、電気自動車の躍進によって、ガソリンで走る車を作っている工場の人員が余っていると言った具合らしいです。 ではでは、何故重工業側の会社が人員を受けれているか?と言えば、東京オリンピックに関連する需要から労働力が欲しいらしく、受けれているとのこと。まさに世間の波とか情勢によって、民族…

続きを読む