誰でも出来ると適正は違うって話

このストレスフル社会において、闇社会で密かに流通し始めている新種の"オクスリ"、通称・ワイ。その効果は基本的には強い眠気に襲われるが、別に寝れるわけでもないので、使用者によっては眠たいのに寝れないという生き地獄を感じることが出来る。しかし、その生き地獄具合が癖になる模様。(末端価格1g6000円) 一応、ワイは業界視察の一環として定期的に運送・物流関係の求人を見ます。求人にはフリーター歓迎とか未経験者歓迎とか年齢性別不問とかそんな感じの事が書かれており、言ってしまえば、誰でもウエルカムな訳です。正直、内側に居る人間としては、人手不足とか不人気業種なのは重々承知しているし、猫の手も借りたいくらい忙しい時期とかは、誰でもいいのでそこに居てほしかったりするわけです。 運送仕事って正直、誰でも出来ると思います。日常生活に支障をきたさない程度に日本語が読めて、ゼンリンの住宅地図とかカーナビとかスマホの地図アプリを使って目的を調べて、車を運転する資格と技能を持ちそこにさえ行けば出来る仕事です。 医者みたいにこの臓器はこんなんで・・・とかこの神経はこんな働きがあって・・・とかこの機械はこんな風に使って・・・みたいに専門的な何かをさほど必要とししないと思いますし、スポーツ選手みたいに才能が物を言うなんていう世界でもないでしょう。そんな風に考えれば、この日本に住んでいる人であれば、誰でも出来るでしょう。 この上記の認識は日本人のほとんどが有していると思いますし、だからこそ誰でも出来る仕事と思…

続きを読む

今年の繁忙期のおハナシ

アメリカのブロードウェイの劇場にてフィンランド式のセットでケニア人と共にイラクで石油を掘り当てた劇を入場料オーストラリアドルでベネズエラ人相手に歌舞伎メイクで劇をするワイ。 今年の(宅配)繁忙期の話をしようと思います。今年のワイ周辺の繁忙期はかなーり異例の事態となっております。ニュースにもなっていますが、ワイの宅配の現場の大元は大赤字らしく、それはワイの地域の所も例外ではありません。それらの結果を踏まえた上で、今年の繁忙期はどのような対応がされたと言うと・・・ ①稼働する正規のドライバーを増やす ②ムダに委託集めない ③委託へ流す数を制限する ④ムダに短期アルバイトも集めない と言ったような事が起こっております。一個一個詳細を書いていけば・・・ ①に関しては、普段や通常期は6コース6稼働で回し、例年の繁忙期は1コース増やして7コース7稼働・・・という感じで繁忙期対策をしていたのですが、今回は8コース8稼働という今までに無いような対応をしております。当然、このコースに関しては、そこの従業員さんで行うので、まぁ~休みも変則的で休みの数も少ないでしょう。普段は「労働時間を伸ばすな・仕事終わったらはよ帰れ~」みたいなノリなのですが、今回ばかりは「労働時間とか仕事の負担軽減なんか知るか!数字(売上)がヤバいんじゃ!お前ら必死こいて稼いで来い!」みたいな事になっております。 ちなみに・・・マジで数字が欲しいのか一般的な会社で言う所の次長みたいな人も物を運ぶみたいな事になって…

続きを読む

ワイ周辺物流業界事情

まさかの朝イチブログ更新に驚く読者とワイ。 さて、ワイ近辺の物流事情が騒がしかったり、世の中の報道?というかニュースで「それ違うんじゃない?」みたいのがあったので、今日はそこら辺の事を書いてみようと思います。 ワイの地域では赤い宅配会社さんがアマゾンを切っております。=(他の地域は知りません。他の地域ではまだ赤い宅配会社さんがアマゾンを運んでいるかもしれません。)何でも、赤い宅配会社さんとアマゾンの荷物の単価で折り合わず、結果的に今は運んでいないとか・・・。この動きによって、赤い所の雇用の中にいる人は負担軽減となり仕事的には楽になったのかもしれませんが、困るのがそこの委託の人々です。 赤い所は繁忙期以外は基本的に数が少なく、そこに追い打ちをかけるようにアマゾンが無くなったわけですから、今で持ち出しが多くて70とか言っておりました。正直、少なくて張り合いが無いとかテンションが上がらないとか言っており、「それ、一理あるわな」とか思いつつ、情報集をしておりました。 ただ、繁忙期(12月とか)になれば、再度アマゾンと契約するらしいので、物量や荷量は復活するのでしょう。正直、今アマゾンを運んでいおいて、お歳暮等のデパート便が増える繁忙期にアマゾンを切った方が現場的にも良いような気もするのですが・・・。まぁ~ワイの関与する所ではないので、まぁ~そんな風になってますし、なりますよ。って話です。 では、元々赤い所が運んでいたアマゾンはどこに流れているか?と言えば、緑の宅配…

続きを読む

再配達は非効率?

