生活リズムは世代でみんな一緒

ワイのリズムは独自のリズム感で人、特に中東アジアの人々を魅了してやまない ワイは言うまでもなく、企業間の輸送をする企業専属便の仕事と宅配の仕事をしています。最近の記事はもっぱら宅配の事が多いので、宅配のブログっぽい感じがありますが、宅配の方が何かと刺激とか色々な気付きがあるのでそーなってしまうわけです。そんな気付きが多い宅配でまた新たに気付いた事があるので、今日はその事を書いてみようと思います。 タイトルに有るとおりなのですが、宅配をしていると、人の生活リズムはみんな一緒だと常々思います。特に年齢・年代によってその傾向はほぼ一緒だと思います。 まずは60代とか70代などの高齢者ですが、基本的にはこの人達は、ほぼどの時間に行っても在宅しているのですが、唯一居ない時間があります。それが午前中の9時~11時30分くらいです。では、何故この時間に居ないかと言えば、皆さん通院しているっぽいのです。 ちょっと宅配に慣れ始めた事、老人達は朝行けば居ると思って行っても不在で、荷物を持ち戻る事が多かったのですが、11時30分を過ぎたあたりから、この年齢の人々の「不在票を見て連絡しているのですが」電話がポツポツ入ってきます。で、色々再配達の時間の都合をつけて、昼過ぎに行けば相手から「いや~病院に行っててね」なんて言われる事が多々あります。結局、老人達は平日でも休日でも医者の都合とかで病院に行けるというメリットがあるからそうなってしまうんですね。 そして、50代後半くらいであれば感覚的には…

続きを読む

アマゾンのような自社配送は増えるのか減るのかを考える

弊社、御社、ワイ社。 ワイの住んでいる地域にもアマゾンさんのプロバイダーが来て、ワイのエリアのアマゾンの荷物が減ったというのはすこーし前に書いたと思います。ドライバーさん達と話している中では、どうやらアマゾンの日にち指定なしと時間指定なしの荷物が業者さんに流れているのではないか?というので現場は一致しております。逆に言えば、日にち指定とか時間指定する荷物は変わらずワイと言うかワイの現場の宅配の運送会社が運ぶわけですが・・・。 アマゾンさんも全国的にどんどん自社配送に切り替えているわけですが、何もアマゾンだけの荷物を日々運んでいる訳ではありません。アマゾンを筆頭にメルカリだアスクルだZOZOTOWNだヨドバシカメラだなんだと名のしれた会社やECショップが宅配会社に荷物の運送を依頼しているわけです。となれば、アマゾン以外の荷物も自社配送に切り替える波が来るんじゃね?とかフッと思ったわけです。そこで今日はワイ目線でここは自社配送に切り替えるだろうとかここはこのまま運送会社に依頼するだろうというのを予想してみます。 まず、現場でアマゾンの荷物の次に多いのかメルカリです。このメルカリですが、これを届ける家もアマゾン同様の在宅率で中々に曲者のオーラを発しております。何回、不在票の送り主の所にメルカリと書いた事か・・・。アマゾンの次に多い荷物ということで、ここも自社配送に切り替えて欲しかったりするのですが、ワイの見立てとしてはこのまま運送会社にお願いし続けると思っています。 というのも、…

続きを読む

ワイの闇営業

闇営業の中に一筋の光を見いだすワイ。 少し前に闇営業だなんだと話題になっていたと思います。お笑い芸人さんが事務所通さずに仕事をしたとかその仕事に反社会的勢力が絡んでいたとかでワイワイガヤガヤしていたという感じなんだと思います。エエ金というか結構高額な報酬を貰っていたみたいで、ワイとしてはエエなぁ~と思いつつ、何となく思っていたのですが、ワイも実は今現在、闇営業みたいのをしていたりします。今日はそこら辺の事を書いてみようと思います。 ワイの場合、平日に2個仕事をしているというのはここを読んでいる人なら周知の事実だと思います。1個は昼間に企業配をして夕方から宅配という感じです。この2個の仕事ですが、当初はちゃんと昼の仕事をちゃんと終えてから、宅配の仕事に移るという感じでした。ですが、実は昼の仕事の届け先orエリアと宅配会社のある1つのコースのエリアというのは被ってたりします。これもまた、文で書いても伝える力が疎いワイですから、絵にして書いてみようと思います。 どうです?みなさん!この力作!中々に繊細さと大胆さ危うさと靭やかさを有している一枚ではないでしょうか!?!?!? って別にワイの絵を自慢したいわけではなく、ワイの昼の仕事で行くエリアと宅配会社が配っているエリアが被っているってだけの絵なのですが、こういう状況だったわけです。 こういう状況は宅配を始めた時からそうだったわけで、この水色のエリアでお互いすれ違ったりとか同じ届け先で会って、「今日はどーよ?」とか「ここも来る…

