土砂災害特別警戒区域・土砂災害警戒区域に家を買ったり住んだりするべきか?

地滑りより先にブログでスベり倒すワイ。 ワイの住んでいる地域の近くorワイの元宅配のエリアに土砂災害警戒区域みたいのがあります。この土砂災害警戒区域とは土砂災害発生の危険が潜む地域において、家などを新規に建てることを控えるように案内したり、今その区域に住んでいる人を引っ越すよう警告するみたいなものです。 一応世の中的には、土砂災害特別警戒区域と土砂災害警戒区域とあって個人的に調べた所、それらの違いは、前者のほうが簡単に言えばヤバくて、土砂災害が発生した時、家に損壊が生じて、なかおつ、人の生命に関わるような災害が発生すると認められている区域で、もうこの区域は新規に建屋を造る事を制限したりする区域で、後者は特別警戒区域ほど規制がないといったところです。 こういう警戒地域というのは、ワイの感覚で言えば山の麓だったりが多いです。何故山の麓に家を建てたの?なんてワイは考えるわけですが、それは歴史を紐解けば分かり、過去(約40.50年前)の人口増加だったりバブルだったりで産めよ増やせをしていた結果、土地が無くて、そこの建てざるを得なかったみたいな感じらしいです。 実際、その区域の家だったりは正直、そこの家に行くのも住むのも不便だったりします。まず、行くまでにエゲツない勾配の坂を車で行かなければならなかったりするのです。下手な遊園地のジェットコースターの急勾配よりドキドキハラハラします。 それはまだマシな方で、もっとエゲツない所は、どっかに車を停車させて、そこから人しか通れないよう…

続きを読む

車の買い替えで新車・中古車以外の選択肢

車はオイル関係さえしっかりしていれば長く走る! ワイのサンバーはかれこれ19万キロを過ぎました。10万キロでタイミングベルトを交換した後、調子が狂ったのかヒートランプがついたりしてたのですが、結果的にはどっかのホースに破れがあったせいで、空気が入り込み、上手い事空気が抜けず、エアーがかんでいて、それでヒートランプがついたとかなんとかでした。 ホースを取り替えた後、問題もなく走行していたのですが、16万キロを過ぎたくらいでオイル漏れが発生したり色々あったのですが、半年前くらいからエンジンオイルが異常に減るなんていう現象が相次いだわけです。 エンジンオイルが減る原因は分からないですが、ともかく、エンジンオイルが異常に減るというのはあまりよろしくない状況らしく、そろそろ経年劣化による寿命か~とか思っていて、車の乗り換えを考えていたわけです。 貧乏性のワイはまた20万くらいで適当に箱バンを探そうと思っていたのですが、この前エンジンオイル交換をいつもの整備工場に行った際に、 「良い中古エンジンが手に入ったんですけど、どうします?」 なんていう話が舞い込んできました。 色々聞けば、前の所有者が新車に乗り換えるとかで今乗っていたサンバーを手放すそうなのです。そして、その手放すサンバーとワイのサンバーとエンジンが適合するので、バラして載せ替えるってどうよ?って話でした。 このエンジンが中々に良い状態らしく、走行距離が9万キロでこの前タイミングベルトを変えたばかり。おまけに前…

続きを読む

炎上と胴元

このブログもいっそのこと今世紀最大の大炎上してくれないかと目論むワイ。 今日はちょっと5流委託業者としてではなく、48流ブロガーor名も無き情報発信者として思うところを書いてみようと思います。って、本当は先週から今週にかけてワイの相棒のサンバーのエンジン載替をしたことを書きたかったりするのですが、まぁ~それは追々という事で。 SNSの登場と躍進は誰もが知る所であり、もうこれは社会のインフラとまでは言いませんが、多くの人にとっての生活必需品みたいなものでしょう。 そんなSNSの登場や活用で多くの人が色々情報を発信でき、色々な交流が産まれ、生活が豊かになったのがSNSの陽の部分だと思います。ただ、何でも副産物みたいなものがあって、SNSの活用や登場で生まれた陰の部分は炎上でしょう。 この炎上というのが中々に人を惹きつけます。ワイも炎上というのがよう分かりませんが炎上で考えられるのが ①炎上した結果、自身の恥を世間様や身内に知られてコレ以上の延焼を防ぐために色々と身を引く ②炎上した結果、世間様になんだかんだ新しい価値観や考え方や問題を提起して色々と躍進する ③炎上した結果、見る人が増えて自分の得や収益となる ④炎上した結果、自分は対岸の火事を観て安堵して、自分は炎上した相手に比べてまともなんだとか安堵する という感じで炎上というツール?考え方?で様々なことが生まれていると思います。 ①に関しては、まぁ~炎上の基本的なオチみたいなもので…

続きを読む

配達運送とクレーム③

高級店のどんな最高級の肉よりもコンビニやスーパーで売っている100円のハンバーガーの肉の方が何も考えず食べれるので一番美味しい。 さて、ここまで運送や配達、宅配でのクレームをいくつか列挙してきました。復習になりますが、 ・時間で揉める ・愛想がない・対応が悪い ・荷物の扱いが雑 これらが配達や宅配でクレームの原因?というか根本みたいなものだと思います。いままでは時間で揉める事と対応でクレームになるみたいな事を書いてきまして、今回は最後の荷物の扱いが雑みたいな事であ~だこ~だあった話を書いてみようと思います。 荷物が扱いが雑なんて箇条書きしてしまいましたが、言ってしまえば、誤配とか荷物の紛失・破損事故等々です。運送中に箱に穴が空いたとか荷物無くしたとか誤配したとかでしょう。 運送中に箱に穴が空いたなんてのは、感覚的には1ヶ月に1回は起こっている気がします。それはワイの責任の時もあったり、荷主の責任であったり、他の運送会社の責任であったり、幹線輸送の時であったり、荷物の仕分けの時にあったりで様々です。特に10キロ以上の米なんかは、ワイの手元に来る時には、梱包の箱がもう重さに耐えきれなくて、ボロボロになっているなんてしょっちゅうあります。 この手の梱包の箱のトラブルは、ワイの感覚的には受取人は寛容な気がします。別にいいよ~って言ってくれる人のほうが多い気がしますが、うるさいのがその商品を売る人です。 例えば、売店とか商店などは物を届けてそこで使う事も…

続きを読む