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、もしくは、あなたとワイの秋。 時事ネタから始めるようなブログの書き方は最近は控えていたのですが、台風19号がかなりセンセーショナルで衝撃が凄いですね。東京や首都圏の川が氾濫しただの、床上・床下浸水だの、北関東や北陸・東北の川が氾濫しただので、ニュースはそればっかりです。電車や飛行機なども運休に次ぐ運休であっち側の人達は、動くのが正解なのか動かないのが正解なのかよーわからん感じですね。 台風で色々と動かないという事は、物流も止まるわけで、金曜の時点で台風に縁遠いワイの地域の各運送会社も色々とアナウンスと対策がされておりました。昼の現場では、集荷にくる運送会社は、「集荷に来て集荷するけど、発送しないよ。」なんて言って、ターミナルで荷物が寝るような事を言ってましたし、宅配の方も荷物が持ち込まれると客にどこに送る荷物かを聞いた後、関東近辺だと「台風うんちゃらかんちゃらで、いつ届けられるか確約できませんが、良いですか?」みたいな事を言ってました。で、この宅配の荷物もセンターなりベースで寝るという感じでしょう。 ワイは委託という立場上、荷物がそこそこにあった方が良いのですが、台風被害が落ち着くまでは物量は平均より下回るでしょう。つーか、今週は全体的に少なかったし・・・。ワイは委託でありながらも心のどっかに「荷物は少なければ少ないほうが良い」みたいな気持ちもあるので、この台風前後に物量が落ちるのは良いのですが、問題はその後です。言わずもがな、物流が回復したら、…

続きを読む

短期間にちょろっとお金が欲しい方へ

南米の下あたりにある、新興国ワイ。人口3500万人。共通言語はスペイン語。通貨の単位はワイ。主な産業は物流。その物流規模・経済は日米英独印の5国の合算の規模と同等である。 今、宅配の方は冬の繁忙期に向けてあーだこーだしております。具体的には、冬の繁忙期に有償運送許可書でナンバーの色を問わずに、ヒトとクルマを揃えて荷物を運んで貰う…という具合です。 という事は、今からリクルートが始まるわけですが、もし、このブログを見ている軽貨物運送事業者ではない方で、ちょっと12月にお小遣い稼ぎがしたいとかこの仕事に興味があるとか暇つぶしに荷物運んでみようとか短期間のバイト・副業をしようとか思う方が居れば、赤い所とか緑の所とか青い所の宅配のユニフォームを着ている人とかに声掛けてみてはどうでしょう? 「冬の繁忙期だけで宅配したいんですけど。なんか、有償運送許可書で自家用で運べると聞いたんですけど」なんて言えば、良かれ悪かれ話が進むと思います。あ、無論、クルマがある人が前提ですけどね。 とまぁ〜、今日はこんな感じで終わります!実は、48流ブロガーとしてのワイの相方である、デルのペーセーのHDDがポポポーンしてしまい、デルがどっか行ってましてね。今回は、PCがなくて、スマホからの投稿なわけです。 1週間は離乳食並に味の薄いお話が続くと思います。 それでは!

続きを読む

結局、毎月いくら売り上げているの?と思った方への記事

ワイの記事は軽減税率適用の商品です。 ブログ記事のアクセス解析をしていると、皆さんお金の話が大好きっぽい的な傾向にあるようです。お金は嘘を付きませんし、その人を評価するのに間違いない数字ですし、お金って本来そういうものだと思うので、未だにアクセスがあるのでしょう。そんなこんなを考えていると、「ワイって、最近毎月いくら売り上げているのか?」みたいのを書いていなかったので、今日はそういう事を書いてみようと思います。 まず、メインの収入となるのが平日昼の企業専属便の売上です。これは完全土日祝休みで、月にも因るのですが大体平均27万です。(月30日で9日日休みで21日稼働するとして)これは日給制なので、仕事の出来に応じて金額が左右される事はありません。 そして、日曜の夜にちょろっとしている飲食店の宅配の仕事があり、これが月に4日で大体平均2万6000円です。これも日給制なので、仕事の出来に応じてなんちゃらかんちゃらみたいのはありません。 上記2つは出れば、金になるという形なので安定して収入が得られる仕事です。 最後に950000回くらい書いていることですが、平日の夕方からガチガチの宅配の仕事をしています。これは出来高制なので、日によって売上が変わってきます。大体夕方の5時から配り始めて、9時前に配達が終わります。実際に車を稼働させるのは3時間とか4時間です。配完個数が少ない時で1日で5500円で、多い時で最高10500円とかあります。一応一日の売上を平均すれば、7500円が平…