続きを読む

貴方のスッピンとかだらしない格好は気にしません

部屋の電気とか電気のメーターとかで在宅してるのは分かってまっせ。 1.2週間前に、何気なくTVをつけているとワイがすこーしばかり絡んでいる運送会社のCMが流れ始めました。今をときめく巨漢女装タレント兼コラムニストが出ているCMです。昔はなんのこっちゃないただのCMとして流して観ていたワイですが、今の立場上、何かと心の琴線に触れる事もあるので、それとな~く観ていました。 一応CMの内容としては、この巨漢女装タレントが化粧をしていない(すっぴんの)時に宅急便が来て、「なんで今来るのさ?見たか無いだろ?私のスッピン」とか言って、その後に、その宅配会社が提供しているサービス(ブラックキャットメンバーズ)の紹介というか案内が流れると行った具合です。まぁ~CMで1番伝えたい事は自分らが提供しているサービスを知ってもらって、それに加入して貰い、スムーズに荷物を受け取ってもらうとかでしょう。 今まであれば、気にも止めなかったCMですが、今回のこのCMは運んでいるワイからすれば、ちょっとばかり「おいおいおいおい」と思うことがありました。 それは、このCM捉え方によっては、居留守OKとかスッピンとか自分がオフっている時に宅急便が来たら、出なくても良いなんていう事を思うやつが増えやしねーか?ということです。あのCMは宅配会社のサービスのCMですが、そのCMのワンシーンでは見事に居留守されている訳です。運んでいる側としては。 この居留守というのが運んでいる側としては不在よりもたちが悪く、腹が…

続きを読む

宅配の世界から考える大学生という存在

なお、ワイという存在はいつもいぶかしい。 さて、少し前に"そういう輩"というワードを残してブログを終わりました。その時の"そういう輩"というのは、端的に言えば、働いた事がない人間が働いている人間に対して、相手の時間とか労力を何も考えずとか自分本位で相手を振り回すor双方力を合わせて1つの事を終わらす事をしない。という意味合いです。こういうどうしようもない人々を社会を知らないとか大人じゃないとか言えば分かりやすいのかもしれません。 企業配の世界では、いっちゃ~しまえば、会社と会社の付き合いの側面もあるので、そういう輩は少ないのですが、宅配の世界ではそうではありません。宅配の世界では、そういう輩がいっぱいで、そういう輩の代表格とされるのが大学生です。 宅配の世界では大学生ははっきり言って最悪の存在です。まず、一人暮らしが多く、学校だアルバイトだ彼氏彼女とイチャイチャとかでいつ家にいるのか不明らしく、ともかく捕まらないらしいのです。そんなのは20代の働き盛りの独身の男女もそうじゃないか!と思う方も居るでしょう。実際、そうなのですが、前者と後者には大きな違いがあります。それが余裕かつ平気でいけしゃあしゃあと時間指定をぶっちぎるとか連絡1つよこさないという事です。 宅配の人で学生街から移動してきた人が居るのですが、この人が言うにはまず、基本的に再配達の指定時間内に居ないとか普通で、中々にパンチが効いてる輩は再配達の時間指定を全部するそうです。具体的には、2時~4時、4時~6時、6時~…

続きを読む

宅配視点で考える花火大会とかお祭りとかの通行止め

通行止めの看板・バリケードを車と勇気と熱意と覚悟と危うさを持ってぶち破り、道を開通させ物を届けるワイ。 今時期は、花火大会とかお祭りが盛んに行われます。正直、10代20代の時はただそれを楽しめば良かったり、行かなくとも「あーそんなのがあるんだー」みたいな感じでその1日を過ごしていたのですが、今の立場となれば色々違います。どこもそうだと思うのですが、花火大会当日の朝からいつもより車両や人が多く、何故か進まない。そして、夕方頃には花火大会近辺は歩行者天国となり車両の通行止めが実施されます。 こういう交通事情は、今までであればワイにとっては無害だったのですが、24流宅配委託業者としては死活問題とまでは言いませんが、面倒くさかったりします。どういう事かと言えば、その通行止めが実施されているエリアに荷物が落ちやすい夜に行けなくなるからです。 実際、ワイの活動エリアも花火大会が開催され、その日の夕方からはワイの活動エリアに進入出来なくなるとか通行止めの処置がされるといった具合で、その日はともかく仕事がやりにくかった訳です。 で、こういう時、時間指定の荷物はどうするのか?と言えば、会社とか営業所公認で時間をぶっちぎっての早配になります。普段であれば、夕方とか夜間の時間指定の荷物は営業所に置いておいて、夕方から持ち出して届けるという感じなのですが、この日ばかりはその通行止めがされる地域一帯の全時間帯の荷物を朝持ち出して、朝にとにかく回るという形で、朝回って不在の場合は、「夕方よりこの地域一…

続きを読む

もっと見る