ワイエモン

ワイエモンとは30代前半の58流ブロガーである。趣味はアラビア語のスウェーデン語翻訳。好きな食べ物はラーメン。嫌いな食べ物はシェフの気まぐれサラダ。 えっーと、今から書く事は約1年前にホリエモンこと堀江貴文さんの講演会に行ったときの内容です。ちょっと、他のブログでその時の事を書いたのですが、色々と思うことだったり、もうおおっぴらに色々書いても良いだろうと思い、こちらに移植したという感じです。きっと心が広く、スーパー賢く、その優しさで人々を魅了してやまないあの御方なら、きっと許してくれるでしょうし、もし、やばかったらスグごめんなさいをします。 ということで、この記事読んだことがあるよっ!て方は、復習という意味でも、もう1回読んで貰えたらこれ幸いです。それでは再放送の開始です。 さて、何故こんなタイトルにしたかと言えば、○○エモンと言って皆さん思いつくのが堀江貴文さんこと、ホリエモンだと思います。実は、堀江貴文さんの講演会なるものに去日行ってきたわけです。 その講演会で話されたことですが、ザクッと言えば「これからの生き方の話しをしよう」というのが主題で、それを軸に色々堀江貴文さんの考えを自身が話、下々の者の代表格であるようなワイが聞いたわけです。 そこではまずは、キャッシュレス化の話から始まりました。LINE Payに代表されるようなコード決済の話から始まり、ともかく便利でこれが早く普及して欲しいとの事。 それに対してワイもそ~思いますし、特に運送仕事で現金…

続きを読む

amazonなどの荷物の置き配は盗難に合うのか?

アマゾンからスポンサー料を頂き、アマゾンの宣伝をし、一儲けも二儲けもする34歳の48流ブロガーのワイ。という夢を2歳の時にみたワイ。 1個前の大庭くんの話にはまだ続きがあります。1つ前はアマゾンと運ぶ側の事をメインに大庭くんに話した事を書き記しました。これは運ぶ側とかその業界に片足でも突っ込んでいれば、知っている事を話したわけです。しかし、荷物は運ぶ側だけの問題を伝え、状況を説明しただけでオールOKという訳には行きません。受け取る側の問題もまたしかりみたいな事もあり、今日はそこらへんの事を書こうと思います。 大庭くんにはアマゾンと運送会社の関係を話し、(基本的に運送会社的にはアマゾンを良い感じではないという事)、多分アマゾンに関しては今後も運んでくる業者なり運送会社はころころ変わるだろうなみたいな事も話しました。 結局、受人はそこの荷主(この場合はアマゾン)の運送会社の選択を今現在出来ないのだから、どこの誰が物を運んでこようが、自分が受け取れる体制を作った方が良い。みたいな事も伝えました。当然、大庭君はそれって具体的には何よ?とか聞いて来たので、ともかく初期費用を抑えて、スグに問題を解決するという考えの中で、ワイ、イチオシの置き配の話をしたわけです。 彼は置き配というのを全く知りませんでした。正直、ワイとしてはビックリです。というのも、話を聞くに、週に1回はアマゾンで物を買うような奴=(このレベルであれば、ワイの中ではアマゾン男という認識が生まれる)が置き配を知らないなんて…

続きを読む

仕事ができない人の特徴

ワイは仕事が出来る人はもっと嫌いです。 仕事ができない人の特徴なんて書けば、「おい!ワイよ!いつからお前はそんなに偉くなったのだ!?」なんて思う方も居るでしょう。実際、ワイは偉いんです。神もワイを崇める程の高貴な存在なんです。ついこの間も、初詣のお願いごとが多すぎるとかなんとかで色んな宗教の神々から「ちょっと山形県の神社と寺だけで良いから、お願い事聞いててくれない?」なんてお願いされるくらいの人なんです。神様から業務委託されるくらいの人なんです。 ・・・初っ端から脱線しましたが、配送仕事における仕事が出来ない人の特徴みたいのを挙げていこうと思います。人の振り見て我が振り直せ。という事で、今から挙げる事をやっているとか心当たりがあるとかこれからそーゆー仕事をする人はそれとな~くみていって下さい。 まずは、届け先が分からなくて知っているドライバーに電話してくるやつです。現場を変わる時とかその他諸々の事情で引き継ぎとか横乗りとかあるんです。大体、2.3日そういう事して、その後は「後はよろしく~♪」って感じで引き継いだりするんですが、その後に電話してくるやつとか存在するのです。 相手「どこどこに行きたくて今、その近辺に居るはずなんだけど、わかんなくて・・・。」 ワイ「今近くに何が見える?」 相手「〇〇って会社がある」 ワイ「じゃ~その道まっすぐ行って付き合った所にある」 相手「分かった」 ~5分後~ 相手「スマン。分からん」 ワイ「今どこ?何が近くに見える」 相手「…

続きを読む

ベスト・オブYの軽貨物独立日記オブ・ザ・イヤー2019(下半期)