続きを読む

宅配1年総括

今日も特に実のある記事を書ける雰囲気がないのですが、ブログの更新が滞っていたので、かるーく今のワイの思うことを書いてみます。 去年の10月から始めた宅配の業務委託。最初は良くも悪くも3ヶ月という気持ちで始めました。というのも、今の宅配の会社が委託とは3ヶ月周期でしか委託契約とか更新をしないので。始めた1週間は、すっごく大変でした。世の中にこんな仕事があるのか?と思ったぐらいです。「○○町12-10?どこそれ?」「〇〇3-2▲▲マンション905号室?どこそれ?」こんなんのオンパレードでした。1時間の配完個数も8個とかだったと思います。しかし、決して嫌とか辞める・辞めようとは思いませんでした。 それは、自分がやった分しかお金にならない、逆に言えば、自分が頑張ればがんばった分だけ自分の売上となるという出来高制が凄いモチベーションになったからです。きついながらも、自分の力だけが物を言う、サラリー制とは違う、真逆の働き方とか稼ぎ方に魅力を感じていたのかもしれません。あとは、副業的なポジションで宅配をしているというワイの認識も良かったのかもしれません。 そして、2週間後にはなんとか1時間で10個落とせるようになり、8個から10個になったこの2個の差みたいのは、自分の力量が上がった事の証明でもあるので、嬉しかったのは覚えています。 そんなこんなを繰り返しつつ、2ヶ月を迎えた12月・・・。初めての繁忙期が来ました。正直、どうなるのだろうか?という気持ちとなんとかなるだろう!という気持ちとま…

続きを読む

周りが良い町と周りが悪い町

貴方が住む町。丑三つ時にどこからともなく現れる、全知全能の神・ワイは週4で深夜徘徊をしている。 今まで9175回くらい書いていることですが、宅配の仕事は一人のドライバーがいくつもの町を受け持って、その町の複合体がコースと言われてたりします。例えば、A町、B町、C町、D町、E町、F町を受け持って、それらのコースの名称をC町コースなんて言われるわけです。ワイもまぁ~3町くらいを基本的には回っているわけですが、いわゆる、周りが良い町と周りの悪い町みたいのがあったりします。今日はこの周りとは何なのか?みたいのを書いてみようと思います。 そもそもの話なのですが、この周りとは何か?と言えば、ルートの組みやすさとか無駄のない道順で回れるか?みたいな感じです。つまり、一筆書きで回れる町とか碁盤の目上の町は周りの良い町と言われますし、一筆書きで回れない町とか一方通行あったり、道が複雑な町を周りが悪い街なんて言ったりします。 配完率はともかく、ルートが組みやすかったり町や番地を覚えやすいのは当然周りの良い町です。つまり、宅配を初めてする人にとっては周りの良い町の方がストレスがないと思います。慣れて一筆書きで回れると言うことは有無も言わさず、効率的に回る事が出来るし、碁盤の目上の町も同様です。こういう町はともかく回り始めたら、早いというのが特徴だと思います。 とまぁ~ここであ~だこ~だ言うてもあれなんである町の地図を引っ張り出します。 この町の場合、入り口は1番地にしかなく、おまけに碁盤の…

続きを読む

家の立地問題

ワイの住処は国道78号線のファミリーマートを右に入った辺り。 宅配は誰もが知っている通り、主に個人宅に荷物を届けます。日々、色々な家に行くわけですが、実際は色々な土地というか場所に行ってるとも思っていて、家というのは必ずしも平坦な道とかアクセスの良い所にあるとは限りません。なんでそんな所に住もうと思ったの?とかそこに家買って後悔していない?というような家とか住処いうのがあります。ということで、今日もワイなりにこの家の立地に関して思うところを書いてみます。 まず、海辺の家です。海辺の家っておしゃれ~だとイメージするのですが、ぶっちゃけ、潮風云々で家が・・・とそれとな~く思います。いや、今は技術の進歩が凄いから家の潮風とか潮対策はバッチリだよ。なんて話もあるのかもしれないですが、外野としては、「うーむ・・・。」という感じです。ワイの活動エリアの海辺に建売の家がズラーッとある町があるのですが、そこに行き、そこの住人を見る度に「ここの住人は老後もこの家が保つと思っているのだろうか・・・」なんて思います。 次がエゲツない所の家です。世の中には居るんですね。「え?こんな所に住んでるの?こんな坂の先に家があるの?」って所が。ワイの活動エリアで言えば、山の中腹とか7合目みたいな所に家があって、そこに住んでいる人がいるんです。当然、そこに行くという事は、結構凄い坂を車で登って行くわけですが、その度に思います。「よ~こんな所に住もうと思ったなぁ・・・」と。と、同時に「こんな所に荷物来るなよぉ~」とも…

続きを読む

生活リズムは世代でみんな一緒

ワイのリズムは独自のリズム感で人、特に中東アジアの人々を魅了してやまない ワイは言うまでもなく、企業間の輸送をする企業専属便の仕事と宅配の仕事をしています。最近の記事はもっぱら宅配の事が多いので、宅配のブログっぽい感じがありますが、宅配の方が何かと刺激とか色々な気付きがあるのでそーなってしまうわけです。そんな気付きが多い宅配でまた新たに気付いた事があるので、今日はその事を書いてみようと思います。 タイトルに有るとおりなのですが、宅配をしていると、人の生活リズムはみんな一緒だと常々思います。特に年齢・年代によってその傾向はほぼ一緒だと思います。 まずは60代とか70代などの高齢者ですが、基本的にはこの人達は、ほぼどの時間に行っても在宅しているのですが、唯一居ない時間があります。それが午前中の9時~11時30分くらいです。では、何故この時間に居ないかと言えば、皆さん通院しているっぽいのです。 ちょっと宅配に慣れ始めた事、老人達は朝行けば居ると思って行っても不在で、荷物を持ち戻る事が多かったのですが、11時30分を過ぎたあたりから、この年齢の人々の「不在票を見て連絡しているのですが」電話がポツポツ入ってきます。で、色々再配達の時間の都合をつけて、昼過ぎに行けば相手から「いや~病院に行っててね」なんて言われる事が多々あります。結局、老人達は平日でも休日でも医者の都合とかで病院に行けるというメリットがあるからそうなってしまうんですね。 そして、50代後半くらいであれば感覚的には…

続きを読む

現実は小説よりも奇なり(宅配編)

ワイは広き宇宙空間よりも奇なり。 今日は世に物申すとか社会に憤るとかこんな事どーよ?なんて感じではなく、ワイの遠い所で、こんな事が起こったよ~みたいな話を書いてみようと思います。特にオチもないです!!オチはない!!!オチはないですよ!!! 時期A 8月のお盆時期 ①繁忙期対策の臨時委託との契約が終了した8月のお盆時期に荷物が吹いて、急遽、契約が終了した臨時委託を呼び出して加勢をしてもらった ②委託契約が終了しているが故に、委託は運んでも金にならないので、ドライバーAが自腹で委託に金払って、荷物を運んでもらった ③その委託は別の仕事で何年もポスト投函の仕事をしており、その時にとある家では荷物を置いて良い(置き配)許可を貰っていた ④ちょうどその時に、上記のとある家の荷物が来て、委託は置き配をし、自分でサインをした ⑤急遽配達した委託は、委託専用の端末がないので、配完伝票をその自腹を切ったドライバーAに渡して、データ上は荷物の取り扱いはドライバーAとして履歴に残った 時期B 9月の初旬 ①上記のとある家の受取人から荷物が来てないとの問い合わせが(多分、お客様センターに)あり、その荷物の取り扱いは実際は委託が運んだものの、履歴というか形式上、ドライバーAの履歴として残っているので、事の経緯を詳しく聞くため、ドライバーAに白羽の矢が立った。 ②どっかに保存されていたであろう配達票には受取人のフルネームのサインがあったため、詳しく事情を聞くため、実際は運んでいないドライバ…

続きを読む

どうやって宅配の地理を覚えたのか?

なお、ワイは学生時代から歴史とか地理等のいわゆる社会という学問は得意。 代わり映えしない日常を過ごしているワイですが、ワイが入り浸っている宅配の営業所に新人さんが入ってきました。便宜上、書き記せば、その宅配の会社に入社したのはアルバイトの雇用形態の人です。今は仕事に慣れてもらうとか人に慣れてもらうとかいう段階なので、横乗りだ座学だ研修だで日々を過ごしております。(ちなみに、宅配を始めた時に居たワイとタメだったアルバイト君はとっくに辞めてます。それも去年の冬の繁忙期前に。よー分かりませんが、実際働いたのが2.3ヶ月とかそんなんだと思います。) そんなニューフェイスさんとコミュニケーションがてら話していたら、あることを聞かれました。その質問は "確かに初めて宅配するとか物を運ぶ仕事をする人にとっては、それはシンプルに気になる事だよなぁ~"と再認識したので、今日はそれについて記事を書いてみようと思います。 で、そのニューフェイスさんに聞かれた質問はタイトルにもあるのですが、「どうやって家とか地理を覚えたのか?」という内容でした。ワイも今となっては何故覚えているのか分かりませんが、改めて自分で考えてみると、今の段階で言えるのは、結局は何回もそこに行っているから自然と地理を覚えているだけなんだと思います。 ワイの場合、どこかの会社に所属しているわけでもなく、宅配の会社と直で契約している一匹狼委託だったので、初めに地理や家を教えてくれる人とかはいませんでした。(無論、その…

続きを読む