ダーマ神殿にて勇者から遊び人へと転職するワイ。 それでは、早速、ベスト・オブYの軽貨物独立日記オブ・ザ・イヤー2019(下半期)をやっていこうと思います。 7月ですが、トクホのお茶で痩せるとか考える前に と約款通りにすれば持ち戻り個数が減るんじゃね?じゃないでしょうか? トクホのお茶の記事はこれぞ宅配の仕事のあるあるを書いた記事で、宅配に関わっている人であれば、こーゆー経験はほとんどの人がしているのではないでしょうか? 別に当たり前っちゃ~当たり前の事を今から書きますが、ネット通販で便利になったのは何でも買いに行かなくて良くなった事ではなく、自分が動く手間とか自分が体力を費やす事が無くなったというのが一番のメリットや利点で、こういう節約こそが一番の利点やメリットと言えるでしょう。逆に今の世で自分で重量物や大きいものを買っている・運んでいる人を見る機会がたまにあるのですが、こーゆー人を見る度に「ネットで買えば良いのに・・・」なんて思って少しこー切ない気持ちになります。 もう1つは宅急便約款を調べていた時に思った事を書いた記事ですが、隣人預けや管理人預けが出来ればかなーり仕事の効率化が出来そうじゃね?って思うわけですが・・・。実際は隣人預けはやっちゃいけない空気ですし、管理人預けもそのマンションの住人の空気に依るという感じなわけで、運送会社は思い切って?こういうアナウンスしてほしいとは思いますし、こういうのこそすべき事なのでは?なんて思います。 ちなみにですが、現…

続きを読む

ベスト・オブYの軽貨物独立日記オブ・ザ・イヤー2019(上半期)

インフルエンザの一番の予防は手から腕(肘辺り)までしっかり洗うこと!(出典:ツチノコでもわかる健康に一年を過ごす為の20のコト) 年の暮れという事で、今年もやっちゃいます。ベスト・オブYの軽貨物独立日記オブ・ザ・イヤー2019!去年から始めたこの企画で、好評なのか定かではありませんが、この1年を振り返ろうという事でやっちゃいます。今回は上半期・下半期という豪華2本立てです!ちなみに、ノミネートされる記事はアクセスが未だにちょこちょこあるとかワイ的に再度伝えたい事とかそーゆーのが基準です。 まずは1月からですが、ワイの防寒対策と570650円です。 何度も書いている気がしますが、本当おたふく手袋の冬用のインナーが素晴らしい!この記事を書いている今も着ているわけですが、冬はもうこれ無しでは考えられない!って感じです。もし、冬用の温かいインナーを探している・悩んでいる人がいれば、是非おたふく手袋のボディータフネスを騙されたと思って買ってほしいです。 そして、もう1つは2018年の12月でどれくらい稼いだのか?というのをまとめた記事です。金額を堂々と記載するという多方面からヒンシュクや軽蔑、哀れみなどが飛んできそうな感じですが、やっぱりなんつーか、みなさんお金の事が気になる様で、未だに読まれている様です。世にいう背に腹は代えられないというやつでしょう。 次が2月ですが、宅配ボックスのトラブルはエゲツないという話と客を教育する・育てるです。 宅配ボックスのトラブルを書いた…

続きを読む

何故誰でも出来ると適正は違うって話を書こうと思ったのか書いてみる

銅山町11-21 清田 新太 家族構成:旦那=清田 新太(現場系の仕事)嫁(住宅メーカーの事務)息子(ニート) 備考:ニートの息子は常に在宅しているが、出てこない。荷物は旦那が毎日の様にアマゾンを頼むが、7時前後にしか旦那と嫁が帰ってこない。 1つ前に誰でも出来ると適正は違うって思ったという事を書いてみました。まぁ~こんなのは、普通に働いて普通の感受性がある人ならば、知っている事ですが、何故に今になってこんな事を書こうかと思ったのかを書いてみます。 物流の世界は人手不足というのを2億7509回くらい書いています。となれば、老若男女問わず人が必要な訳で、当然女性もいるわけです。別に"物を運ぶ"というのは小学生でも出来る事なので、女性とか性別問わず出来る事です。ただ、"荷量や荷姿や物量"に対応するというのは、再三書いてきますが、また別の話です。 このジェンダーフリーのご時世にこんな事を書けば、どっかから"とってもお節介大好きな人々"がやってきそうですが、正直、結局最後に女を出す人は要らないです。 昼の企業専属便の現場には、その現場先で雇用されている女性のパートのドライバーが居ます。いわゆる、そこの会社の従業員というやつで、年齢も30後半くらいだと思います。別に五体満足です。 この人、正直すぐ鳴く(鳴くとは、ワイ周辺で良く使われる用語で自分のキャパ以上に荷量や荷姿が飛んでくると、すぐに人に泣きついて助ける行為)人で、結構そこの会社内でも要らない人的な雰囲気が漂っています。 …

続きを読む

もっと見る